こんにちは、こぼうずです。

夏といえば甲子園、高校野球ですよね!!

私の地元、神奈川の高校野球夏の予選は7月8日(土)12:00から横浜スタジアムで行われます。tvkでも放送されるようなので是非ご覧ください。

といいますかここだけの話、じつは私も高校球児だったんですよww

年代で言えばロッテの涌井選手と同い年です!

当時、彼は高校野球をやっている選手で知らない人はいないぐらいプロも注目している選手です。

たまたではありますが、夏の予選の開会式でラッキーなことにすでにプロも注目していた涌井選手を生で拝見することができました。
第一印象はすでに一般人とは違うオーラの輝きを放っており、ケンシロウ(北斗の拳)!!って感じでした。
ここだけは鮮明に覚えていますww

冬のOFFシーズンを終え、1周り2周りもパワーアップした選手たちを見れるのはとても楽しみです♪
そこで今回はたまたまテレビを見ているときに見つけた、涌井選手と同じオーラの輝きを感じた、すでにプロも注目する選手の古屋敷匠真投手(八戸工大一)についてお話したいと思います。




古屋敷匠真(ふるやしき・たくま)投手ってどんな選手?


青森県東北町出身、八戸工大一高校に通う3年生です。
右投げ左打ち、最速150キロのストレートを武器に、ちまたでは剛腕投手などと言われています。まさにケンシロウですねww
東北の高校生右腕でナンバー1投手と言われてますから、プロも注目する選手わけです。
そして何といっても凄いのが誕生日です。2000年1月1日生まれ、そして八戸工大一のエースということは背番号1です!
おめでとうございます!!大当たり確変です(←分かるよね?)ww

150キロのストレート、スライダーやツーシームってどんな球種?


まずストレートは文字通り、まっすぐという球種の意味を表します。
150キロのストレートを正式に表すと「150km/h」となりますので正式に書くと時速も150km/hと置き換えられます。
通勤電車の平均最高時速は130km/hと言われていますから、相当早い速球ということがイメージできると思います。
次に、スライダーという球種の説明をしていきます。

古屋敷匠真投手は右投げ投手なので投手から見て左方向に直角に曲がる球種がスライダーになります。ストレートの球速が150km/hということなので、スライダーも結構なキレで曲がって行くことがイメージできます。

そして変化は人それぞれことなるので、説明するのが難しいのがツーシームという球種になります。
古屋敷匠真投手の場合は右投げなので、ストレートの握りから縫い目をずらし握り、投げた球種がツーシームになります。
古屋敷匠真投手の投げたツーシームだけは見たことがないので、なんとも言えませんが、他の球種から見てバッターのタイミングを外すために投げるシュート回転させたまっすぐに近い抜き球だと思われます。

古屋敷匠真投手と千葉ロッテ・種市篤暉投手は兄弟?


古屋敷匠真投手と千葉ロッテマリーンズに所属している、種市篤暉投手が似ていると兄弟との噂があります。

結論からいうと違います。兄弟ではありません。これは2人とも直球を武器にしている投手で年齢も近く、身長も体重もほぼ同じということから出た噂と言うことが判明しました。確かに両投手を見比べると似ていなくはないですww

ただここで言えるのは種市篤暉投手ドラフト6位でプロの世界に入っています。似ているということは・・・
楽しみですね^^

まとめ

古屋敷匠真投手がプロも注目する選手と言われ、この夏大会の成績次第ではドラフト上位に指名される確率もかなり高そうです。
今後も古屋敷匠真投手からは目が離せません!!!