平昌オリンピックで注目を集めている競技がカーリングです。

今回の日本代表はイケメン・美女揃いなこともあり、試合の視聴率もいいようです。

また試合中の「おやつタイム」も話題となり、選手が何を食べているのか気になる人が続出しています。

今回は、カーリング男子日本代表が食べていたおやつを調べてみました!

スポンサードリンク

カーリングのおやつタイムが話題!

平昌オリンピックのカーリング競技で「おやつタイム」が話題になっています。

今回、カーリングは男女揃ってのオリンピック出場ということで注目が集まっていました。

選手もイケメン・美女揃いで以前のオリンピックよりも競技への関心が高まっています。

そんな中、ネットで一番大きく取り上げられているのが競技中の「おやつタイム」です。

カーリングが「氷上のチェス」とも呼ばれているのはよく知られていると思います。

相手の作戦をいかに読むかの頭脳戦で、試合時間も長く、

見た目以上に選手たちの心身の消耗は激しい競技です。

そのため、5エンドの終わりにハーフタイムが設定されています。

この時、選手たちは水分や糖分を補給して体力を回復しつつ、作戦を話し合います。

この光景がネットでは「おやつタイム」と言われて注目されているのです。

後半では日本代表の選手がおやつタイムで何を食べていたのか調べていこうと思います!

男子日本代表がおやつタイムに食べていたのは?

平昌オリンピックで「おやつタイム」が話題となっているカーリング競技。

今回は男子日本代表に絞って、おやつを調べていこうと思います。

女子日本代表の選手は、北海道の「赤いサイロ」というチーズケーキを食べていました。

関連記事はこちら→【平昌】カーリング女子がおやつタイムに食べた赤いサイロの購入方法

一方、男子日本代表(SC軽井沢クラブ)の選手は、ゼリー飲料を飲んでいるのが目立ちます。

商品はJOCのオフィシャルパートナーである味の素の提供の「アミノバイタル」です。

ゼリー飲料は手早くエネルギーを摂取できますし、味の素の宣伝にもなりますね。

しかし、これには「面白くない」といった声が多く上がっています。

おやつタイムは選手の素の部分も見れるところですし、商業的な商品は持ち込まないでほしいですよね〜(勝手)

そんな中、キャプテン両角友佑選手の弟でリードの公佑選手がアミノバイタルではない何かを口にしていました。

消しゴム大の怪しい物体‥気になる!!

調べてみると、このおやつは老舗の和菓子メーカー「とらや」の羊羹のようです。

今回、選手村には食べやすい一口サイズの羊羹が常備されているそうです^^

羊羹は糖分を手軽に摂取できるもので意外にも補給食にピッタリ。

「とらや」の羊羹は、はちみつ、紅茶、新緑(抹茶味)など様々な味がありますが、

両角公佑選手が食べていたのはベーシックな味だと言われています。

現在は両角選手効果でこの羊羹は品薄となっているそうですが、

後半では購入方法を紹介させていただきます^^

スポンサードリンク

とらやの羊羹の購入方法!

カーリング男子日本代表の選手がおやつタイムに食べていた商品が、

「とらや」の羊羹だと分かりました。

購入方法はオンラインでの購入が可能のようです。

現在品薄状態のようですので、気になった方はお早めにお買い求め下さい^^

購入サイトはこちら↓(画像クリックで楽天サイトでジャンプします)

まとめ

平昌オリンピックでカーリング男子日本代表の選手がおやつタイムに食べていた商品を紹介させていただきました。

両角公佑選手が食べてたものが「とらや」の羊羹だと分かりました。

購入方法についてはオンラインでの購入が可能ですので、

気になった方はぜひ上記サイトからチェックしてみて下さいね♪

スポンサードリンク