2月7日、フジテレビ系トークバラエティ番組「ウチくる!?」が

3月末で終了することが分かりました。

今回は人気番組「ウチくる」の打ち切り理由について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

「ウチくる」が打ち切り

フジテレビの長寿番組「ウチくる!?」の終了が発表されました。

「ウチくる」は、1999年4月4日放送開始のフジテレビ系トークバラエティ番組です。

番組冒頭はゲストの有名人の地元(ウチ)で待ち合わせをし、

ゲストの生まれ育った思い出深い町を練り歩くスタジオ撮り無しのオールロケ形式です。

ゲストの過去のお宝映像を振り返ったりゲストゆかりの家族や知人なども登場します。

普段見ることの出来ないゲストの素の表情を見ることが出来る番組で、

長年お茶の間で愛されてきました。

現在のMCは中山秀征さん(50歳)と中川翔子さん(32歳)です。

女性MCは中川翔子さんで6人目となります。

過去の女性MCは以下の通りです。

・スージー・カン

・こずえ鈴

・金子さやか

・飯島愛

・久保純子

終了理由は視聴率低下?

「ウチくる」の放送終了が発表されました。

フジテレビは「めちゃイケ」や「みなおか」など、

長寿番組の打ち切りが相次いで発表されていますね。

「ウチくる」の打ち切りの理由は何だったのでしょうか?

現在の社長は、改革のために長寿番組も容赦なく打ち切りにするという方針のようです。

今でこそ、芸能人がプライベートや家族話を披露する番組は多いですが、

放送開始当時「ウチくる」のような芸能人のプライベートが

垣間見える番組は少なく、企画の新しさから一躍人気番組となりました。

また、この「ウチくる」の枠は1976年から渡辺プロダクションが制作し、

現在は芸能プロ部門として分社化したワタナベエンターテインメントが引き継いでいる伝統の「事務所枠」です。

40年以上続くフジテレビとナベプロとの密接な関係が作り上げた長寿番組ですので、

関係者の間でも「ナベプロ枠なら打ち切りはないだろう」と言われてきました。

しかしながら、近年は視聴率が3%台が続き救いようのない状態が続いていました。

そして、フジテレビは2017年7月に新社長・宮内正喜氏が就任しました。

「コストカッター」と呼ばれる宮内氏は長寿番組でも関係なく、

局にとってマイナスとなる番組は容赦なく打ち切りにする方針です。

長年放送されてきた「ウチくる」が打ち切りとなった理由は、

ズバリ視聴率の低下で、新社長がフジテレビ改革のために打ち切りの決断をしたようです。

スポンサードリンク

中川翔子の好感度が低いから?

「ウチくる」の打ち切りが決まり、驚きの声が上がっています。

20年近く続いてきた長寿番組も、視聴率の低下により、

打ち切りが決まってしまったようです。

また、ネットでは視聴率の低下理由について、

MCの中川翔子さんの好感度が低いことが上げられているようです。

中川翔子さんは「にわかオタクぶり」や、ペットの扱い方などから

ネットでは「炎上クイーン」「嫌われ者」のイメージが定着しています。

「ウチくる」のMC就任時も、ネットからはブーイングが上がっていました。

MCの好感度が低いというのは、けっこう致命的ですね^^;

元々は飯島愛さんや久保純子さんなど大人の女性がゲストを立てて進行をするものでしたが、

中川翔子さんはゲストを引き立てるといったポジションにはあまり向いていなかったのかもしれません。

打ち切りが中川翔子さんのせいというわけではありませんが、

終了理由となった視聴率低下には、MCの好感度は多少なりとも影響していると思います。

「ウチくる」終了後も「ナベプロ枠」は継続となるのか、後番組に注目したいですね!

中川翔子,写真

まとめ

「ウチくる」の打ち切り理由について紹介させていただきました。

視聴率の低下を理由に、昨年就任したフジテレビの新社長が

打ち切りの判断を下したようです。

ネットではMCの中川翔子さんの好感度が低いことも原因だと言われていますが、

裏番組の人気など様々な原因があるのでしょう。

3月まで限られた放送となりますが、残りの放送を楽しみたいと思います!

スポンサードリンク