子育てをしているママさんたちの間である楽曲が話題となっています。

絵本作家の、のぶみさんが作詞した「あたしおかあさんだから」という曲なのですが、

Twitterなどで子育て中の母親などから批判が集まり、炎上しているようです。

今回は「あたしおかあさんだから」が炎上した理由などについて調べてみました。

スポンサーリンク

「あたしおかあさんだから」に批判殺到!

「あたしおかあさんだから」という歌の歌詞が話題になっています。

まずは問題となっている歌詞を見てみましょう。

※一部抜粋します。

「あたしおかあさんだから眠いまま朝5時に起きるの」

「あたしおかあさんだからあたしよりあなたの事ばかり」

「テレビも子供がみたいものあたしおかあさんだから」

「もしもおかあさんになる前に戻れたなら

夜中に遊ぶわライブに行くの自分のために服を買うの」

歌詞を見ると、母親が子どもを産み育てるうえで、

様々なことを我慢していることをあげています。

こういった歌詞について「母親像の押し付けだ」などといった批判が集まっているようです。

子育てを頑張っている世のお母さんには「母親は我慢するもの」だと他人に言われると

辛いと思う人もいるのでしょう。

しかし大事なのは、この歌の最後の歌詞です。

「おかあさんになれてよかっただってあなたにあえたから」

と、我慢や辛いことがあってもそれ以上に子供をもてることが素晴らしいという事を描いています。

あくまで歌の世界ですから、あまりピリピリして

表現者の才能をつぶす事がないように温かい気持ちで作品を受け入れてあげてほしいですね。

なぜ炎上した?

「あたしおかあさんだから」という歌の歌詞が話題となり、炎上しているようです。

作詞者の絵本作家のぶみさんは炎上したことを受けて、

「これは、元々ママおつかれさまの応援歌なんだ」とツイートしています。

子育てで何かをガマンしたり、いっぱいいっぱいになっている世のお母さんにむけての

温かいメッセージソングなのです。

ここまで炎上してしまったのはなぜなのか考えてみました。

【歌詞の一部しか見ていない】

炎上して話題になっている部分だけの歌詞を見て批判をする人が多いようです。

【現在心がいっぱいいっぱいでメッセージソングを素直に受け入れられない】

頑張っている時に「頑張れ」と言われると辛いですよね。

気持ちが張り詰めているおかあさんには辛い内容だったのかもしれません。

【炎上してるという情報に影響されている】

「炎上している」という聞くとどうしても批判的に見てしまう人がいます。

「いい曲だ」と紹介されていれば炎上しなかった人もいるのではないでしょうか。

恐らくこの三つ目がほとんどだと思います。

炎上している中でも「別に炎上する歌詞ではない」という意見も多数上がっていました。

他人の意見に影響されて気づいたら自分の意見がなくなってくるのがネット社会の怖いところです。

スポンサーリンク

だいすけお兄さんが可哀想?

「あたしおかあさんだから」という歌が炎上しています。

理由については、歌詞の解釈の違いや、炎上という情報に影響されていたり、

作詞者が伝えたかった内容と違う形で、世のお母さんたちに届いてしまったようです。

ネットでは、この炎上騒動を受けてこの歌を歌っている

だいすけお兄さんこと横山だいすけさんが可哀想だと話題になっています。

「炎上されると歌わされてる、だいすけお兄さんが可哀想です」

「ただひたすら罪のないだいすけお兄さんが可哀想」

「だいすけお兄さんまで批判受けそうで可哀想だなぁ」

「悪い曲じゃないのに、だいすけお兄さんまで悪い感じになっちゃう」

今回の騒動では、だいすけお兄さんはもちろん、作詞者ののぶみさんも、

批判される人は誰一人いません。

「ママおつかれさまの応援歌」として受け入れてくれる人が増えるといいです。

横山だいすけ,写真

まとめ

「あたしおかあさんだから」という歌の歌詞が炎上している問題を紹介させていただきました。

自己犠牲を描く事の難しさがよく分かりました^^;

ただ、批判の中には「お母さんがそんなにガマンする必要はない!」という声もあり、

昔よりも母親任せにしない子育てが少しずつ実現している時代の変化を感じました。

色々と批判が集まっていますが歌っているだいすけお兄さんはもちろん、

作詞ののぶみさん、そしてこの歌には何も罪はありません。

あまり目くじらを立てずに「ママおつかれさまの応援歌」を聞きましょう^^

スポンサーリンク