6月13日の参院本会議で「18歳成人」の改正民法が可決となりました。

世間の反応を見てみると「成人式はどうなるの?」と疑問を持つ方が多いようです。

今回は「18歳成人」の改正民法成立により成人式はどうなるのか調べてみました。

スポンサードリンク

18歳成人改正民法成立

6月13日午前、参院本会議で寄ろうなどの賛成多数により、

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が可決、成立しました。

施行は2022年4月1日となります。

成人年齢の変更は1876年(明治9年)以来、なんと146年ぶりです。

狙いは少子高齢化の進展を踏まえ、若者の自立を促して、社会の活性化につなげることとされています。

これまで20歳で成人とされていた「大人」の定義が変わるため、

私たちの生活にも大きな影響を及ぼしそうです。

飲酒や喫煙などは健康面への配慮からこれまで通り「20歳未満禁止」を維持する見通しです。

提訴などの司法手続きは、18歳から自分の意思で行えるようになり、

資格や免許などに関する法律も影響を受けることとなります。

法施行後は医師、公認会計士、司法書士などにも18歳で就けることに。

ただ、大学卒業などの要件や試験ごとの制限もあるので、影響は限定的とみられます。

成人式はどうなる?

「18歳成人」の改正民法が可決となり、大きな話題となっています。

世間の反応を調べていて、一番多かったのは

「成人式」に関することでした。

・子供2022年で19歳なんだけど成人式ってどうなるの?

・18歳なんて受験やらなんやらで成人式どころじゃないかもw

・私の成人式なくなるの?

・うちの市成人式どうなるのよ?

と、自分の成人式や子供の成人式がどうなるのか不安に思う方が続出しています。

成人式は通常「前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人」を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着しています。

時期は1月の成人の日に開催される地区がほとんど。

これが18歳成人での開催となると、ちょうど大学受験前のシーズンです。

出席率はかなり下がることが予想されます。

また、18歳での成人式開催となれば、

2022年の18歳、19歳、20歳の扱いはどうなるのかなどの課題も出てきます。

一生に一度の晴れ舞台である成人式も、開催方法が変わってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

2022年は3学年同時開催?

「18歳成人」の改正民法が可決となり、

「成人式はどうなるの?」との声が多く上がっています。

18歳での開催となると、

2022年で18歳、19歳、20歳となった方はどうなるのでしょうか?

ネットで出ていた意見は「3学年同時開催」です。

ただ、そうなると会場のキャパにも問題が出てくるでしょうし、

全ての自治体がこの方法で開催できるとは限りません。

私も気になり、自分の住んでいる市役所の担当部署へ電話してみると回答は、

「今日法案が可決したニュースが出たばかりなので対応はまだ決まっていません」

とのことでした。そりゃそうか^^;

これからそれぞれの地方自治体で対応が決められるようですが、

近年は振袖の予約などは何年も前から用意する方も多いので

できるだけ早く対応をしてほしいですね。

成人式,写真

まとめ

「18歳成人」の改正民法が可決され、

成人式がどうなるのかについて調べてみました。

2022年施行ということで、その年に18歳〜20歳になる若者や、

子供を持つ親御さんはとても気になることだと思います。

今のところ地方自治体も対応を検討中とのことですので、それぞれ地方で差も出てくるかもしれません。

私の住んでいる市の担当者によると「市のホームページをチェックしておいてください」

とのことでしたので、対応はまだまだ先になりそうです。

スポンサードリンク