ニュース

安倍晋三元首相、応援演説中に銃撃!犯人は?動機は?

安倍元首相、狙撃される。犯人は?動機は?

山上徹也容疑者(41) 

単身向けのワンルームマンションで暮らしていたようなので、結婚はしていなかったようです。

平成14年8月 期限3年の任期制自衛官として採用。佐世保教育隊で訓練を受ける

平成14年12月 「まつゆき」に配属。大砲やミサイルなどを扱う砲雷科で見習い             として勤務。

平成16年4月 広島・江田島の第一術科学校に配属する練習船へ配属。

平成17年8月 海士長の階級で退官

令和4年5月 派遣先の京都府内の倉庫でフォークリフトで荷物を運ぶ仕事をしており退職していたようです

安倍元首相を銃撃した、山上徹也容疑者(41)はどんな人物なのか。

山上容疑者は1980年、建設会社を営む父と母の次男として生まれ、兄と妹がいた。

父親は山上容疑者が幼少期の時に亡くなり、その後祖父も死亡。

大黒柱を失った一家は大和西大寺駅近くの古びたアパートで、身を寄せ合うように暮らしたいたようです。

母親は2000年ごろに宗教団体に入信し、熱心な信者だったようです。

また、母親の入信をきっかけに、一家の生活は苦しくなっていたようだ。

山上容疑者の母親は宗教にどっぷりはまり、本部がある韓国まで出掛け、数週間韓国に滞在することもあったようです。

当初は山上容疑者も入信していたようだが、すぐに退会したそう。

ご主人と父親を亡くし、病気を抱えていた長男も亡くなり、宗教にすがるしかなかったのでしょうか、、、。

お金は出ていくばかりで、入信から2年後には、奈良地裁から破産宣告を受けている。

今回、安倍元首相を銃撃した理由と何が関係しているのでしょうか、、、。

引用元:Twitter

「宗教団体の信者で多額の寄付をして破産させられた。宗教団体にのめり込み、恨みがあった。幹部を襲撃しようと思ったが、接触が難しかった。宗教団体と安倍元首相が繋がっていると思ったから狙った。以前から、宗教団体と安倍元首相の関係について調べていた」

「政治信条への恨みではない」

「特定の団体に恨みがあり、安倍元首相と団体がつながっているとおもい込んで犯行に及んだ」

「そのせいで家族がバラバラになった」

と供述している。

安倍晋三元総理大臣、簡単な経歴

名前:安倍晋三    出身:山口県    選挙区:山口4区

党派:自民党     当選回数:衆議院10回

主な経歴 1979年 神戸製鉄所

1982年 外務大臣秘書官

1993年 衆議院議員

2003年 自民党幹事長

2005年 内閣官房長官

2006年 第90代内閣総理大臣

2012年 第96代内閣総理大臣

2014年 第97代内閣総理大臣

2017年 第98代内閣総理大臣

安倍元首相、悲しみの声

引用元:Twitter

引用元:Twitter

引用元:Twitter

引用元:Twitter

まとめ

今回は、安倍元首相銃撃事件の犯人についてまとめてみました。

犯行動機は供述しているようですが、なぜ安倍さんが殺されなければならなかったのか、宗教団体に人生を狂わされた容疑者、、、とても心が痛い事件です。

一人の命を奪ってしまったことにかわりはありません。

今後の裁判では山上容疑者の刑事責任能力が争点になると言われています。

どうなるのか見守りたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。