4月25日にジャニーズ事務所所属の人気グループ・TOKIOのメンバー山口達也さんの書類送検が報じられ、芸能界に激震が走りました。

そして4月26日には緊急で記者会見が行われ、会見の内容なども話題になっています。

今回は、会見の中で山口さんが発言していた「入院」について、どこの病院なのかなど調べてみようと思います!

スポンサードリンク

TOKIO山口達也は入院してた!

TOKIOの山口達也さんの書類送検が報じられ、謝罪会見を開きました。

今年2月、番組で共演した女子高生を自宅に招き、キスをしようとしたなどの行為が、

強制わいせつの疑いになるとして書類送検された山口達也さん。

すでにジャニーズ事務所と被害者女性の間で示談を成立しており、被害届は取り下げられたんだとか。

会見では涙ながらに謝罪し、報道陣の質問に一つ一つ応じました。

突然の報道に誰もが驚いたことでしょう。

謝罪会見での山口さんの姿はいつもより何倍も小さく、弱く見えましたね。

その中で「1月15日くらいから入院してた」という情報がありました。

「アルコール関係で、肝臓などを悪くして」とも話していました。

しかし、かねてから噂されていたアルコール依存症の治療ではなく、

「肝臓の数値が高く、薬を飲んで治療していただけ」

「家にいるよりは入院して、病院から仕事に行ったほうが良いのでは、という事務所の方針」

と肝臓を休ませるために入院だと繰り返し主張しました。

そして退院してきたその日に、事件が起きてしまったそうです。

入院生活で何か色々ストレスが溜まっていたのでしょうか?

どこの病院に入院してたのかが気になりますね。

関連記事はこちら↓

TOKIO山口達也の相手の高校生は誰?Rの法則の女性メンバー金谷鞠杏?

山口達也の会見の震えと汗が異常でやばい!原因は依存症の離脱症状か

山口達也の会見のジャニーズ顧問弁護士は矢田次男!日馬富士も担当?

山口達也謹慎はいつまで?無期限活動休止から復帰までの期間の目安は

病院は久里浜医療センター?

TOKIOの山口達也さんが入院していた病院を調べてみようと思います!

山口さんは1月15日から約1ヶ月間、治療のために入院していたそうです。

では、山口さんがどこの病院に入院していたのか特定していこうと思います。

まず病院がある地域ですが、可能性として考えられるのは以下の3つ。

・東京都(自宅が東京都港区)

・埼玉県(出身地が埼玉県草加市)

・神奈川県(目撃情報あり)

東京では都会で人目も多いしすぐバレそうな気がします。

埼玉も出身地ですがそちら方面に行っている情報はありませんでした。

ということで、ここでは目撃情報があったとされる神奈川県の病院を調べてみます!

入院先の候補に上がっているのが千葉県にある「久里浜医療センター」です。

ネットを調べてみると、こんな声が出てきました。

「山口達也を久里浜の病院で見たって話が数年前にけっこう出回っていた。」

「レギュラー出演しつつDASH海岸もこなしていたとすると、入院先は久里浜病院?」

久里浜医療センターは神奈川県横須賀市にある病院です。

政策医療分野における精神疾患の基幹医療施設で、

1963年7月に国立の医療機関として初のアルコール症専門病棟を設置したことでも有名な場所です。

それだけでなく、2011年7月には国内初となるインターネット依存症のためのネット依存治療部門を外来を設置しています。

この病院での目撃情報もあるようで、ネットではここに入院してたのではないかという噂が出回っているようですね。

病院の基本情報は以下の通りです。

【独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター】

所在地:神奈川県横須賀市野比五5丁目3番1号

開設年月日:1941年6月1日

許可病床数:332床(一般病床:86床、精神病床:246床)

標榜診療科:内科、心療内科、精神科、神経内科、消化器科、リハビリテーション科、放射線科、歯科

現在では4ヶ病棟でアルコール依存症の治療を行っています。

患様の自主性を尊重した治療は「久里浜方式」として全国各地に広がっています。

スポンサードリンク

依存症だったのか?

TOKIOの山口達也さんが入院してた病院が、

神奈川県横須賀市にある久里浜医療センターだったのではないかと言われています。

久里浜医療センターといえば、アルコール依存症などの精神疾患に強いと全国でも有名な病院です。

山口達也さんは依存症だったのでしょうか?

事件当日、1ヶ月の入院から退院してきた当日に焼酎1瓶を開けてしまったという山口さん。

その話を聞いて、誰もが依存症を疑ったことでしょう。

しかしながら、会見では自身が依存症であることを否定しています。

会見の終盤の頃に記者から「今後お酒はお酒はどうされますか?」と尋ねられると、

「今は飲まないと決めています」と答えられました。

この回答にすでに意志の弱さが出ているようにも見えます。

今は?じゃあしばらくしたら飲むの?と感じた人も多いでしょう。

今の時点で依存症だと断定できませんが、今のままだとちょっと危ないですね。

まずはご自身で自分の状態を理解して、向き合っていく姿勢が大事だと思います。

それには専門機関や周囲の支えが必須となってきますので、この謹慎期間でしっかりと治してほしいですね。

久里浜医療センター,写真

まとめ

TOKIOの山口達也さんが入院してた病院について紹介させていただきました。

目撃情報などもあったようで、神奈川県横須賀市の「久里浜医療センター」に入院してたのではないかと言われていました。

そうなると依存症の疑惑も出てきます。

謝罪会見で本人は否定していましたが、退院後に早速飲んでしまう様子などを聞く限りは、危険な状態なのかなと心配してしまいます。

そうなると本人の力だけでの完治は難しく、周囲のサポートが必須になってきます。

この依存症に関しては事件とは切り離して、事務所や家族、仲間が支えてあげてほしいですね。

スポンサードリンク