梅雨が明けて台風シーズンになると、

体調を崩す方も増えてきます。

最近では子供でも頭痛に悩まされているというご家庭もあるそうです。

今回は、台風で頭が痛くなったり頭が重くなったりする原因や対処法を調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

台風で頭痛い&頭が重い?

台風シーズンは体調不良になるという声が年々増えています。

私も成人した頃から頭が痛くなったり、

頭が重い感覚に悩まされています。

・最近頭痛ひどいなぁ思ってたけど、やっぱりみんなも偏頭痛きてるんかぁ台風かな?

・台風で頭痛いから起き上がれない

・なんか頭が重いと思ったら台風来てるんだったな

・台風接近の低気圧で頭が重い

・頭重いと思ったらやっぱり台風!絶対関係あるよね

多くの人が台風での頭痛に悩まされているようです。

タイミングは、台風が近づくと発症する方もいれば

天気予報に台風情報が出る前に発症する方もいます。

症状やタイミングには個人差があるみたいです。

以前は、

「台風と頭痛などの体調不良には科学的根拠がない」

とされていましたが、近年では因果関係が認められつつあります。

今でもお医者さんによっては、

「”台風が来るから頭痛い”という思い込みが頭痛を引き起こす」

なんて言う方もいます。

天気との直接の因果関係を否定する声もありますが、

ここでは「因果関係がある」として原因などを見ていきたいと思います。

原因は天気痛!

台風が近づくと、頭が痛くなったり頭が重くなったりする症状の原因を調べてみたいと思います。

この症状は台風だけでなく、低気圧が近づいたりする時期に見られるようです。

梅雨や雨が降る時にも同じ症状が出る人が多いですね。

この症状は2012年頃に「天気痛」との名前がつけられました。

「天気痛」を抱えている人数は日本で推定1000万人とも言われています!

およそ10人にひとりの割合です。

天気痛の症状は頭痛だけではありません。

めまいや気分障害など、その人がもともと持っていた慢性の痛みの症状が、

台風や雨などの天気の変化によって表れてしまう状態のことを指します。

例えば、

・雨が降ると関節が痛い

・梅雨や雨になると古傷が痛む

・低気圧が近づくと吐き気やめまいがする

・雨の日はモヤモヤしてやる気が出ない

・気温差でうつの症状が悪化する

といった症状も天気痛のうちの一つです。

先ほどもあげた通り、個人差も大きく症状にばらつきがあるのも特徴です。

日常生活が困難なほどの症状から、

自覚症状はなんとなくあるけれど自分では天気痛だと気づいてない方もいます。

専門の医師によると、患者は8〜9割が女性なんだとか。

1年間で台風が一回も来ない、雨が降らない、

なんてことはありませんから、うまく付き合っていかないといけませんね。

スポンサードリンク

天気痛が起こる条件は?

天気痛が起こる条件や症状には個人差があるといいますが、

影響が出やすい気象条件にはどんなものがあるのでしょうか?

「天気痛の三大気象要素」は、

「気温」「気圧」「湿度」の3つと言われています。

この3つに変化があることで症状が出る方が多いようです。

この中でももっとも注目されているのは「気圧」です。

台風などの低気圧とは、空気の圧力が探すことを指します。

つまり、私たちの体を圧迫する空気の力が弱まり、体は外に膨らもうとします。

分かりやすく言うと、山の上や飛行機の中でお菓子の袋がパンパンに膨らんだりする状態ですね。

ポテチ,写真

私たちの体も見た目では分かりませんが、血管や細胞が膨張するのです。

これにより神経を圧迫して痛みが出たり、体がむくむことが考えられます。

また、血管が膨張すると、血液を全身に送る血圧が弱まるために

普段より血液が行き渡らずに脳が酸欠状態となってしまう可能性があります。

要するに、山の上や飛行機に乗っている時に近い状態が作り出されているんですね。

気圧の変化を敏感に完治するのは内耳です。

内耳とは、耳の奥にある三半規管など体のバランスを保つ器官が集まるパーツです。

個人差は大きいですが、低気圧が近づいて古傷が痛んだりするのは

内耳が気圧の変化を感じ取っているからだそうです。

これからの時期によく起こる”ゲリラ豪雨”も気圧が一度下がってから、

一気に上がるという特徴があります。

この変化を内耳が感じ取る人は、具合が悪くなったりするんですね。

やはり、症状が出る条件は「気圧の変化」が一番多いようです。

頭痛は子供にも?

台風が近づくと、頭が痛くなったり頭が重くなったりする症状は、

天気痛というものだと分かりました。

これは、大人だけでなく子供にも見られるそうです。

割合としては大人の発症の方が多いイメージがありましたが、

実は子供の方が台風の影響を受けやすいそうです。

子供の体は成長段階で、自律神経が非常に乱れやすい状態です。

そのため台風や低気圧の影響をモロに受けてしまうんだとか。

子供は自分では「台風が近いから」なんて気付きません。

うまく症状を説明することもできないですし、

親も普通の風邪と勘違いしてしまったり

台風との関連性を考えないことも多いですね。

また、この天気痛の頭痛の特性としては

その日のうちに痛みが引くこともあるそうです。

すぐに治るということで、

「怠けているんじゃないか」「仮病じゃないか」と

ついつい嘘だと思い込む親も少なくありません。

しかしながら、子供は本気で悩んでいることがほとんどです。

大人以上に子供の方が影響を受けていますから

辛そうな場合はしっかり対処をしてあげてほしいですね。

スポンサードリンク

対処法は?

天気痛の原因がわかったところで、

気になる対処法を調べてみました。

現在、具体的に「天気痛を治せる」という方法は見つかっていません。

いくつか症状を軽減する可能性のある対処法を紹介させていただきますので、

症状に合わせて活用してみてください^^

【頭痛薬や酔い止めや抗めまい薬を飲む】

あまり薬に頼りたくないですが、どうしようもないときは鎮痛剤を服用しましょう。

最近では子供でも飲める頭痛薬も販売されています。

【こめかみを冷やす】

血管の膨張への対処で、

物理的に直接冷やすことで血管を収縮させる効果があります。

【お風呂に入る】

自律神経を整えるために効果的です。

しかしながら、お風呂に入ると血管が拡張されると言われており、

長湯しすぎると、水分を失って血液がドロドロになるので

脳が酸欠状態となる可能性もあります。

あまり長湯せずにリラックスすることを目的に入浴しましょう。

【酸素カプセルに入る】

脳の酸欠状態を防ぐためです。

なかなか自宅にはないものですが、

酸素カプセルがあるお店を知っていたら利用してみてください^^

【カフェインや糖分を摂取する】

カフェインには、血管を収縮させる作用があるそうです。

大人ならコーヒー、子供ならお茶がオススメです。

また、糖分を取ると血糖値が上がって血管が収縮するそうです。

甘いものを摂取してみるのも効果的かも?

【チラミンは摂取しない】

甘いものを摂取するときに注意して欲しいのですが、

チョコレートやチーズなどに含まれる「チラミン」は血管を拡張させる作用があるそうです。

また、チラミンには蓄積性もあるので、頭痛持ちの人は日ごろから摂りすぎには注意したいです。

チラミンが含まれている食材はチョコレートやチーズ以外ですと、

ワイン、ビール、カジキ、ニシン、タラコ、スジコ、そら豆、鶏レバー、イチジクなどです。

【内耳のマッサージ】

気圧を感じ取る内耳へのマッサージも効果的だそうです。

やり方は以下の通りです。

・両耳たぶを上下と横の3方向に5秒ずつひっぱる

・耳たぶを軽くひっぱりながらぐるぐる5回まわす

・紙コップに蒸しタオルを入れて耳たぶを隠すように当てて温める(糸電話のような感じです)

以上です!

天気痛は個人差もありますし、症状によって対処法も違います。

腹式呼吸や、適度な運動、良質な睡眠で日頃から自律神経を整えておきましょう。

※上記であげた方法は効果を保証するものではありません。

頭痛の記録をつける?

台風で頭が痛くなったり頭が重くなる天気痛を脱出するのには、

天気と自分の症状の規則性を見つける必要があるそうです。

「どんな時にどんな症状が出るのか」

という”自分の法則”を理解することで対処も出来るといいます。

記録しておくべきなのは、6項目。

天気、気圧の変化、症状、痛みの強さ(強さを段階で)、運動、睡眠

症状が起きる条件がわかれば、対処ができますよね。

事前に抗めまい薬や漢方薬を飲むことで改善したという方もいるそうです。

オススメは「頭痛ーる」というアプリです。

手軽に自分の頭痛の記録が出来るので、それを元に事前に対処しましょう!

台風,写真

まとめ

台風が来ると「頭が痛い」「頭が重い」という症状について、

原因や対処法を紹介させていただきました。

これらの症状は「天気痛」と呼ばれ、立派な病気であることが分かりました。

そして、頭痛は子供にも起こるということでした。

「甘え」なんていう人もいますが、周りが理解してくれるのも大事ですよね^^

自分の症状の規則性を見つけて対処するのが改善への近道だそうです。

ぜひアプリなどを活用して自分の症状を分析してみてください!

スポンサードリンク