映画

映画『あちらにいる鬼』2022年11月11日公開‼︎

映画『あちらにいる鬼』

2022年11月11日公開

『あちらにいる鬼』は、井上荒野による日本の小説。

作者の父である井上光晴と、2021年11月9日に逝去した瀬戸内寂聴の不倫を基にしており、執筆の際に瀬戸内は協力を惜しまずに取材を受けたといい、「モデルに書かれた私が読み傑作だと、感動した名作」と絶賛した。

井上荒野の父である作家井上光晴と母、そして2021年11月に死去した瀬戸内寂聴をモデルに、男女3人の特別な関係を描いた作品。

彼女にとって最も身近な存在である父と母、そして光晴と長年にわたり男女の仲だった瀬戸内寂聴の関係をモデルに創作したストーリーだ。2人の女性の視点から、彼女たちの長きにわたる関係性と心の変化を深く掘り下げている作品となっているようです。

ストーリー

1966年、講演旅行をきっかけに出会った長内みはると白木篤郎は、
それぞれに妻子やパートナーがありながら男女の仲となる。
もうすぐ第二子が誕生するという時にもみはるの元へ通う篤郎だが、
自宅では幼い娘を可愛がり、妻・笙子の手料理を絶賛する。
奔放で嘘つきな篤郎にのめり込むみはる、全てを承知しながらも心乱すことのない笙子。
緊張をはらむ共犯とも連帯ともいうべき3人の関係性が生まれる中、
みはるが突然、篤郎に告げた。

「わたし、出家しようと思うの」。

豪華キャスト

長内みはる 寺島しのぶ

小説家。モデルは瀬戸内寂聴。講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎と男女の関係になる。やがて出家という形で決着をつけることになる寂光を演じた寺島は、映画本編で実際に自身の髪の毛を剃り上げている。

白木篤郎 豊川悦司

気鋭の小説家。モデルは井上光晴。長内みはると妻・笙子のあいだを行き来するが、度を越した女性との交わりは止まることがない。

白木笙子 広末涼子

篤郎の妻。夫の手あたり次第とも言える女性との関係を黙認、夫婦として平穏な生活を保っていた。

まとめ

今回は、映画『あちらにいる鬼』についてまとめてみました。

記事を書くにあたり、色々と調べてみましたが、作者の井上荒野氏の両親と瀬戸内寂聴さんの3人の関係性を描いた小説が映画化され、映像としてどのような展開になるのか楽しみです。

注目ポイントとしては、主演の寺島しのぶさんが実際に撮影にあたり、髪の毛を剃毛したというところです。

最後までご覧頂きありがとうございます。