どうも、こぼうずです。

とにかくあつい!!!

まだ7月の半ばにもかかわらずに私の地元、湘南では30℃を超さない日がない!!ってぐらい猛暑日が続いて居ります。

すでに私は夏バテ気味ですww

基本的にエアコンは嫌いなのですが、この時期ばかりはエアコンに頼らずにはいられませんww

夜なんかは特にそうですが、エアコンなしでは寝ることすらできません。

皆さんもそうではないでしょうか?

ただ、エアコンの影響で体調不調を訴える人もかなり多いみたいです。

今回は、エアコンの正しい使い方と夏バテ対策ついてご紹介します。

エアコンの正しい使い方とは?


室温は一定の温度で保ち、就寝時には1~2時間でエアコンが切れるようにタイマー設定をしましょう。

暑いからといい極端に温度を下げると翌朝のだるさはもちろんのこと、エアコン病の原因にもなってしまいます。

人間の体温は通常、一定の温度で保たれています。

暑くても、人間は発汗することにより自動で勝手に体温調節をしてくれる生き物です。

しかし、エアコンが効いている室内などで過ごしたり、エアコンのスイッチが入ったままの部屋で寝ていると、夏でも汗をかくことなく、身体から熱が奪われていきます。

すると、脳が誤作動を起こし、毛細血管に身体の熱を奪われないようにと血液の流れを抑えるよう指示を出します。

また、汗が出て熱が下がらないようにと汗腺を収縮しさせ、汗が出るのを防ごうとします。

その一方、外は暑ので、外に出れば急激に毛細血管を広げ、汗腺も開いたりと、真逆の状態になってしまいます。

こういったことを繰り返すことにより、身体がパニック状態になり、心身のバランスを保つためにとても重要な役割をする自律神経がおかしくなり身体に様々な不調がではじめます。

だからといいエアコンを使わないと熱中症にもなりかねないので、エアコンと上手に付き合って行きましょう。

ちなみに室内温度は26~28度がベストと言われています。

夏バテ対策とは?


夏バテと言っても一概にコレが原因だ!!と言うのは医者でも難しいと言われています。

ただ、心当たりは誰でもあると思いますが、1番の原因は常日頃からの生活習慣にあります。

冷たい物を食べ過ぎ飲み過ぎたり、就寝時にエアコンの温度設定を低く設定しているなどの理由が上げれます。

人間も生ものですので【~過ぎは】身体に良いはずがありません。

対策としては、暑いからといい、シャワーで済ませるのではなく湯船に浸かり、しっかりとリラックスできる時間を作る。

栄養価の高いバランスの良い食事を取る。などが1番の夏バテ対策になりますので意識していきましょう^^

家計にやさしい


夏場はどうしても光熱費が上がりがちですが光熱費を抑える方法があるんです。

光熱費を抑えるポイント!!

・エアコン28度設定
・自動運転
・扇風機
・フィルター清掃

エアコンは、室内の温度を設定温度に下げるまでに、かなりの電力を消費します。

一方、設定温度に到達してからの電力消費は少なめです。

また、電源を入れるとき切るときでも電力消費が激しいので短時間でのエアコンを入り切りするのはオススメできません。

扇風機を併用することにより涼しい空気がより循環しますので一定の温度を保つことができます。

フィルターはこまめに清掃することで電気の稼働量を少なくすることができます。こまめに清掃することを心がけましょう。

まとめ

この夏を無事過ごすことができるテクニックを紹介させていただきました。

無理のないよう実践していただきこの夏の暑さを乗り切りましょう。

最後まで購読していただきありがとうございました♪