ディズニーアニメーション「アラジン」が、ガイ・リッチー監督がメガホンを取り実写化します。

エマ・ワトソンの出演で話題となった「美女と野獣」が大ヒットしたことから、当然「アラジン」にも世界中の注目が集まっています。

続々と主要キャストも発表され、賛否はあるものの期待が高まっています。

ウィルスミスがFacebookでキャストの写真を公開されていましたので、世界中が気になる「アラジン」の最新情報について調べてみました!

スポンサードリンク

アラジンが実写化!

ディズニーの大ヒットアニメーション映画「アラジン」が公開されたのは1992年。日本では1993年に公開されました。

それから25年、色あせる事なく今でも世界中に愛されている作品です。

オリジナル版は、ジョン・マスカー監督がメガホンを取り、「アラビアン・ナイト」の物語をもとに作り上げました。

ストーリーは、貧しい青年アラジンがある日不思議のランプを手に入れ、王女ジャスミンを助けるために冒険に挑むストーリーです。

北米では公開された1992年の年間興行収入第1位に輝き、日本では配給収入25億円の大ヒットを記録しました。

アニメーションだけでなく、楽曲も魅力的でアカデミー賞では作曲賞、主題歌賞を受賞しました。

そんな伝説の作品が実写化という事で、期待は高まる一方です。

ディズニーでは実写化に力を入れていて「美女と野獣」と「アラジン」の他にも「ライオンキング」や「リトルマーメイド」など

様々な人気作品の実写化を計画しているそうです!楽しみですね~^^

ウィルスミスがジーニー役に決定!

実写化「アラジン」のランプの魔人ジーニー役にはウィルスミスが決定しました。

オリジナル版は、故ロビン・ウィリアムズさんが声優を務めて大人気のキャラクターとなりました。

日本の吹き替え版は山寺宏一さんが務めました。これも山寺宏一さんにしかできない日本語ジーニーだと思います。

実写化はウィルスミスという事で、この日本語吹き替えにも山寺宏一さんが期待されています。

個人的にもジーニーは山ちゃん以外は嫌なので、是非吹き替え役をお願いします!w

しかし、魔人ジーニーのヴィジュアルをどこまで再現をするのかが気になるところです。

顔は青塗りするのか‥神はちょんまげになるのか‥不安要素は沢山ありますが、今後の情報に注目しましょう!

スポンサードリンク

ウィルスミスがFacebookで写真公開!

9月6日に、ハリウッドスターのウィルスミスがFacebookである写真を公開して反響を呼びました。

それは、実写映画「アラジン」の主要キャストとの写真です^^

アラジン役は、2,000人以上の候補者の中から抜擢されたミーナ・マスード(写真右)です。髪型もストレートにして気合いバッチリです。

ジャスミン役はナオミ・スコット(写真中央)で、悪役のジャファー役はマーワン・ケンザリ(写真後ろ)です。

撮影直前まで、主要キャスト選びが難航していたことで心配でしたが‥とても楽しそうな現場です^^

ウィルスミスは写真「アラジンの撮影を始めたよ!新しい家族を紹介しよう。」撮影の様子を伝えました。

ウィルスミスがFacebookに公開した写真はこちら↓↓

ウィルスミス,写真

公開が楽しみです!

まとめ

ディズニーの実写化映画「アラジン」の最新情報を紹介させていただきました。

また、ジーニー役ウィルスミスがFacebookで公開したアラジン主要キャストの写真も調べてみました!

衣装などは着ていない写真なので、まだまだ想像はつきませんが、和気あいあいの雰囲気が伝わってきます。

私もディズニー作品の中では「アラジン」が一番好きなのでとっても楽しみです♪

スポンサードリンク