8月26日、今月10日より北朝鮮で拘束されていた日本人男性の解放が報じられました。

詳細はまだ明らかになっていないとのことで、日本政府が調査を進めています。

今回は、北朝鮮で拘束されていた日本人は誰なのか、拘束理由や訪朝の目的、また世間の反応について調べてみました!

スポンサーリンク

北朝鮮で拘束の日本人が解放される

8月26日夜、北朝鮮メディアは拘束していた日本人男性について最新情報を報じました。

「観光客として、最近、北朝鮮を訪れた日本人が罪を犯して摘発され、調査を受けた。人道主義の原則に基づいて追放することを決めた」

と、朝鮮中央通信が報じました。

報道によると、男性は、中国にあるイギリス系の旅行会社のツアーに参加。
北朝鮮西部の南浦(ナムポ)を訪れた際に軍事施設などを撮影した疑いで、8月10日拘束されていました。

現在、男性の健康状態などは明らかにされておらず、解放の詳細はまだ明らかになっていません。
日本政府は確認を急いでいる状態です。

無事に解放されて良かったです…
帰国後は会見などが開かれるのでしょうか?
国中を騒がせた事件ですから、今後の対応に注目したいですね。

拘束されていた日本人の名前は杉本智之(スギモトトモユキ)

北朝鮮で拘束されていた日本人男性が解放されました。

報道では、この日本人の名前について、「スギモト・トモユキ」と伝えられています。
滋賀県出身の39歳の映像クリエーターの男性と見られているそうです。

当初、男性の職業については「自称映像クリエーター」と報道されていたため、ネットでは「YouTuberではないか?」と話題になっていました。

調べてみると、音楽や映像クリエーターとして活躍されている方でした。

現在わかっている情報は以下の通りです。

名前:杉本智之(スギモト・トモユキ)

生年月日:1979年2月14日

出身地:滋賀県

居住地:東京都

出身校などの学歴や家族については不明です。
ご本人のSNSを見る限りは独身のような感じですね…

ちなみに、ご実家は滋賀県にある居酒屋を経営されているようです。
昔は弁当屋を営んでいたんだとか。

ご本人のTwitterはこちらです→スギモトトモユキ

拘束理由や訪朝目的は?

杉本智之さんが北朝鮮で拘束された理由や訪朝の目的は何だったのでしょうか?

報道によると、杉本さんは過去に何度か訪朝した経験があるようです。
今回拘束された理由は、軍事施設を撮影したことでスパイ行為の容疑をかけられたと見られています。

杉本さんは、北朝鮮西部の海軍造船所などがある軍港・南浦(ナムポ)で複数人で行動中、軍事施設を撮影しようとしたところ、北朝鮮当局に拘束されたとのことです。

訪朝の目的は、映像クリエーターの仕事によるものなのでしょうか?
調べてみると、SNSに北朝鮮へ行くことを匂わす文章はありませんでしたので仕事ではなく観光目的での訪朝のようです。
ということは”インスタ映え”のような気持ちで軍事施設を撮影したのかもしれませんね…

北朝鮮は、国外に自国の情報が漏れることを必要以上に嫌っており、こうした撮影にも厳しいことで知られています。

観光気分で訪れていて、危険な国であることを忘れてしまったのでしょうか?
今後も北朝鮮へ行く方については十分に注意をしていただきたいものです。

スポンサーリンク

安易な行動が迷惑だと話題に

北朝鮮で拘束されたクリエーターの杉本智之さん。

観光目的で訪朝して、写真を撮っていたところをスパイ容疑で拘束されてしまいました。
本人はスパイ行為をするつもりは当然なかったのでしょうが、国際問題にも発展しかねない問題となりました。

このような杉本さんの一連の事件について、世間の反応を見てみましょう。

個人が北朝鮮へ行くことのリスクを考えられていない、迷惑だ、との声が非常に多いです。
確かに、韓国や中国へ旅行に行くのとは訳が違いますからね…

実際に、今回杉本さん1人の行動でここまで国が動いています。
無事に解放されたのは何よりですが、危険な行動を取ってしまったことについては考える必要がありそうです。

個人の訪朝についてもより一層厳重に取り締まるべきなのかもしれません。

杉本さん,写真

まとめ

北朝鮮で拘束されていた杉本智之さんについてまとめてみました。

訪朝の目的は観光のためだそうで、拘束された理由は軍事施設を撮影したことによるスパイ容疑とのことでした。

本人に悪意はなかったと見られていますが、国際問題にも発展しかねないこの問題には「迷惑だ」と批判的な声が寄せられています。
確かに「撮影してはいけないと知らなかった」では済まされない行動です。

個人の軽はずみな行動で、日本と北朝鮮の関係が悪化する可能性があったのは事実です。
今後も訪朝する方には、北朝鮮が危険な国だという自覚を持って行動してもらいたいですね。

スポンサーリンク