2月6日、台湾東部で大規模な地震が発生しました。

この地震により、台湾に自宅がある卓球選手の福原愛さんは大丈夫なのかとの声が集まっています。

今回は、福原愛さんの自宅の地域の震度などから愛ちゃんが大丈夫なのかどうかを調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

台湾で地震発生

2月6日午後11時50分頃(日本時間7日午前0時50分)台湾東部で大規模な地震がありました。

震源地は台湾東部の沿岸から20キロの観光地としても人気がある花蓮市の辺りです。

花蓮市では、半壊したホテルや住宅から約150人が救助されました。

街中では、建物が傾いたり、がれきが散らばっている状態で、道路の損壊も起きているそうです。

市内の10階建のマーシャル・ホテル(統師大飯店)では、地下と1階部分が完全に崩れており、

ホテル従業員の1人が救助されたものの、依然として2人が建物内に閉じ込められているようです。

この他の地震による影響としては、約4万軒で水道が止まり、高速道路や橋が通行止めとなっています。

約800人が地域の公民館に避難し、市内の企業や学校は、閉鎖されている状況であります。

現在も大きな余震が続いており、救助活動は困難を極めています。

台湾はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの接点に近く、日本同様地震が多発する地帯です。

6日は、台湾南部で117人が犠牲となったM6.4の地震からちょうど2年目の日に当たっていました。

日本からの観光客も多い地域で安否確認が続いています。

福原愛は大丈夫?

台湾で大規模な地震が発生し、卓球選手の福原愛さんの安否を心配する声が多くあがっています。

福原愛さんは2016年に台湾の卓球選手・江宏傑さん(こう・こうけつ)と結婚し、

台湾に新居を購入しています。

一軒家から高級マンションへと移り、

現在は4階建ての豪邸に住んでいると言われています。

結婚後も福原さんは、台湾と日本を往復する生活を送っていましたが、

2017年10月13日にお子様を出産してからは台湾に子育てを行っています。

そんな福原愛さんが、TwitterなどのSNSの更新が

台湾地震後パッタリと途絶えており「愛ちゃん、大丈夫」といった声が多く上がっています。

SNSを更新しない理由が被災してしまっているのか、

地震を受けて自粛しているのか分からないため、安否を心配する声が集まっているようです。

後半では、福原愛さんの自宅と震源地の距離や震度を調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

自宅の台南市は震源地から遠い?震度は?

福原愛さんの台湾地震での安否を心配する声が多くあがっています。

SNSも更新しておらず、とても心配ですので、

被災の可能性について調べていきたいと思います。

福原愛さんの自宅は台南市(臺南市)の永康という場所にあります。

2016年2月6日にM6.4 が発生しているのはこの辺りです。

では、今回の震源地との距離間はどのくらいなのでしょうか?

地図で確認してみましょう。

赤丸で囲ってある辺りが、今回の震源地である台湾東部の花蓮市です。

青丸で囲ってある辺りが、福原愛さんの自宅がある台南市です。

今回の地震での台南市の震度は、震度2程度と言われています。

ご覧の通り震源地からはかなり離れていますので、自宅にいたとしたら被害は受けていないでしょう。

ただ、何らかの事情で花蓮市の近くへ行っている可能性もありますので、

安否情報が入るまでは100%大丈夫とは言えません。

福原愛さん、ご主人、お子様の無事を祈るばかりです。

地図,写真

まとめ

卓球選手の福原愛さんが台湾地震で被災したのかどうかを調べてみました。

自宅と震源地は距離が離れているため、被災の可能性は低いとのことで安心しました。

ただ、まだ本人に安否確認が取れていませんので無事を祈るばかりです。

そして、まだ救出されていない被災者の方々がいち早く救出される事を祈ります。

スポンサードリンク