芸能

DAOKOの本名は吉田?出身校は女子美高校!大物とコラボが多いのはなぜ?

DAOKO,画像

 

2018年、紅白歌合戦への初出場が決定したDAOKOさん

2017年に米津玄師さんとのコラボ曲「打上花火」で一気にブレイクしましたが、まだまだ謎の多い人物です。

そこで今回は、DAOKOさんについて本名や出身校など気になる情報を調べてみました。

また、大物歌手と次々にコラボができているのはなぜなのかについても真相を探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

DAOKOについて

まずは、DAOKOさんについてプロフィールや経歴など基本的な情報を紹介させていただきます。

「名前しか聞いたことがない」

という方はぜひチェックしてみて下さいね^^

DAOKOのプロフィール

【DAOKO(だをこ)】

別名義:daoko(インディーズ時代)、だをこ(アマチュア時代)

生年月日:1997年3月4日

出身地:東京都

所属事務所:TOY’ S FACTORY INC.

DAOKO

音楽のジャンルはラップ・ヒップホップMCとされています。

歌声は囁きに近いような柔らかい「ウィスパーボイス」が特徴的です。

ダークな歌詞を美しいウィスパーボイスで歌う、独特の世界観で若者を中心に多くの支持を集めています。

経歴

個人的に音楽を発信し始めたのは中学3年生のとき。

当時流行っていた「ニコニコ動画」の「ニコラップ」に自作ラップを投稿していました。

このニコニコ動画の中で出会ったJinmenusagi(人面兎)さんの呼びかけで、客演参加をすることに。

この時の姿が主宰者に気に入られたことがきっかけで、高校入学と同時にネット発のインディーレーベル「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」と契約することに。

しかしながら、進学した高校には”芸能活動禁止”という校則があったため、顔を隠した状態で活動していました。

そして2015年3月、高校卒業と同時にトイズファクトリーよりメジャーデビュー。

この時は大手レコード会社による争奪戦があったんだとか。

このエピソードから、業界内で彼女にかなり注目が集まっていたことが分かりますね。

素顔については、2015年10月に発売した1stシングルのアーティスト写真で初公開となりました。

そして…2017年8月16日に米津玄師さんとのコラボ曲「打上花火」が発表。

瞬く間に話題となり、その名は一気に全国に知れ渡りました。

椎名林檎に似てる?

おそらく、彼女をみた人の半分以上が椎名林檎さんを思い浮かべるでしょう。

見た目や佇まいが似てるんですよね。

どこか和風な雰囲気を感じさせる見た目や、涼しげな目元、クールな流し目…

見れば見るほどそっくりです。

実際、DAOKOさん自身小さい頃から椎名林檎さんの曲を聴いて育ったそうで、かなりリスペクトをしているんだとか。

椎名林檎さんといえば「元祖メンヘラ系」と言われる独特な歌詞の世界観で知られていますが、DAOKOさんが書く詩も心の闇の部分に刺さる、メンヘラな歌詞です。

作風も少し林檎さん寄りと言われています。

最近は「パクリ」という声もありますが、DAOKOさんはラップ寄りですし声質も全然違います。

見た目や雰囲気だけでパクリとは判断できませんね^^;

スポンサーリンク

本名は吉田?

続いては、DAOKOさんの本名について調査してみたいと思います。

DAOKOさんはニコ動時代から現在まで、本名を一切明かしていません。

中学生時代から「だをこ」という名前で活動をしていたということは、本名をもじっている名前の可能性が高そうですよ。

学生の頃のネット上のハンドルネームって、本名のあだ名をもじった名前をつける人が多いですよね。

ということで、ここでは”DAOKO”というアーティスト名から本名を予想してみたいと思います。

本人のコメント

DAOKOさんの本名に関するエピソードを調べてみると、ネットに「本名にコンプレックスがある」という情報がありました。

気になったので調べてみると、以前雑誌のインタビューで自分の本名を明かさない理由についてこんなコメントをされていました。

「DAOKOとしての作品は好きで自信があるけど、本名の自分はすごくコンプレックスがある」

この一文を見ると「本名にコンプレックスがある」とは少し解釈が違うと思いませんか?

本名自体にコンプレックスがあるというよりかは、プライベートの自分に自信が持てないという表現に見えます。

本名にコンプレックスがあるならば、芸名に本名を入れる可能性は低いのかなと思っていましたが…

この一文から考察すると、名前自体にコンプレックスがあるようには見えません。

ということは、芸名が本名をもじっている可能性もあるということですね。

ネットの予想

DAOKOさんの本名について、ここでは芸名が本名をもじった名付けだったと考えて探っていきたいと思います。

ネットの予想をいくつかあげてみますね。

  • 吉田直子
  • ◯田なお子
  • 織田〇〇
  • 岡田〇子

DAOKO→だなおこ→◯田なおこ

DAOKO→だおこ→だお→織田or小田

DAOKO→だおこ→だおか→岡田

う〜ん、どれもあり得そう。

岡田はちょっと無理やりかな?(笑)

ネットでDAOKOさんの名前を検索すると「吉田」という苗字が出てきましたが、これは特に根拠のない噂のようです。

一番可能性がありそうなのは「◯田なおこ」ですね。

DAOKO,写真

出身校はどこ?

DAOKOさんは東京出身とのことですが、出身校はどこなのでしょうか?

ツイートなどから情報を集めてみたいと思います。

出身高校は女子美高校!

DAOKOさんの出身校について調べてみると、こんなツイートが見つかりました。

女子美高校とは、東京都杉並区和田一丁目に所在する女子美術大学の付属学校です。

私立の美術学校としては最も長い歴史を持つ美術の名門女子美術大学付属校で、国内唯一の美術大学付属校です。

私立校なら、芸能活動などへの校則が厳しかったことも納得です。

中高一貫校なので、中学も女子美中学校だった可能性も高そうですね。

学生時代はいじめっ子だった?

DAOKOさんの学生時代について調べてみると、気になるツイートを発見しました。

DAOKOさんがいじめをしていたということですね。

DAOKOさん自身は逆に、学生時代いじめにあっていたことを明かしています。

どっちやねん!

と思いますが、学生時代の女子なんてそんなもんですよね。

いじめて、いじめられて…

DAOKOさんも今はきっと若き日の過ちも後悔していることでしょう。

スポンサーリンク

大物とコラボが多いのはなぜ?

DAOKOさんといえば、大物とのコラボが多いことでも知られています。

米津玄師さん、岡村靖幸さん、BECKさん、m-flo…

コラボの相手を見てみると、とても新人歌手とは思えないですよね。

次々にタイアップが決まることなどからネットでは「ゴリ押し」という声も出てきています。

所属事務所であるトイズファクトリーも、争奪戦の経て手に入れた歌手ということで、気合を入れて売り出しているのでしょう。

では大物とのコラボやタイアップの数々がゴリ押しなのかというと、それは違うのではないかと思います。

高校卒業に合わせて大手レコード会社の間で争奪戦があったというエピソードを見ても、彼女の才能がプロの間で評価されていることは間違いないです。

20代前半で儚さや、怠さ、妖艶さを表現できる歌手というのも珍しい存在です。

曲ごとに表情を変える歌声や表現力というのが、クリエイター心をくすぐるのでしょう。

ゴリ押しなのではなく、彼女の才能を惚れ込む人がそれほど多いということですね!

DAOKO,写真

まとめ

歌手のDAOKOさんについて、本名や出身校などを調べてみました。

大物とコラボが多いことについて「ゴリ押し」という声もありますが、彼女の才能は業界内でも高く評価されているようです。

スポンサーリンク

とはいえ「打上花火」以外の楽曲はあまり知られていませんので、2019年は新たなヒット曲に期待したいですね!