活発な前線の影響で、

気象庁より各地に「大雨特別警報」が発令されています。

あまり聞きなれない「特別警報」とはどんなものなのか、

発令されたら何をするのか、対策などを調べてみました!

スポンサーリンク

大雨特別警報とは?

大雨特別警報とはどんなものなのでしょうか?

まず「特別警報」とは、「警報」の発表基準を”はるかに超える”ものです。

数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表され、

対象地域の住民の方々に確実に伝えられるものとして、最大限の警戒を呼びかけるものです。

運用が開始されたのは2013年8月30日。

東日本大震災で多数の犠牲者を出したことから、

住民に対して重大な災害の危険性を正しく・確実に伝達するために、

より避難のレベルを上げた「特別警報」を新たに設けられました。

「大雨特別警報」の場合は、

台風や集中豪雨によって数十年に一度の降雨量となる大雨が予想される場合、

もしくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合に発表されます。

現在、活発な前線の影響で、九州から近畿にかけて猛烈な雨が降っています。

記録的な大雨となり、各地で災害が発生しており被害者も出ています。

気象庁は、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府に大雨特別警報を発表しています。

大雨となっている地域では、今後の雨でさらに川が増水して氾濫の危険性が高まり、

土砂災害の危険性もさらに高まるおそれがあります。

発令されたら何をする?対策は!

「大雨特別警報」が発令されたら何をすれば良いのでしょうか?

警報が出ても、ついつい家の中にいて安心してしまう人もいるかもしれません。

しかし、特別警報が出たら確実に行動をしてください!

命の危険もありますから、

まず外の状況を確認して、安全確保が可能だと判断できたら避難所などの安全な場所へ移動してください。

もしすでに周囲で災害などが発生している場合は、少しでも安全な場所へ移動しましょう。

「安全な場所」は以下の通りです。

土砂災害を避ける場合は:急傾斜地から離れた場所。より頑丈な建物や部屋

浸水や波浪、河川の氾濫を避ける場合:低地などから離れ、標高の高い場所にある建物や部屋。

これらを理解した上で、自治体の情報に従って行動しましょう。

外に出るのが危険な場合は建物の2階以上に移動するなど、

できるかぎり安全を確保してください。

また、特別警報が出ていなくても、

雨量が多くなっている地域は土砂災害や河川の氾濫、浸水に警戒が必要です!

増水した川や用水路を見に行ったりすることは絶対にやめてください。

スポンサーリンク

出勤や学校はどうする?

「大雨特別警報」について話題になっている中で

「出勤はどうする」

「学校はどうする」

といった声も上がっています。

多くの職場で「大雨特別警報」についてまでのマニュアルができていないと言われています。

警報が発令されている中でも出勤をしたという方が現実に数多くいらっしゃいます。

また、驚くことに学校が休みになっていない地域もあるそうです。

仕事も学校も休めるのならば、休みましょう!

何か起こってからでは遅いですから、絶対に休むべきだと思います。

あとで怒られても何をされても、自分の命は守りべきです。

しかし・・それが難しいのが日本の現状ですね。

学校はまだしも、仕事は絶対に休めない!という方はたくさんいます。

どうしても出勤しなければいけない方は、十分に気をつけて出勤してください。

出勤中に公共機関が止まってしまった場合は、せめて遅延証明書をもらっておきましょう。

大雨,写真

まとめ

大雨特別警報が発令されたら何をするのか、

どうすればいいのかについてまとめてみました。

対策といった対策はないので、自治体の指示に従って避難をしましょう。

出勤や学校はどうするのかという声もあり、

休みじゃないことに驚きました^^;

休むことができるなら休みましょう!

でもどうしても行かなければならない場合は、十分に注意してください。

スポンサーリンク