俳優の佐藤健さん(29歳)の見た目が「老けた」と話題になっています。

佐藤健さんといえば、同年代の俳優の中でも「イケメン&実力派俳優」として評価が高い存在。

NHKの朝ドラ「半分、青い。」ではヒロインの相手役を演じましたが、視聴者からは「老けた」との声が寄せられていました。

今回は、佐藤健さんが老けたと言われた理由などを調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

佐藤健が老けた?

佐藤健さんが老けたと話題になっています。

現在29歳の佐藤健さんですが、今年公開の映画「いぬやしき」や、朝ドラ「半分、青い。」では高校生役を演じています。

さすがにもう無理がある気がしますね…^^;

朝ドラ「半分、青い。」では、佐藤健さんのビジュアルに関して多くの意見が寄せられていました。

一般的に、外見が「老けた」と言われる要素には…頬のたるみ、ほうれい線、目の下のたるみやシワ、しみ、顔色のくすみなどがあげられます。

では、最近の佐藤健さんはどうでしょうか。

佐藤健,写真

う〜ん…普通にかっこいい!(笑)

確かに全盛期から比べると、少し見た目が落ち着いたような気はしますが…

先ほどあげたようなたるみや目立つシワもなく、特段老けた様には見えません

ただ、30歳くらいになるとその日のコンディションによって大きく見た目が変わることは往々にしてあります。

佐藤健さんは以前から夜遊びが好きと言われていますので…今後ガクッと急に劣化する可能性もありますね。

全盛期から顔が変わった?

佐藤健さんが老けたと話題になっています。

老けたという意見の中に「顔が変わった」という声もありました。

ここで、若い頃と現在の比較画像を見てみましょう。

佐藤健,写真

佐藤健,写真

顔のパーツは変わっていませんが、現在の方が少しがっしりしたように見えます。

あとは髪色・髪型も落ち着きましたね^^;

昔は元々細いのに加えて茶髪で盛り髪やパーマがだったので、より一層細く見えていました。

現在は眉毛も太くなり髪色も落ち着いて、大人の男性の見た目になりました。

体型は太ったというよりかは筋肉がついた感じがします。

目元はややたるみが出てきましたが、そこにまた年齢を重ねた色気を感じます。

いい歳の取り方をされているのではないでしょうか?^^

スポンサーリンク

劣化ではなく演技力のせい?画像

佐藤健さんが老けたと話題になっていますが、画像を検証してもそこまでの劣化は感じられませんでした。

若い頃と比較すると、見た目も落ち着いて大人の男性の魅力が出てきています。

「劣化」という声を分析してみると、恐らく演技力のせいなのではないかと考えられます。

2018年の夏ドラマ「義母と娘のブルース」に出演していた時は、若々しい姿で「かっこいい」と話題になっていました。

ギボムス

一方で、NHKの朝ドラ「半分、青い。」では落ち着いた姿を見せていたので「老けた」と話題になっていました。

朝ドラでは高校生から始まり、年齢を重ねていく難しい役どころでしたが、見事に演じ切っていました。

実際に劣化したのではなく、意図的に「老けた演技」をしていたということですね。

見た目の印象まで変えてしまう演技力は、さすがとしか言いようがありません。

今後は、高校生役からは卒業して、大人の男性らしい役柄で私たちを魅了してくれることでしょう。

佐藤健さんのさらなる活躍に期待しましょう!

半分青い,写真

まとめ

佐藤健さんが「老けた」と言われる原因や「顔が変わった」という噂を検証してみました。

若い頃と比べると、少し肉がついて大人の顔つきになっていましたが「劣化」という訳ではなく、色気が出てより一層かっこよくなっているように見えました^^

NHKの朝ドラ「半分、青い。」に出演された時に「老けた」という声が増えましたが、それは佐藤さんの演技力が影響しているようでした。

同年代の俳優さんの中でも、演技力は頭一つ抜けている佐藤健さん。

今後は大人の魅力を活かした役にも挑戦してほしいですね!

スポンサーリンク