アメリカのトランプ大統領はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に復帰する意向であることが分かりました。

大統領就任後間もなく離脱を表明したTPP。

なぜ今更復帰するのかと疑問の声が上がっています。

今回は、アメリカがTPPに復帰する理由や世間の反応についてまとめみようと思います!

スポンサードリンク

アメリカがTPPに復帰

4月12日、アメリカのトランプ大統領はホワイトハウスで開催した知事や議員らとの会合でTPP復帰を指示しました。

トランプ大統領は就任後すぐにTPP離脱を表明しており、復帰には驚きの声が上がっています。

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表や国家経済会議のクドロー委員長らには、

有利な条件を引き出せるなら復帰の可能性を探るよう指示しているようです。

TPPをめぐっては、今年1月トランプ大統領は「再交渉を通して協定を見直す」という条件で、復帰の可能性に言及していました。

今回のTPP復帰についての話は「会合に出席した議員の話」として伝えられたもので、

ホワイトハウスや通商代表部から正式な発表ではありません。

おそらく、来週開かれる日米首脳会談で議論のテーマに上ると言われています。

ただ、アメリカにはTPP反対派も多く、当初の公約と変わったことで支持率の低下が危惧されています。

12日には、ホワイトハウスのウォルターズ副報道官は声明を出しました。

トランプ大統領はライトハイザー通商代表と国家経済会議のクドロー委員長に、TPPがよりよい協定になるよう交渉できるかどうか検討するよう求めた

あくまでも復帰が決定したわけでなく「再交渉によって協定を見直すという条件で復帰の可能性も探る」

として、これまでの方針に変わりはないという考えをアピールしました。

アメリカの離脱で一時は空中分解寸前だったTPP。

安倍首相がカナダの離脱などを必死に繋ぎ止めたと言われています。

今回アメリカも復帰すれば、トランプ大統領は中心メンバーである安倍首相を頼るのは目に見えています。

そうなれば、日米間の交渉はしやすくなるので、日本経済にとってはいい結果を生み出す可能性がありそうです。

なぜ今更?理由は中国への対抗か

トランプ大統領がアメリカのTPP復帰を検討していることが分かり、

「なぜ今更なのか?」

と復帰の理由を気にする声が多く上がっています。

世界の経済に詳しい専門家の声を見ていると、TPP復帰の理由は「中国への対抗」にあるという見方が多く出ています。

トランプ政権のデービッド・マルパス財務次官(国際問題担当)は、

「この1年間の中国の略奪的な経済活動の拡大とアメリカ経済の好転」を理由としてあげています。

トランプ大統領は、ダボス演説でTPPに触れる直前に中国のことを「不公正な貿易の慣行」「知的財産の大規模な盗用」などと非難していました。

TPPは元々、自由貿易を目指す各国が中国に対抗するために考えた構想でした。

トランプ政権も、米中間の貿易摩擦への懸念が高まり、中国への対抗策としてTPP復帰に可能性を見出しているのだと考えられます。

TPP復帰をしないと中国の脅威を抑えられないところまで来てしまったのでしょうか。

トランプ大統領は、就任後から最も得意なはずの経済面ではなかなか結果を出せないでいます。

これまでと違う動きをするのにはそういった焦りもあるのではないかと考えられます。

いずれにせよ、日本としてはアメリカにもしっかりと交渉をして優位な立場で進めていって惜しいですね。

スポンサードリンク

トランプ大統領が勝手すぎる?

トランプ大統領が、アメリカがTPP復帰を示唆しているということで話題になっています。

理由には中国への対抗だという考えがあるようです。

世間の反応を見てみると「復帰するなら最初から離脱しなければよかったのに」という声が多く上がっていました。

・勝手すぎるのぼせ上がってる。日米安保も修正した方が良いのでは?

・トランプ好き勝手やなぁ

・勝手に離脱しといて、有利に参加しようとするのは虫が良すぎないか

・なぜ復帰する気なんやろ、トランプさん勝手やな~

世界に関わる重大な事項を「辞めた」「復帰」と簡単に決めているようにも見えているようで、

トランプ大統領を「勝手すぎる」と思う人が多いようです。

いざ交渉が始めれば強気に出てくるでしょうし、日本への影響も怖いところ。

また、意向が変わって「復帰しない」なんて言い始める可能性もゼロではありません。

トランプ大統領の今後の発言に注目したいと思います。

トランプ大統領,写真

まとめ

アメリカが昨年離脱したTPPに復帰する考えがあるということで、その理由を調べてみました。

専門家によると理由は「中国への対抗」というのが一番大きいようです。

世間からは「勝手すぎる」という声も上がっています。

今後の動向が気になりますね。

スポンサードリンク