史上初の米朝首脳会談、そして日朝首脳会談の開催など

世界中の視線が集まっている北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。

李雪主夫人は表に出てきますが、彼の子供って全然出てこないですよね・・

そもそも子供はいるのかも知らない方も多いと思います。

今回は、謎に包まれている金正恩委員長の子供について調べてみました。

スポンサーリンク

金正恩のプロフィール

名前:金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)

生年月日:1984年1月8日

出身地:北朝鮮平安北道昌城郡・元山市・平壌市の三説あり

学歴:金日成軍事総合大学、金日成総合大学

政党:朝鮮労働党

第3代最高指導者:2011年12月17日〜

第2代最高指導者金正日総書記の三男です。

妻・李雪主のプロフィール

名前:李雪主(リ・ソルジュ、Ri Sol-Ju)

生年月日:1989年9月28日

出身地:北朝鮮平壌

学歴:金日成総合大学

かつては歌手として活動し「美女軍団」として報道されたこともあります。

金正恩に子供は何人いるのか?

金正恩委員長と李雪主夫人の間に、子供は何人いるのか調べてみました。

報道によると、金正恩委員長の子供は現在3人いるとされています。

第三子については、韓国国家情報院が8月28日に李雪主夫人の出産と報じています。

名前や性別は分からないとされています。

噂では、第一子、第二子ともに女子だと報じられていましたが・・

息子や娘の年齢は?

金正恩委員長の子供は3人いると言われています。

性別は第一子と第二子が娘だと言われていましたが・・

ソウルCNNは、第三子出産の情報に加えて第一子が男の子で第二子が女の子だと報じました!

複数の議員はNIS以外の関係者から入手した情報として、第1子は2010年に誕生した男の子で、第2子は2013年に生まれた女の子だと話している。

整理すると、

第一子:2010年生まれ(男)
第二子:2013年生まれ(女)
第三子:2017年2月生まれ(男?)

第三子については、北朝鮮関係者が「男子という未確認情報がある」と語っています。

北朝鮮では、最高指導者の私生活は「最高度の機密」とされていますから、

公式な報道は一切ありません。

ですが、金正恩委員長は李夫人と3人の子どもと一緒に暮らしており、

家族関係は極めて良好だと伝えられています。

年齢は息子が8歳〜9歳と1歳、娘が5歳〜6歳ということだけ分かりました!(2018年6月時点)

スポンサーリンク

名前はジュエ?

金正恩委員長の子供は、息子が2人と娘が1人だとわかりました。

この娘について、なんと名前がバレてしまう出来事がありました。

最高度の機密が漏れたのは、2013年。娘が生まれた年のことです。

漏らしてしまったのは、アメリカのプロバスケットボール協会(NBA)の元選手、

デニス・ロッドマン(Dennis Rodman)さんです。

彼は、スラムダンクの桜木花道のモデルとも言われている歴代でも屈指のリバウンダーです。

デニスロッドマンさんは、これまで5回以上平壌を訪れて、金正恩委員長と面会しています。

訪朝の理由は「バスケ外交」とも言われています。

金正恩委員長はバスケが大好きで

デニスロッドマンさんを招待したことからこの交流が始まったと伝えられています。

また、デニスロッドマンさんは金正恩委員長のことを「友人」だと発言しています。

そんな彼は2013年9月に二度目の面会をした後の取材で、

「赤ちゃんのジュエちゃんを抱いて、李夫人とも会話した。

彼(正恩氏)は良い父親で、素晴らしい家庭を持っている。」

と発言したのです。

この発言から、第二子の性別は女の子で、名前がジュエだということが判明したのです。

やっちゃいましたね〜w

デニスロッドマンさんが北朝鮮の国民だったら・・間違いなく静粛されていることでしょう。

また、金正恩委員長の娘について気になるツイートもありました。

ジュエではなく、チュエの発音が正しいようですね。

漢字については根拠はありませんが、

金日成の本名から取っているというのは妙に信憑性がある情報です。

娘は金主愛もしくは金柱愛(キムチュエ)という名前かもしれません。

金正恩,写真

まとめ

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に子供はいるのか調べてみました。

謎に包まれていた金正恩委員長の家族ですが、

息子が2人、娘が1人と3人の子供に恵まれているようです。

第二子となる娘については、名前が「ジュエ」だと判明しています。

一説によると金主愛もしくは金柱愛という感じで正しくは「チュエ」と発音すると言われています。

この中から、何十年後からの後継者が生まれるということになります。

子供の姿がお披露目となるのはいつになるのでしょうか・・

スポンサーリンク