11月2日、民進党の小川勝也参議院幹事長が離党届を提出したことを明らかにしました。

長男の逮捕騒動で党への影響を考えたようです。

離党届を提出し、今後は無所属で議員活動を継続するという考えに、世間からは「議員辞職すべき」との声が多く上がっています。

今回は、民進党の小川勝也幹事長の離党騒動についてまとめてみました。

スポンサードリンク

小川勝也幹事長が離党届提出!

11月2日に、民進党の小川勝也幹事長が離党届を提出しました。

事の発端は11月1日、埼玉県警所沢署が暴行の疑いで東京都千代田区の大学生(21)を逮捕したという事件がありました。

この大学生というのが、小川勝也幹事長の長男で東京都千代田区麹町、日大芸術学部2年の小川遥資(おがわようすけ)であった​​事を朝日新聞デジタルなどが報じました。

小川遥資容疑者は、議員宿舎で小川勝也幹事長と同居していたそうです。

逮捕容疑は、10月31日午後4時ごろに、埼玉県所沢市内の路上で下校途中の女児の服をつかんで転倒させた疑いです。

市内には小川遥資容疑者が通う日大芸術学部のキャンパスがあります。

所沢署の調べに対して小川容疑者は「小学校低学年の女児に興味があった。わいせつ目的で暴行した」と容疑を認めているそうです。

毎日新聞は、10月20日にも女子小学生を狙った強制わいせつ事件が2件連続で発生しており、小川容疑者も関与をほのめかす供述をしているという事で関連を調べていると報じました。

小川勝也幹事長は、これを受けて翌日11月2日に民進党の大塚耕平代表へ離党届を提出しました。

また、国会内で記者団に対し「事件については昨日、警察から聞きました。事実関係は報道以外で確認していませんが、女児とご家族にお詫びします」とコメントしました。

議員辞職すべき?

民進党の小川勝也幹事長が、長男の逮捕を受けて離党届を提出しました。

自身の辞職については、無所属で議員活動を続けていく意向を示しました。

これには厳しい意見が寄せられています。

「議員辞職が相当」「これで終わりにするつもりだろうか」「もし自民党議員がこの様な事件を犯したなら「議員辞職せよ」と騒ぎ立てるであろう」

「議員辞職はもう避けられない」「即刻、議員辞職するべき」「無所属になっても民進党への批判は免れない」

「ほとぼりが冷めたら合流するつもりなのか」「参院選まで歳費貰うつもり?」「離党じゃなく辞職でしょ」

私も全く同じ意見です!w

いくら息子が起こした事件とはいえ、性犯罪者ですからね~

どうしても、辞職ではなく離党届というところが甘いと感じます。

ヤジが有名な小川幹事長なので「これが自分以外の議員だったら、辞めろと攻め立てているはず」という指摘もあります。

今後は無所属でどういった活動をしていくつもりなのでしょうか?不透明さが目立ちます。

スポンサードリンク

今後は無所属で活動!

小川勝也幹事長が長男の逮捕を受け、離党届を提出しました。

これに対して「議員辞職すべき」という声が多く上がっているようですが、今後は無所属で議員活動を継続するとコメントされました。

小川勝也氏は北海道出身で、出身校は 日本大学法学部です。

平成7年に32歳という若さで参院議員に初当選しました。

現在4期目となり、防衛副大臣、首相補佐官、参院農水委員長、総務委員長、国家基本政策委員長などを歴任してきました。

所属政党は新進党→旧民主党→民主党→民進党(前原グループ)→無所属となりました。

公式ホームページによると、座右の銘は「義を見てせざるは勇なきなり」だそうです。

意味は「人としてなすべきことと知りながら、それを実行しないのは勇気がないからである」です。

議員辞職すべきと知りながらそれを実行しないのは‥勇気がないからでしょうか?それとも給料がいいからしがみつきたいのでしょうか?

無所属でどういった行動指針があるのかは不明ですが、自らの言葉と反対の道へ歩んでいく事のないようにしていただきたいです。

小川勝也,写真

まとめ

民進党の小川勝也幹事長が長男の逮捕を受けて離党届を提出しました。

今後は無所属で活動するそうですが、世間からは「議員辞職すべき」と厳しい意見が寄せられています。

離党とはいえ民進党へのダメージも計り知れず、さらなる失速が予想されます。

スポンサードリンク