2018年も箱根駅伝まであと2か月となりました。

駅伝ファンには嬉しいシーズンとなってきました^^

今回は、駅伝ファンもそうでない人も気になるであろうイケメンについて紹介させていただきます♪

箱根駅伝で注目してほしいイケメン、それは選手ではなく監督です^^

東洋大学の酒井俊幸監督について、選手時代の成績やドSな檄についてまとめてみました!

スポンサードリンク

東洋大の酒井俊幸監督がイケメン!

2018年の箱根駅伝でも活躍が期待される東洋大学。

東洋大の箱根駅伝出場は15年連続で75回目となる伝統あるチームです。

「山の神」と呼ばれた柏原竜二や、「天才双子」の設楽兄弟などスター選手が数多く在籍していました。

前回は2位という事で、今回こそは優勝を狙っています。

そんな東洋大学の酒井俊幸監督(41歳)がイケメンだというのは、駅伝ファンの間では有名な話です。

駅伝に出場している選手は、駅伝ファン以外も注目するため走りが早い選手よりもイケメンの選手が話題になりますw

毎年選手と同じくらい、いや選手以上に注目されるのが酒井俊幸監督です。

大学生のイケメンでは物足りない「イケオジ(イケてるオジ様)」好きの方に人気のようですw

ご自身も東洋大学の陸上部出身で、母校の監督というのもポイントが高いですよね^^

32歳の若さで監督に就任してからは、熱血的な指導で東洋大学を箱根駅伝2年連続優勝に導くなど優れた結果を残しています。

イケメンなだけでなく、指導力も素晴らしいのです。

さわやかな見た目に熱い内面という女子の大好物ですねw

駅伝はあまり詳しくないから見ていないという方も、イケメン探しという不純な理由から見てみるのもいいかもしれませんw

その際は、東洋大学の酒井俊幸監督に注目しましょう♪

選手時代の成績は

東洋大学の陸上部駅伝監督の酒井俊幸監督がイケメンだと話題になっています。

ご自身も東洋大学陸上部出身という酒井俊幸監督の選手時代の成績を調べてみましょう!

まずは東洋大学時代の成績から。

酒井俊幸監督は、1年時から箱根駅伝に出場し、4年時にはキャプテンを務めています。

箱根駅伝を3回走り、いずれも区間2桁の成績を残しています。

・1996年第72回大会(1年生)‥3区を走り区間11位

・1997年第73回大会(2年生)‥7区を走り区間12位

・1998年第74回大会(3年生)‥1区を走り区間13位

・1999年第75回大会(4先生)‥怪我の影響により欠場

関東学生陸上競技対校選手権大会で入賞の経験もあるそうですが、最後の箱根駅伝では故障明けで出場出来ませんでした。

当時監督だった佐藤尚さん(現:東洋大学ヘッドコーチ)いわく「プレッシャーに弱い」選手だったそうです。

1999年に東洋大を卒業後は、コニカ(現、コニカミノルタ)に入社しました。

入社後はメキメキと頭角を現し、2001年から2003年まで全日本実業団駅伝3連覇のメンバーに貢献しました。

強豪チームの中でも中心選手として活躍を続けV2、V3ではアンカーとして活躍し胴上げも経験しているすごい選手です。

V2の際には走り出してから鼻血が出てしまうアクシデントもありました。(無事に完走しています)

2005年にコニカミノルタを退社してからは母校の学校法人石川高等学校に教員として戻り、陸上部顧問を務めました。

教員として勤めながらもその年の国体のハーフマラソンに福島県代表として出場し入賞を果たしました^^さすがの健在ぶりです。

この頃、県内では無名だったいわき総合高等学校の柏原竜二選手(後の山の神)が県大会で見せた走りに注目し、

東洋大にいち早くその情報を伝え、柏原選手を入学へ導きました。指導者としての目も素晴らしいんですね~

この選手を見る目や指導力が高く評価されたことから、当時監督の座が空いていた東洋大学陸上部の顧問に就任しました。

まさに陸上漬け、駅伝漬けの人生ですね^^

選手としても素晴らしい選手で、その後指導者として‥なんて漫画やドラマの世界ですね!

スポンサードリンク

ドSな檄がすごい?

東洋大学の陸上部駅伝監督の酒井俊幸監督がイケメンだと話題になっています。

選手時代は箱根駅伝にも出場し、実業団でも活躍をしている事が分かりました。

続いては、駅伝ファンの間では有名な酒井俊幸監督の「ドSな檄(ゲキ)」について紹介させていただきます^^

酒井俊幸監督は、駅伝監督としてとても誠実で堅実な育成方針を持っています。

自身がプレッシャーに弱く、怪我などにも苦しんだ事から栄養大と提携して選手の食事の管理をしていたり、

選手自身が自分の体のことを知る為にデータを選手自身に管理させるなど、体づくりを徹底しています。

そんな酒井俊幸監督は、インタビューなどでも簡単には選手を褒めない「ドS」な一面がありますw

走っている選手一人ひとりの個性に合わせたドSな檄を飛ばすのも名物のひとつとも言われています。

酒井俊幸監督のドSな檄はこちらです↓

「中継車の方もっと前お願いします!これからスピード上げます!」

「オラァ!ラストだオラァ!」

「出るよ!出るよ!19分台出るぞぉ~!」

「最後の箱根だ!完全燃焼してこい!

「ここで負けたら1年間悔しいぞ!」

「お前は、世界と戦うんだろ!一秒を削り出せ!」

ドSというか、熱いですね^^

このドSで熱い檄は、駅伝で選手が必死に走っている所に響くとグッと来るんです。

個人的には檄を飛ばすときはサングラスを取るというところが好きですw

また、選手に対しても、育ててくれた親に顔を見せて恩返ししてほしいという理由でサングラスを禁止しているという噂もあります。

酒井監督のファンは駅伝を観戦して「オラァ!」が聞けた!と喜ぶ方も多いそうですw

2018年の箱根駅伝では、酒井俊幸監督のドSで熱い檄に、注目してみましょう♪

酒井監督,写真

まとめ

東洋大学の陸上部の酒井俊幸監督について紹介させていただきました!

イケメン監督の選手時代の成績や、ドSな檄など選手以上に注目したくなる漫画の主人公のような方でした^^

2018年の箱根駅伝では、どんな檄が聞けるのか楽しみです♪

スポンサードリンク