ここ最近、連日にわたりニュースで「太陽フレア」について取り上げられています。

人体への影響や通信障害など心配な事だらけです。飛行機が墜落するのではないかという意見もあります。

太陽フレアとはそもそも何なのか、気になる直撃の日付や影響などについて調べてみました!

スポンサードリンク

太陽フレアの直撃は9月8日?

太陽フレアが2017年9月8日の15:00から0:00にかけて地球に直撃することが予測されました。

太陽フレアとは、一言でいうと太陽の表面で起こる爆発現象のことです。別名「太陽面爆発」といいます。

太陽フレア自体は珍しいものではなく、小規模なものであれば1日に3回程度起きているそうです。

この時の爆発により発生したガスにより、放射線や電磁波が地球に到達します。

このガスはコロナガスといいます。なんとなく学生の時の理科で聞いたことがあると思います。

ただ大規模なものはあまりなく、今回は観測史上過去11年ぶりの大規模な太陽フレアです。

NASAによると、2012年7月に巨大な太陽フレアが地球をかすめたことがあったそうです。

その次の10年間に同じ程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると予想を発表していました。

今年はこの低い確率にあたってしまったようですね~

NASAは9月8日に大規模な太陽フレアが発生し、GPSや電波通信に大きな影響が出る可能性があることを「緊急警告」しました。

それでは、この太陽フレアの直撃によってどんな影響があるのでしょうか?

太陽フレアで飛行機墜落?

太陽フレアで飛行機が墜落する!という噂がありましたので検証してみました。

コロナガスの電磁波により飛行機の操縦が上手くいかなくなり墜落するとの予想が出ています。

まず、飛行機は金属で出来ています。この金属は特殊なもので電磁波に強いので墜落の可能性は低いと言えます。

ただ、NASAの発表では、GPSや電波通信に障害が出るとのことですので飛行機のGPSや通信については不安が残ります。

電磁波と通さないとはいえ、何らかの影響は考えられます。墜落とまではいかないとは思いますが‥心配ですね。

スポンサードリンク

人体への影響や通信障害は?

太陽フレアによる人体への影響や通信障害について調べてみました!

まず、人体への影響です。結果をお伝えすると‥影響なしです。

太陽フレアが発表されてから、頭が痛いなどという方も出てきていますが、原因は他の事だと思われますw

とりあえずは、人体への影響はないということでホットしました。

次に、不安が残る通信障害です。

こちらはGPSや電波通信に障害が出る可能性があることをNASAも発表しています。

具体的に申し上げますと、スマートフォンやカーナビゲーションのGPSに誤差が生じたりすることが考えられます。

目的地や現在地が急にずれてしまったりするかもしれません。

深刻な場合は、停電なども考えられます。もしかしすると長時間に及ぶかもしれません。

人体への影響はないにしろ、電気で全てが動いているようなこの時代ですから、生活への影響が心配です。

9月8日は家事などは早めに切り上げておきましょう!

太陽フレア,写真

まとめ

9月8の太陽フレア直撃で予想される飛行機墜落や人体への影響、通信障害について紹介させていただきました。

人体への直接的な影響はないものの、通信障害の可能性があるということで生活障害が出るかもしれません。

最悪の場合はライフラインが止まってしまったり、鉄道関係のストップも考えられます。

ご家族と早めに話し合って、連絡が取れなかった時の行動を決めておくとよいでしょう^^

スポンサードリンク