日大アメフト部の問題も未だに連日取り上げられている中、

新たに悪質な反則プレーが問題となっています。

今回は、浪商高校ハンドボール部の肘打ちの反則プレーについて、

加害者選手の名前や事件の全貌を調べてみました!

スポンサードリンク

浪商高校ハンドボール部が肘打ち反則プレー!動画

またしてもスポーツ界で悪質な反則プレーが問題となっています。

反則プレーが行われたのは2018年6月10日。

ハンドボールのインターハイ大阪府予選男子決勝戦、

大阪体育大学浪商高校と桃山学院高校の試合でした。

反則が起きたのは後半13分。

浪商高校がパスを繋ぎながら攻めていた際に、桃山学院の選手がファウルをして審判の目がそちらに向けられたところ、

別の場所にいた浪商高校の選手が、桃山学院の選手に強烈な肘打ちをしたのです。

犯行の様子はこちら↓

みぞおち付近に強烈な肘打ちをしている様子がハッキリと映っていますね。

これは明らかにわざとです・・

この他にも前半に首を絞めるような動作も確認されています。

首を押さえつけられたり、肘打ちを食らっている被害者選手は同一人物で、

桃山学院のエース選手だそうです。

決勝戦でも28点のうち10得点、1人で3分の1以上の得点を決めていたエースプレイヤーでした。

その後、桃山学院の選手たちや木村雅俊監督が猛抗議をしたのですが、

審判が見ていなかったためか、試合内で反則行為は認められず試合続行となりました。

両校は全国大会の常連校で、ライバル同士だったということですが、

結局、今回の試合は反則をした浪商高校が勝利となりました。

この肘打ちについて、浪商高校の工藤哲士教頭や徳永昌亮監督は、

ワイドショーのインタビューで「故意ではなかった」と主張しています。

ちょっと無理があると思うのですが・・

日大アメフト部の悪質タックルのように、

監督の指示などがあったのかどうかも気になるところですね。

ワイドショーのインタビューで終わるとは思えません。

体育連盟にも然るべき対応をとっていただきたいですね。

関連記事はこちら↓

浪商高校ハンドボール部肘打ち反則は監督の指示で故意?日大と同じか

試合前日にインスタで犯行予告?

浪商高校のハンドボール部の肘打ちが問題となっています。

教頭や監督はあくまで事故だったという主張をしていますが、

ボールと関係ないところで行われている反則プレーは不自然でしかありません。

また、肘打ちをした加害者選手は試合の前日に

インスタグラムで”犯行予告”をしていたと言われています。

インスタでは、桃山学院のエース選手についてこんな動画がアップされていました。

「明日の試合は?」

「ぶっ殺す」

「ありがとうございます」

「アイツや」

「アイツですね。ありがとうございます」

さらにこれだけでなく、

浪商高校ハンドボール部のグループLINEの中では、

被害者選手の名前を挙げた上で「ぶっ殺す」「やっちまいましょう」というやり取りがされていたそうです。

この動画やLINEの存在を知ると、やはりわざとだったんだと確信を持てますね。

浪商高校の監督は部員の書き込みを認めながらも

「あくまでも遊び半分だった」と主張しました。

ひどすぎませんかね・・

しかしながら、大阪府の高体連は穏便に済ませたいのか特段目立った処置をとっていない様子。

桃山学院の木村雅俊監督は、この動画の存在を知った上で、

やはり事故とは考えにくいと猛抗議しています。

対応が取られていないことに危機感を感じてテレビに出たのかもしれませんね。

遊び半分とはいえ、こんな反則プレーは絶対にやってはいけないことです。

浪商高校はインターハイに出る資格もないと思います。

当該選手や部全体、監督には適切な処罰を与えて欲しいですね。

スポンサードリンク

選手の名前は蔦谷大雅か!インスタは?

浪商高校のハンドボール部で肘打ちをした選手は誰なのでしょうか?

試合前日にはインスタで動画で”犯行予告”までしていたということで、

ネットでは特定が進んでいます。

現在分かっているのは、犯行予告をした生徒の名前です。

インスタグラムで犯行予告をしたのは、

蔦谷大雅(つたや・たいが)選手でした。

浪商高校での背番号は14番です。

ユース選手の代表に選ばれるほどの選手みたいです。

彼が先ほど紹介したような過激な発言をしたと言われています。

そんな蔦谷選手のインスタやTwitterアカウントはこちらです↓

Twitterアカウント

Twitterプライベートアカウント

インスタアカウント

事件が公になってから鍵つきとなっていますが、

アカウント削除したほうがいいのではないかと思います^^;

犯行予告をしたことで、肘打ちをしたのが蔦谷さんではないかと疑いがかかっていますが、

肘打ちをしたのはまた別の選手だそうです。

ただ、蔦谷さんは前半に首を絞めるような反則行為をしています。

肘打ちはしていませんが、他の反則に関わっていました。

肘打ちをした他の選手が判明するのも時間の問題ですね。

今後さらに追求が続きそうですね。

蔦谷大雅,写真

まとめ

浪商高校ハンドボール部の肘打ちをした選手の名前やインスタのアカウント、

また事件の全貌を調べてみました。

まだ加害者選手の特定は出来ていませんが、時間の問題ですね。

監督や教頭はワイドショーで反則プレーが故意であることを真っ向から否定していますが・・

前日に”犯行予告”もしていることから故意であることは確実でしょう。

日大アメフト部同様、監督から指示があったのかどうかなども追求されそうですね。

スポンサードリンク