芸能

ホームアローンの子役マコーレーカルキン現在は結婚して俳優復活?子役時代の年収も

マコーレカルキンの昔と現在比較画像

クリスマス映画の代表といえば、「ホーム・アローン」ですね。

日本でも毎年クリスマスシーズンに放送される人気シリーズですが、放送を見て「マコーレーカルキン君って今何してるんだろう…?」と思う方も多いのではないでしょうか?

一時期は、余命半年説や死亡説まで出た彼ですが、現在は結婚もして俳優としても”完全復活”をしていると言われているようです。

今回は「ホームアローン」の主演を務めた子役・マコーレーカルキンの現在について、また子役時代の年収などの情報もお届けしていきます。

マコーレカルキンの現在は、俳優復活!

マコーレーカルキンの現在の活動を調べてみると…俳優として完全復活していたことが分かりました。

画家、コミックバンドなど紆余曲折を経て、2016年頃より俳優活動を再開していたようです。

再びホーム・アローンの世界に登場

彼が再び役者として話題になったのは…なんとまたしても「ホーム・アローン」

2018年にGoogleの音声アシスタント「Googleアシスタント」の新CMで、マコーレー・がケビン役を再演することになったのです。

CM動画はこちら。

CM映像に登場するのは、子役時代に出演した「ホーム・アローン」と同じ、あの家です。

大人になったマコーレー・カルキンがGoogleアシスタントを使って子供の頃とは違った優雅な「ホーム・アローン」を過ごす姿が描かれています。

作品を思い出すシーンが多く、要所要所で懐かしさを感じますね。

肝心のマコーレーですが、以前の痩せこけた姿から見事に復活しています。

当時38歳とは思えない若々しさ、そして当時と変わらない愛らしい表情が印象的です。

トーク番組や映画にも出演

2018年4月には、アメリカの人気トーク番組「エレンの部屋(The Ellen Show)」にゲスト登場。

ここでは子役時代と現在の変化を語っています。

「クリスマスシーズンには外出を控えるの?」というエレンの質問に、

「そうです、絶対出かけません。僕の季節だから。マコーレー・シーズンだね」

とイタズラっぽく答えています。

現在は本格的に俳優活動やメディア露出も再開しているマコーレー。

2019年公開の映画「Changeland」にも出演しました。

これからは大人の役者としての活躍に期待したいですね!

マコーレーカルキンは現在パパになっていた!

マコーレーカルキンは、2021年に40歳でパパになっています。

2021年4月5日(現地時間)に、恋人で女優のブレンダ・ソングが第1子男児を出産したと報じられています。

マコーレーカルキンと彼女ブレンダ・ソングの画像マコーレーとブレンダは先ほど紹介した映画『Changeland』のタイでの撮影で出会い、2017年には交際が報じられていました。

子供の名前はダコタ・ソング・カルキン

名前の由来は、2008年に交通事故に遭い、29歳の若さでこの世を去ったマコーレーの姉ダコタさんから。

マコーレーとブレンダは第1子の誕生について「わたしたちは大喜びしています」と短い声明を出しています。

マコーレーカルキンの子役時代の年収やギャラは?

両親が裁判を起こすほど大きな金額を稼いでいた子役時代のマコーレーカルキン。

子役として稼いだのは1,700万ドル(約17億円)とのことでしたが、1本あたりのギャラは一体どのくらいだったのでしょうか?

ブレイクのきっかけとなった作品や、人気絶頂期に出演した作品のギャラを見てみましょう。

  • 「ホームアローン」…830万円
  • 「ホームアローン2」…3億7000万円
  • 「リッチーリッチ」…6億6000万円

映画1本でサラリーマンの生涯年収を軽く稼いでいたマコーレー。

子役としての活動期間は1987年〜1994年までだったので、平均年収は2億円以上ということになります。