ニュース

【画像】岸田文雄の嫁・裕子夫人の年齢や学歴などプロフィールまとめ!

岸田文雄と嫁の裕子夫人画像

第100代内閣総理大臣の岸田文雄さんは、近年SNSや密着取材などで家族のことを積極的に公開しています。

奥様についても顔出しをしており、メディア等にも出演しています。

今回は岸田文雄さんの嫁・裕子さんについて、年齢や学歴などのプロフィール、岸田文雄さんとの馴れ初めについてもまとめて紹介したいと思います。

岸田文雄の嫁・裕子夫人のプロフィール

岸田文雄の嫁の岸田裕子夫人の顔画像
  • 名前:岸田裕子(きしだ・ゆうこ)
  • 生年月日:1964年8月15日
  • 出身地:広島県

裕子夫人の年齢は、2020年現在56歳で、岸田文雄さんの7歳年下です。

英語が堪能で、2016年4月には「G7広島外相会合配偶者プログラム」を主催されていました。

岸田文雄の嫁・裕子夫人の学歴は

岸田文雄さんのお嫁さんの裕子夫人の気になる学歴ですが、外務省のFacebookで広島女学院中学・広島女学院高校出身であることが紹介されていました。

広島女学院高校の特徴は

  • 中学入学のみの完全中高一貫校
  • キリスト教主義教育
  • 英語教育、国際交流、平和活動に力をいれている
  • 偏差値62

という事で、現在の英語力は高校時代から培われたもののようです。

大学については東京女子大学を卒業されています。

また、広島女学院の広島地区の同窓会役員も務めていました。

岸田文雄と嫁・裕子夫人の馴れ初め

岸田文雄さんと裕子夫人は、1988年に結婚しています。

当時の年齢は、岸田文雄さんが31歳、裕子夫人は24歳でした。

ニコニコチャンネル「直滑降ストリーム」に出演された際には、山本一太参議院議員との「大臣vs大臣」シリーズのトーク内で2人の馴れ初めについても語っていました。

その際に語られた内容は、

  • 出会いはお見合い
  • 岸田文雄さんが裕子夫人に一目惚れをした
  • プロポーズは岸田文雄さんからだが、言葉は忘れてしまい裕子夫人に怒られた

といったものでした。

お見合いといったものの、実は祖母同士が同級生だったり、裕子夫人が就職したマツダの社長(当時)古田徳昌氏が岸田文雄さんの父親と同じ元通産省のご出身だったり、裕子夫人の実家の一角にある選挙事務所の宮澤喜一さんが岸田文雄さんの親戚だったりと、かなり縁があったそう。

結婚後は3人の息子に恵まれ、現在裕子夫人は広島に残って岸田文雄さんに代わり、公務を行われています。

岸田文雄の嫁・裕子夫人が社長令嬢との噂も

政治一家の岸田文雄さんのお嫁さんに選ばれた裕子夫人は、旧家出身の社長令嬢との噂があります。

裕子夫人の父親は、広島県で不動産賃貸業などを行う「三次開発興行株式会社」の社長である和田邦二郎さんだと言われています。

岸田文雄さんは1993年に広島1区で初当選してから8回当選しています。

広島で地盤を固めるためにも、広島で会社を経営している和田邦二郎さんの娘がお見合い相手に選ばれたのかもしれませんね。