ニュース

安倍元首相、銃撃事件!昭恵夫人の思い、、、各界の追悼コメントまとめ

7/8安倍晋三元総理大臣、銃撃されお亡くなりに。
昭恵夫人が葬儀で語ったこととは、、、
この投稿をInstagramで見る

 

安倍昭恵(@akieabe)がシェアした投稿

引用元:Instagram

安倍元総理大臣の妻、昭恵夫人(60)は安倍氏の銃撃の報を受けて、近鉄大和八木駅まで移動した後、大勢のSPに囲まれながら車に乗り込んで午後4時55分ごろ、搬送先の奈良県立医大病院に入った。その8分後、安倍氏の死亡が確認された。

1987年に結婚した安倍氏夫妻。子供はいないが、おしどり夫婦で知られていた。昭恵夫人の個人のインスタグラムでは仲睦まじい様子が投稿され、最後まで仲良し夫婦であった。

安倍元首相の葬儀で語られた昭恵夫人の思い・・・

7月12日午後、安倍晋三元総理大臣(享年67)の葬儀が営まれた。

喪主をつとめた安倍昭恵夫人(60)は

あまりにも突然のことで、まだ夢の中にいるようだ。あの日は、朝8時にご飯を一緒に食べて、お見送りをした。11時半過ぎに撃たれたと連絡があって、母の洋子さんには言わないでと言われたのですが、「えっ」と声を上げてしまいました。平静を装っていましたが、テレビが流れ始めてしまって。

主人は、家では優しい人で、人を喜ばせるのが本当に好きな人、人のためにするのが好きな人なので、こんなにたくさんの人が葬儀に参列してくれたことを喜んでいるでしょう。安倍晋三を支えてくれて、本当にありがとうございました。わたし自身将来のことは不安ですが、ありがとうございました。

と涙ながらに挨拶をされたようです。

麻生太郎氏 弔辞

東京都港区の増上寺でいとなまれた、安倍元首相の葬儀で自民党の麻生太郎副総裁が友人として弔辞をの述べた。

引用元:Twitter

引用元:Twitter

各界からの追悼コメント

岸田総理
どうか一命を取り留めて頂きたいと祈っていたが祈りも虚しくこうした方に接することになってしまたこと、誠に残念であり、言葉もありません。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

 

小池都知事

どのような理由があってもこの様な蛮行は許すことは出来ません。民主主義への挑戦であります。激しい怒りを表します。

菅義偉氏

今日までの実績、影響力が極めて大きい総理だった。犯人を絶対に許してはいけない。そんな強い思いです。安倍元首相とは、色々な思いでがある。今回の事件についてショックを受けた。ご冥福をお祈りする。

小泉進次郎氏

安倍元総理が何者かによって撃たれたとそういう一報に接しました。果たしてこのまま選挙の応援をするべきか、そういった事を考えました。安倍元総理が救われるように心から願い、私の応援を上らせていただきます。

岸防衛大臣

安倍元総理への銃撃は民主主義への冒涜であります。特に、参議院選挙の最中にこのような事で言論が遮られてはならない。断固避難致します。

まとめ

今回は安倍元総理が銃撃によりお亡くなりになられ、おしどり夫婦と言われていた奥様、昭恵夫人についてまとめてみました。
各界からのも追悼のコメントを少しだけまとめております。

ほんとに安倍氏が必要とされ、愛されていたかがわかります。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございました。