映画

直木賞受賞の恋愛小説『月の満ち欠け』実写映画化 2022年12月2日公開

2022年冬、あなたも真実の愛に涙する。

『月の満ち欠け』

2022年12月2日公開

『月の満ち欠け』(つきのみちかけ)は、佐藤正午の長編小説

生まれ変わりを題材に、時空を超えた男女の究極の愛を描く

2017年4月5日に岩波書店から単行本が刊行され、2019年10月に「岩波文庫的」(岩波書店)より文庫本が刊行された。

第157回直木三十五賞(2017年)受賞

ストーリー

仕事も家庭も順調だった小山内堅(大泉洋)の日常は、愛する妻・梢(柴咲コウ)と娘・瑠璃のふたりを不慮の事故で同時に失ったことで一変。深い悲しみに沈む小山内のもとに、三角哲彦と名乗る男(目黒蓮)が訪ねてくる。事故に遭った日、小山内の娘が面識のないはずの自分に会いに来ようとしていたこと、そして彼女は、かつて自分が狂おしいほどに愛した“瑠璃”という女性(有村架純)の生まれ変わりだったのではないか、と告げる。
【愛し合っていた一組の夫婦】と、【許されざる恋に落ちた恋人たち】。
全く関係がないように思われたふたつの物語が、数十年の時を経てつながっていく。
それは「生まれ変わっても、あなたに逢いたい」という強い願いが起こした、あまりにも切なすぎる愛の奇跡だった、、、

もう一度あなたに逢いたい」という強い想いが、

時間も空間も超えて巻き起こす奇跡の物語。

そしてその先に待ち受けていた、

更なる愛の結末とは—?

豪華キャスト

小山内堅(おさないつよし)役 大泉洋

本作の主人公。妻と娘を不慮の事故で亡くす。

正木瑠璃(まさきるり)役 有村架純

小山内夫婦の娘と同じ名前を持つ謎の女性。

三角哲彦(みすみあきひこ)役 目黒蓮(Snow Man)

大学生時代に正木瑠璃と恋に落ちる男性。

小山内梢(おさないこずえ)役 柴咲コウ

小山内堅の妻。不慮の事故でこの世を去る。

緑坂ゆい役 伊藤沙莉

小山内瑠璃の親友で、瑠璃の死後に母となり、小山内にある頼み事をする。

正木竜之介役 田中圭

正木瑠璃の夫。

 

まとめ

今回は直木賞を受賞した作品、『月の満ち欠け』についてまとめてみました。

妻と娘を亡くした主人公、その後、訪ねてくる謎の男性。

どのようなストーリーになるのか気になるところです。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。