大人気漫画「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが、8月15日に亡くなっていたことが分かりました。

死因は乳がんで、年齢は53歳でした。

国民的人気漫画の作者の訃報に悲しみの声が広がっています。

今回は、さくらももこさんの闘病や入院してた病院などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

さくらももこ亡くなる

「ちびまる子ちゃん」や「コジコジ」などで知られる漫画家のさくらももこさんが亡くなっていたことが分かりました。

8月27日、さくらももこさんのブログが更新されご本人が亡くなったことが報告されました。

「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました」
「これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」

さくらももこさんは1965年5月8日生まれの静岡県清水市出身。
1984年、大学在学中に漫画家デビューされました。

986年8月号より連載開始した「ちびまる子ちゃん」は、独特のギャグセンスと親しみやすいキャラクターで国民的な大人気作品になりました。
今でも毎週日曜日にアニメが放映され「サザエさん」と並ぶ長寿アニメとなっています。
ちなみに、さくらももこさんは大ヒットした主題歌の「おどるポンポコリン」の作曲も手がけていました。

また、漫画だけでなく自身の経験などを綴ったエッセイも人気で、漫画だけでなくご本人もファンから愛されていました。

通夜・告別式は、遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われたそうです。
お別れ会などの予定は未定とのことですが、おそらく何かしらの会があるはずだと思います。

入院してた病院はどこ?

さくらももこさんが亡くなっていたことが分かりました。

死因は「乳がん」ということで、この報道にも驚きの声が上がっています。
乳がんで闘病中であったことが公表されてなかったのは、本人の意向だったのでしょう。

ガン闘病のために入院してた病院については、不明です。

病院を特定するにあたり、さくらももこさんのプライベートについて調べてみようと思います。

さくらももこさんは、1989年に「りぼん」編集者の宮永正隆さんと結婚。
1994年に長男を出産しましたが、1998年に離婚しています。
息子さんはさくらさんが引き取っていました。

その後、2003年にイラストレーターのうんのさしみさんと再婚。
うんのさんとの間にはお子さんはいません。

自宅がどこにあるのかは公表されていませんが、2012年時点では麻布に住んでいることが確認されています。
そのため、自宅が変わっていなければ病院も麻布周辺だった可能性が高いですね。

麻布方面の病院ですと、

・東京都済生会中央病院
・国際医療福祉大学三田病院
・赤枝六本木診療所
・麻布十番つのだレディースクリニック
・麻布十番まなみウィメンズクリニック
・オリーブレディースクリニック麻布十番

などなどこの辺りの何処かだったのではないかなと思います。
大きな病院で言えば、東京都済生会中央病院あたりが濃厚ではないかと予想できます。

スポンサーリンク

乳がん闘病はいつからだった?

さくらももこさんの突然の訃報に驚きと悲しみの声が上がっています。

乳がんということですが、いつから闘病されていたのでしょうか?

近年のさくらももこさんについての情報を調べてみましたが「乳がん」という情報は全く出てきませんでした。
おそらくご本人の意向により、情報は伏せてあったのでしょう。

今年は、さくらももこさんが大ファンの西城秀樹さんも亡くなり、アニメでは追悼シーンが流れる一幕もありました。
天国で大好きな「ヒデキ」と会うことができたのでしょうか?ゆっくり休んでいただきたいですね。

ちびまる子ちゃん,写真

まとめ

さくらももこさんの急逝についてまとめてみました。

いつから乳がん闘病をしていたのかなどは明かされていませんが、おそらく自宅の麻布周辺の病院に入院していたと見られています。

今後アニメは変わらず放映される予定のようですが、追悼の特別版が放映されるのかなど注目したいと思います。

スポンサーリンク