楽天が、総務省が新たに携帯電話向けに割り当てる電波の取得を申請する方針を固めた事が明かされました。

自ら回線や基地局を持つ携帯電話事業会社を設立する方針で、au、docomo、SofuBankに続く「第4の携帯電話会社」に名乗りを上げました。

今回は「第4の携帯電話会社」となる楽天の携帯について、世間は期待しているのかどうか、株価の値動きなどと合わせて見てみたいと思います!

スポンサードリンク

楽天が「第4の携帯電話会社」に!

楽天が「第4の携帯電話会社」に名乗りを上げました。

総務省が新たに携帯電話事業者向けに割り当てる電波の取得を2018年1月に申請し、認可されれば2019年度中にサービスを開始する予定です。

楽天はすでに2014年からNTTドコモの回線を借りて、格安スマホ事業「楽天モバイル」を展開しています。

格安スマホ市場は、最近は子会社のサービスが増えて色んな会社の名前を聞くようになりましたよね~

価格もどんどん下がっていて競争が激化していますね^^;

楽天は格安スマホの利益とNTTドコモへ支払う回線料のバランスが取れずに利益が出なくなってきたことで自前の回線を持つことにしたことと見られます。

今後は自前の回線網などを持って、au、docomo、SoftBankの携帯電話大手3社に対抗していくようですね。

報道によると2025年までに基地局の整備などで最大6000億円を投じる予定だそうです。

今後は楽天市場でたまるポイントなど、楽天グループ内のサービスと連携していく見通しです。

利用者としては、事業者間の競争で通信料の引き下げ合戦が起こればいいな~と思います^^

大手3社と激しい競争が起きるくらい楽天には頑張ってもらいたいですね。

失敗しそうで期待できない?

楽天が「第4の携帯電話会社」を設立する事が明らかになりました。

現在大手3社がシェア9割を占める携帯電話市場ですが、楽天が参入すれば、料金引き下げ競争が起こるかもしれません。

個人的には通信料や端末代が少しでも安くなってほしいので、楽天を応援したいと思っています。

しかしながら、ネットの意見を見てみると期待の声もありますが、楽天の新規事業に対して不安の声も上がっています。

「三社と180度異なる事ををやらなければ失敗に終わる可能性が高い」

「話題になっても最初だけかな」「失敗する未来しか想像できない」

「楽天携帯失敗しそうだな」「他の楽天サービス見る限りあんまり期待できない」

「まったく期待してない」「楽天のサービスには期待してない」

なかなか厳しい意見が多いですね‥

大手3社が強すぎるので、普通にやってても勝てないという見方をしているようです。

私も現在SoftBank(Y!mobile)ユーザーですが、通信料が他社よりかなり安いとか、目に見えていい条件でないと楽天に変えようとは思わないですねw

「楽天だから失敗しそう」なんていう意見もありますが、携帯会社3強の時代に一石を投じてほしいですね!

スポンサードリンク

株価は下落

楽天が「第4の携帯電話会社」を設立する事が明らかになりました。

ネットでは「失敗しそう」「期待できない」という厳しい意見が上がっています。

楽天の株価の値動きを見てみましょう。

14日は‥だいぶ下落してますね。

6000億円を使っての大規模の新規事業ですが、あまり期待されていないのでしょうか。

実際にサービスが始まる頃には上がりそうですが‥

思ったほど楽天に対して世間の期待値は高くないのかもしれません^^;

楽天,写真

まとめ

楽天の「第4の携帯電話会社」を設立について世間の反応や株価の値動きを紹介させていただきました。

ネットからは「失敗しそう」「期待できない」とネガティブな意見が上がっていました。

発表があった14日には株価は下落していました。

ソフトバンク、KDDIもこれに影響されて下落の動きです。

あまり期待されていない楽天の携帯ですが、予想を覆すような新しいサービスなどを見せてほしいですね^^

スポンサードリンク