2019年5月1日以降に行われる「新天皇即位」に関する一連の儀式について、

天皇陛下は出席されないお気持ちであることが分かりました。

2019年4月30日に退位を予定している天皇陛下ですが、天皇即位の儀式を欠席するのには何かお考えがあるのでしょうか?

今回は、天皇陛下が新天皇即位の儀式を欠席する理由について調べてみました!

スポンサーリンク

天皇陛下が即位の儀式不参加を表明

天皇陛下が、来年行われる新天皇の即位に関する一連の儀式を欠席する意向であることが分かりました。

陛下は、2019年4月30日に退位すると「上皇」という役目になり基本的に公務はしない立場となります。

現在の天皇陛下が退位後、5月1日以降には新天皇の即位に関する一連の儀式が順番に執り行われます。

この一連の儀式について、天皇陛下にも出席しない考えを持たれているという。

政府は今年の秋を目処に、首相をトップとする「式典委員会」を設置する予定です。

宮内庁もこれに合わせて、一連の儀式の詳細を決める方針です。

参加しない理由は何?

天皇陛下が来年行われる新天皇即位の儀式を欠席するご意向のようです。

宮内庁からは「参加しない意向」のみが発表され詳しい理由などについては明かされていません。

儀式に参加しない理由は何なのでしょうか?

陛下の体調が悪いのかなど、心配する声が上がっていますが、、

もしかしたら新天皇となる皇太子さまに気を遣われているのかもしれませんね。

天皇を生前退位するのも「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」という考えがあり、

高齢のために公務がこなせなかったり、間違えてしまうことが多くなったという周りへの気遣いからくるものでした。

今までの天皇の中でも群を抜いて人への気遣いがあるお方です。

天皇即位の儀式に欠席する理由も何かしら周りへ気を遣った結果なのではないかと予想されています。

世間からも「陛下が気を遣ったのでは」といった声が上がっています。

真面目なお方ですから、もしかしたら何かしらのタイミングで欠席について言及されるかもしれませんね。

スポンサーリンク

安倍総理が嫌いだから?

天皇陛下が新天皇即位の儀式に参加しない意向を発表され、

不参加の理由に注目が集まっています。

陛下のお人柄などから、世間からは「気を遣ったのでは」といった声もある一方で、

「安倍総理が嫌いだから?」という意見も出て来ています。

なぜこのような意見が出ているのかというと、安倍総理の言動などが以前から「天皇を軽くみてる」と言われているからです。

例えば天皇の譲位についても、安倍内閣は「退位」と発表しています。

(このサイトでも一般的に退位という言葉が多く使われているため退位で表現しています)

しかし、天皇としては「譲位」と公式に発言しているのです。

こういった表現や過去の言動などから

「天皇陛下は安倍総理を嫌っているだろう」

という噂になっているのです。

もちろん天皇陛下が言っていることでもなく、あくまで噂なのですが^^;

”安倍総理嫌い”が今回の即位の儀式の不参加にもつながっているのと見ている方もいるようです。

個人的にはこの説はただの噂っぽいな〜と思いますw

安倍総理が嫌いな方々の偏見というか、決めつけのような感じですね。

天皇陛下も人間ですから”好き嫌い”はあるでしょう。

しかしながら、それを天皇としての活動に持ち込むような方ではないと考えます。

天皇,写真

まとめ

天皇陛下が2019年に行われる新天皇即位の儀式に参加しない理由を調べてみました。

宮内庁からも詳しい理由などは明かされておらず、真意は不明ですが、

世間からは「天皇陛下なりの気遣い」「安倍総理が嫌いだから」などの声が上がっていました。

何か深刻な理由があるのか、気になりますね。

スポンサーリンク