映画

映画『銀河鉄道の父』宮沢賢治と父の“親子愛”を描く直木賞受賞作を実写化

門井慶喜の小説『銀河鉄道の父』が実写映画化

役所広司×菅田将暉

2023年GWに公開予定

銀河鉄道の父』は、門井慶喜の長編小説。

宮沢賢治の父・宮沢政次郎の目を通して、息子をはじめとする家族を描く作品。

第158回、直木三十五賞受賞作。

あらすじ

宮沢賢治の父・宮沢政次郎。

父の代から富裕な質屋であり、長男である賢治は、本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は適当な理由をつけてはそれを拒む。

学校卒業後は、農業や人工宝石、宗教と我が道を行く賢治。

政次郎は厳格な父親であろうと努めるも、賢治のためなら、とつい甘やかしてしまう。

やがて、妹・トシの病気を機に、賢治は筆を執るも、、、。

キャスト

宮沢政次郎役 役所広司

子育てに奮闘する親バカな宮沢政次郎役

宮沢賢治役 菅田将暉

坊主頭でダメ息子の宮沢賢治役

宮沢トシ役 森七菜

父と兄を指南するしっかり者の妹の宮沢トシ役

 

まとめ

今回は、門井慶喜の小説『銀河鉄道の父』が実写映画化されるのでまとめてみました。

第158回、直木三十五賞受賞作で、日本のみならず世界中の“人の心”に生き続ける宮沢賢治。

没後90年となる2023年、不安定で激動の時代に、人の心に生きる力を与えてくれる、映画史に残る作品となっているようです。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。