芸能

佐藤仁美が嫌いな後輩女優Sは誰?ドラマ共演者は沢尻エリカかサトエリか!

佐藤仁美の嫌いな女優,快傑えみちゃんねるの画像

2018年5月18日放送のカンテレ「快傑えみちゃんねる」で、女優の佐藤仁美さんが嫌いな女優を暴露されました。

この番組以外でも、同一人物であろう年下女優の生意気なエピソードが語られ「誰のこと?」と話題になっています。

今回は、佐藤仁美さんの嫌いな女優を調べてみました!

快傑えみちゃんねるで佐藤仁美が嫌いな女優を暴露!

2018年5月18日放送の「快傑えみちゃんねる」で女優の佐藤仁美さんが暴露した嫌いな女優を、エピソードとともに特定していきたいと思います。

「えみちゃんねる」で佐藤仁美さんは”イラっとする同業者”を聞かれると、

「撮影中に勝手に帰っちゃう女優さん」

と回答しました。

佐藤仁美の嫌いな女優,快傑えみちゃんねるの画像

続けて佐藤仁美さんはこんなエピソードを披露しました。

かなり遠方の山奥のロケがあり、その日に撮影を行わないといけない状況にも関わらず、自分より年下の女優が台本を見るなり「これケガしたらどうすんの~?」と帰ってしまったことがあった。

ベテランで現場の大切さを良く分かっている佐藤仁美さんは「何様だよって時はありました」とお怒りのようでした。

年下女優は当時「なんか、帰っていいって言われたんで」と言って帰ってしまったそうなのですが、後日実は勝手に帰ってしまったという事実が分かったそうです。

山奥のロケでスケジュールがタイトなことを考えると、ドラマや映画の撮影だったのでしょう。

そんなワガママな女優さんは干されてしまいそうですが…

佐藤さんは軽く舌打ちすると「それがね、たま〜にCM出てるんですよ」とその女優さんがメディアに出ていることを明かしました。

佐藤仁美の嫌いな女優,快傑えみちゃんねるの画像

続けて「まあ・・○○なんですけどね」と実名を暴露されました。

放送では「女優S」とのテロップが入ったため、この女優さんが誰なのかが大きな話題となりました。

名前を聞いた”西の女帝”司会の上沼恵美子さんの反応はというと…

あの子、いい子やない、知ってるけど。ちょっと生意気よね、力ないのに。
伸び悩んで終わったやんか。性格かな。

性格が悪いことは知っている様子でした。

佐藤仁美さんは続けてその女優Sの特徴について、

  • かなり気分屋
  • アップダウンがある

と説明し「唯一、嫌いな人です」とキッパリ言い切っていました。

佐藤仁美の嫌いな年下女優Sは誰?

「えみちゃんねる」で佐藤仁美さんが嫌いな女優Sはだれなのでしょうか?

番組の中で分かった情報をまとめると…

  • 佐藤仁美さんより年下
  • 佐藤仁美さんと共演(ドラマか映画?)
  • 気分屋でアップダウンがある
  • 生意気で有名?
  • 仕事は露出は減りイマイチ伸びやなんでいる?
  • 時々CMに出てる
  • 「まあ・・○○なんですけどね」で通じる→名字や愛称に特徴がある!

だいぶ絞れそうです。

佐藤仁美さんの年下で過去に共演している女優さんかをしてみたのですが、その中から3人の女優Sが浮上しました。

  1. 佐藤江梨子さん:共演作「走馬灯株式会社」
  2. 沢尻エリカさん:共演作「不能犯」
  3. 佐久間由衣さん:共演作「ひよっこ」

この3人の中に、佐藤仁美さんが嫌いな「ワガママ女優S」がいる可能性が高いです。

後半ではこの中からさらに絞ってみたいと思います。

佐藤仁美の嫌いな年下女優Sはサトエリが大本命?

佐藤仁美の嫌いな女優,快傑えみちゃんねるの画像「えみちゃんねる」で暴露された佐藤仁美さんの嫌いな女優Sは、3人の女優さんに絞れました。

この中で、「まあ・・○○なんですけどね」で通じる印象的な名前やあだ名があるのは…やっぱりサトエリとエリカ様ですよね。

エリカ様は「沢尻」でも通じます。

お二人ともワガママと有名ですし、ロケの途中で帰るという噂になっていたことがあります。

そして、サトエリも沢尻エリカさんもCMにはコンスタントに出ています。

そうなると決め手は共演作。

山奥での撮影があった作品かどうかを検証すると、佐藤仁美さんとサトエリが共演したドラマ「走馬灯株式会社」は山奥の廃墟がロケ地でした。

沢尻エリカさんと共演した映画「不能犯」では、佐藤仁美さんの出てくるシーンで山奥は出てきません。

可能性が高い人は“サトエリ”こと佐藤江梨子さんになります。

ただ、女優Sが帰ってしまったために山奥のシーン自体なくなった可能性を考えると沢尻エリカさんも捨て切れません…!

サトエリはたまにCMに出ているとは言え正直「あの人は今」状態でもありますので、名前の知名度がそこまでないかもしれません。

ということで、ここまでの情報をまとめると…

  • 「山奥のロケ」を決め手にするならば、佐藤江梨子
  • 名前の知名度やCMへの露出を決め手にするならば、沢尻エリカ

ということになります。

今のところは当ブログではサトエリ優勢ということで終了したいと思います。