2019年4月1日、平成に続く新元号が発表されました。

新元号は「令和(れいわ)」。

まだまだ慣れない名前ということもあり、世間からは様々な反応が出てきています。

今回は、新元号「令和」についての世間の評判、違和感の理由などをまとめてみました。

スポンサーリンク

新元号・令和はかっこいい?変?

新元号「令和」について、世間からは様々な意見が上がっています。

ここでは肯定派と否定派の意見をそれぞれ見ていきたいと思います。

令和はかっこいいという意見

まずは、肯定派の意見を見ていきましょう。

  • シュッとしててかっこいい
  • じわじわかっこいい気がしてきた
  • 漢字がかっこいいから好き
  • 雅な新時代の幕開け感ある
  • 今と昔がちょうどよく融合されてて良き

響きや漢字がかっこいいという意見が多いですね。

令和は変という意見

続いては、否定派の意見を見てみましょう。

  • 昭和に似てるからなんか微妙
  • 昭和から平成ってしっかりアップデートされた感あるけど平成から令和って微妙だな
  • 漢字が変だと思う。センスが感じられない
  • 正直あまり好きになれない
  • 一言で言ったら変!命令したら平和に従えってこと?

厳しい意見もけっこう多いですね。

新元号批判をなぜか安倍政権批判につなげてしまうツイートも多く見受けられました(汗)

漢字が気持ち悪い・韓国みたいとの声も

新元号の「令和」が変だという声を見てみると、その漢字に違和感を感じる人が多いことが分かりました。

「令」という漢字にマイナスのイメージがある?

「令」という漢字を聞くと「命令」という単語を思い浮かべる人が多いと思います。

「命令の令」と考えると、確かにちょっと威圧的な感じがします。

ではここで「令」の漢字の成り立ちを見てみましょう。

令:古代において、律と共に根本をなしたおきて。

「頭上に頂く冠の象形」と「ひざまずく人」の 象形から、人がひざまずいて神意を聞く事を意味し、そこから、 「命ずる・いいつける」を意味する「令」という漢字が成り立ちました。

やはり「命ずる」という印象が強いですね。

ですが、いいつけや規則を示す以外に「相手に関係ある人を尊敬して言う語」という意味もあります。

令嬢とか令息という表現もありますし、令名や巧言令色のような言葉もあります。

厳しいマイナスイメージが先行していますが、褒め言葉として用いられることも多い言葉なのです。

韓国語みたいで気持ち悪い?

令和という元号について、世間の反応を見てみると「韓国語」というワードがチラホラ見受けられました。

「令和」という漢字について「字面が微妙にハングルっぽい」「韓国語みたい」という意見が出てきていました。

「令」の字がハングルっぽいと感じる方が多いようです。

これは感覚の問題なので、原因などを考えるのは難しいですが、大正や平成と比べると漢字が左右対称ではないため違和感を感じる方が多いのだと推察します。

スポンサーリンク

違和感があるのは最初だけかも?

新元号「令和」について、違和感を感じる人が多いようですが、これは最初だから当たり前の反応だと思います。

どんな元号でも100%の人が「素敵!」と絶賛することはないでしょう。

約1億種類の価値観の中で、反対意見があるのは当たり前です。

「平成」が発表された時も、同じように「ダサい」「変」という意見がたくさん出たと言います。

きっと、時間が経てば慣れていくことでしょう。

ネット上では、発表翌日には「最初は変と思ったけど、発表から一晩たったら馴染んだ」という声も多くあがっていました。

また、発表翌日には令和以外の候補の情報も伝えられました。

令和以外の候補は以下の通り。

  • 英弘(えいこう)
  • 広至(こうし)
  • 万和(ばんな)
  • 万保(ばんぽう)

この報道に「この中で考えたら令和が一番良い」という声も上がっており、他の候補を見て新元号が良く見えてきた方も増えてきていることが分かります。

平成生まれの方は特に、今はまだ違和感があると思いますが、それも時間の問題だと考えられます。

1年もすれば慣れてくることでしょう。
新元号,画像

まとめ

新元号「令和」について、世間の反応をまとめてみました。

今はまだ批判的な声も多くあがっていますが、これも時間の問題で数週間、数ヶ月も経てば慣れてくることでしょう。

「他の候補を見て令和で良かったと思えた」という声もありますから、今後は批判的な声も沈静化することと考えられます。

スポンサーリンク