2018年に渋谷すばるさんが脱退し、6人体制で初めての紅白出場となる関ジャニ∞。

6人となってからの歌割りやメンバーたちの変化にも注目が集まっています。

その中で、最も変化が話題になっているのは”ヤス”こと安田章大さんです。

今回は、関ジャニ∞の安田章大さんの歌い方や見た目の変化について調べてみました。

スポンサーリンク

関ジャニ∞安田章大の歌い方が変わったと話題!

渋谷すばるさんが脱退し、6人での活動がスタートした関ジャニ∞。

新しい体制で歌割りがどうなるのかなどが気になるところですね。

そんな中、新体制の関ジャニ∞のパフォーマンスを見た視聴者から「安田章大の歌い方が変わった」との声が寄せられています。

歌い方が渋谷すばるさんっぽくなったと言われているようです。

「元から安田くんはこんな歌い方だ」という意見もありますが、擁護派はファン率があまりにも高いんですね。

関ジャニ∞自体がマイナーなバンドなら、そもそもメンバーの特徴を知っている人が少ないのでファンのいうことがほぼ正しいんだろうなと思います。

しかしながら、関ジャニは国民のほとんどが知っている人気グループ。

メンバーそれぞれの歌い方の特徴などもよく知られています。

渋谷すばるさんが個性的な歌い方をしていましたが、安田さんも同じ歌い方ならば、もっと前から話題になっていたはず。

今急に安田さんだけ騒がれるようになったのは、目立つ人がいなくなったからだけが理由ではないと考えられます。

別に歌い方が変わったというのは悪口でもなんでもないのですが、擁護派のファンの中には過激な言葉を使う人たちも出てきています。

個人的には、渋谷すばるさんがいる時から「安田くんは少しずつすばるさんっぽくなってきてるな〜」とは感じていました。

渋谷すばるさんにリスペクトがあるからなのかな^^と微笑ましく思っていましたが、それだけ関ジャニのファンにとってはシビアな問題なのでしょうか…

見た目もイメチェン?

関ジャニ∞の安田章大さんの歌い方が変わったことが話題になっています。

さらに、安田さんの変化は歌い方だけではなく見た目も大きく変わったと言われているようです。

数年前と現在の画像と比べてみましょう。

安田章大,写真

だいぶイメチェンをされていますね!

最近は色付きの丸メガネがトレードマークみたいになっています^^

髪型についてはモヒカンのようなワイルドヘアーに変わりました。

これは、2017年2月に髄膜腫の手術をされたことが原因だと見られています。

手術の際に髪の毛を短くされたので、自然に見えるヘアーにイメチェンされたのでしょう。

スポンサーリンク

渋谷すばる意識で寄せてる?動画で検証!

歌い方や見た目が大きく変化した関ジャニ∞の安田章大さん。

見た目については、手術をしたことが大きな原因と考えられますが、歌い方については「渋谷すばるさんに寄せてる」と感じる方が多いようです。

ファンは「昔からこんな歌い方だ」と言っており、意見は真っ二つに割れている状態です。

ということで、ここでは以前の現在の歌唱シーン動画を比較検証してみたいと思います!

まずは、以前の安田さんです。

高音部分で喉を使う歌唱が特徴的です。

割とさっぱりしていますが、時折ジャニーズっぽい歌い方が入っていますね。

続いては、現在の安田さんです。

だいぶ個性的になりましたね〜!

私は関ジャニのファンでもアンチでもありませんが、渋谷すばるさんに似てると言われれば…分かるような気もします。

寄せてるのか、自然にこうなっていったのかは分かりません。

視聴者の意見を見ると「渋谷すばるさんが抜けてから安田さんの変化が著しい」と感じた方が多いようです。

安田さんは渋谷すばるさんが抜けてからこれまで以上にメインパートを歌うことが多くなりました。

もしかしたら、ご本人なりに「個性を出そう」などといった考えもあるのかもしれませんね。

ただ、渋谷すばるさんに寄せた感じに見えるため「安田くんの個性が消えた」との見方をする人がいるのも事実です。

私は今の安田さんの歌い方も嫌いではないので、このまま自由に自分の好きな歌い方を続けていって欲しいなあと思います^^

安田章大,写真

まとめ

関ジャニ∞の”ヤス”こと安田章大さんの最近の変化についてまとめてみました。

「歌い方が変わった」「渋谷すばるに寄せてる」という声が多く上がっている安田さん。

髪型の変化は手術のため、歌い方の変化については彼なりの試行錯誤の結果のようです。

「昔から変わってない」という声も上がっていましたが、動画で確認するとけっこう変わってましたね。

ジャニーズの方は年数を重ねると歌い方が変化して個性を持ち出す方も多いので、安田さんもこれまで以上のパフォーマンスを出そうとしているのでしょう。

間違いなくそれは向上心や責任感から来ているものだと思われますので、今後も応援していきたいと思います!

スポンサーリンク