4月14日(現地時間13日)アメリカのトランプ大統領がホワイトハウスで演説し、

シリアのアサド政権による化学兵器使用への報復として、化学兵器関連施設への攻撃を実施したと発表しました。

米軍はイギリス・フランス両軍と共同で攻撃しました。

トランプ政権による化学兵器使用に絡むシリアへの攻撃は昨年4月に続き2回目となりますが、日本ではあまり報道されていません。

今回は、シリア攻撃があまり報道されていないことについて世間の反応をまとめてみました!

スポンサードリンク

アメリカがシリア攻撃

アメリカのトランプ大統領が、現地時間13日午後9時のテレビ演説で、

内戦が続くシリアにてアサド政権が化学兵器を使用したことを断定し、

その報復としてイギリス・フランスと共同で化学兵器関連施設への攻撃を実施したと発表しました。

地中海東部に展開する米駆逐艦(トマホーク)などからミサイルを発射したとみられています。

トランプ政権が今回軍事行動に踏み切ったのは、

4月7日、シリアの首都ダマスカス近郊東グータ地区の町ドゥーマで、化学兵器を使用したとみられる攻撃があったため。

この時トランプ大統領は、「人間の仕業ではなく、モンスターの犯罪だ」と激しく批判しています。

今回の攻撃の狙いについて「化学兵器の使用抑止を強く確立するためだ」と説明しました。

国防総省によると標的は以下の3カ所です。

・首都ダマスカス近郊の化学生物兵器に関する研究や開発、製造、試験を担う施設

・主にサリンが保管されているとみられる中部ホムス西郊の化学兵器貯蔵施設

・ホムスにある化学兵器の装備貯蔵施設と、重要な戦略指揮所が含まれた施設

攻撃当初、シリア軍から反撃があったそうですが、米・英仏・側に死者などは出ていないとのこと。

トランプ政権による化学兵器使用に絡むシリアへの攻撃はこれで2回目。

アサド政権は後ろ盾になっているのはロシアとイランです。

ロシアが反発し、アメリカ・ロシアの緊張が高まるのは間違い無いでしょう。

世界では、シリア攻撃が”世界第三次大戦”の始まりになるのでは無いかと言われるほど深刻な事態として報道されています。

報道はモリカケ問題ばかりで危機感なし?

アメリカがシリアを攻撃したことで、各国に緊張が走っています。

現在世界中でこのニュースが報道されていますが、日本はサラッと触れる程度。

昨年から引っ張り続けている「モリカケ問題」の方が大きく取り上げられています。

世界を揺るがす事態が起きているのに‥これはさすがに緊張感が無いと思います。

ネットを見てみると、1回目の攻撃すら知らなかったという人が多かったのです。

昨年の攻撃の時も報道はされていましたが、印象に残らないほどの報道の仕方だったということですね^^;

これには危機感を感じた人も多いようです。

・モリカケレベルの論議を国会でやってる場合ではない

・シリアで戦争に発展するかもしれないのに、日本は今日もモリカケ

・もう「モリカケ問題」はどうでもいい!米英仏による「シリアへの軍事攻撃」の方が重大ニュースだろ

・世界情勢よりそんなにモリカケが大事?

中には”シリアへの軍事作戦なんか日本は蚊帳の外でしょ”という声もありましたが、

戦争の可能性もゼロでは無い事態なので、モリカケや大谷選手のニュースばかりやっている場合では無いのです。

スポンサードリンク

日本は平和ボケ?

アメリカのシリア攻撃が起こったのにも関わらず、

日本では「モリカケ」「大谷翔平選手」の報道ばかりということで危機感がなさすぎると話題になっています。

Twitterを見ても検索上位ワードは「サクラ大戦」「セガフェス」などでしたw

この日本の報道や国民の危機感の無さに、平和ボケしているのではないかという意見も出ています。

・内戦から事実上戦争に発展したシリアよりサクラ大戦がトレンド上位な日本は世界から平和ボケ

・もう本当に日本は平和ボケすぎる

・日本はぬるま湯に浸かりすぎて、平和ボケしすぎている

・これさ、平和ボケしてられなくない?

平和であることはとてもいいことですが、国会も本当に議論すべきことを見極めてほしいですね。

シリア,写真

まとめ

アメリカがシリアを攻撃したことについて、世間の反応をまとめてみました。

日本では報道はあったものの、取り上げ方が小さく「危機感がない」「平和ボケしてる」といった声が上がっています。

確かに「シリア攻撃」と「モリカケ問題」どちらが重要なのかなんて愚問ですよね。

国会でも、もう少し「いま議論すべきこと」を話し合ってほしいです^^;

スポンサードリンク