6月10日に行われた、高校男子ハンドボールのインターハイ予選で、

悪質な反則行為があったことが問題となっています。

また、加害者側の浪商高校の対応がひどいと話題になっているようです。

今回は、浪商高校ハンドボール部の監督と教頭の対応について調べてみました。

スポンサードリンク

浪商高校ハンドボール部が試合で肘打ち

大阪体育大学浪商高校のハンドボール部の生徒が、

試合中に肘打ちなどの反則行為をしていたことが分かりました。

悪質な反則行為が行われたのは、

インターハー予選の大阪府大会の決勝戦。

大阪体育大学浪商高校と桃山学院という強豪校のライバル同士の対決でした。

全国大会行きの切符をかけた試合で、あってはならないことが起きました。

反則行為が起きたのは、前半と後半。

いずれも桃山学院のエース選手をターゲットにしたものでした。

前半では首を押さえつけるような、絞めるような動作が。

そして、後半では審判がボールを持った選手の方に目を向けている時に、

関係のない場所にいた選手が隣にいた桃山学院の選手の

みぞおち辺りに強烈な肘打ちをしました。

桃山学院の選手は倒れこみ、悶絶し涙を流していたそうです。

審判はボールや試合の流れを見ていたのでこの行為には気付かず、試合は続行されました。

結果的に、浪商高校がこの試合に勝利し全国大会行きを決めました。

被害者側の桃山学院は猛抗議を行なったそうですが、

結局大阪高体連もこれといった対応を取っていません。

こうしてメディアに出たことで、厳しい対応が迫られています。

加害者選手の詳しい情報はこちら↓

浪商高校ハンドボール肘打ち選手の名前やインスタアカウントは?動画

大阪高体連の対応などはこちら↓

浪商高校ハンドボール部肘打ち反則は監督の指示で故意?日大と同じか

監督と教頭はヘラヘラ対応?

浪商高校ハンドボール部の反則行為が問題となった件で、

工藤晢士教頭と徳永昌亮監督がワイドショーのインタビューに答えましたが、

この時の対応がひどいと話題になっています。

まず、肘打ちなどの反則行為については

「反則は偶然」

「ユニフォームを掴まれた際に振り払おうとしただけ」

「故意ではない」

「言い切れます、言い切ってます」

と、わざとではないとアピールしました。

また、試合前日にハンドボール部員がインスタグラムで”犯行予告”をしていることに関しては

「不適切な発言が載っていたという事実は確認しました」

「あくまでも遊び半分」

とヘラヘラと笑いながら弁明しました。

反則行為は偶発的なものだと主張していますが、桃山学院の木村雅俊監督は、

「たまたま当たったと認識するのは難しい」

と真っ向から否定しています。

世の中の人の9割は木村監督と同じ意見でしょう。

浪商高校の教頭と監督は、このインタビューでは

被害者選手や桃山学院への謝罪もなく、終始ヘラヘラしていた態度でした。

この対応にも批判的な声が寄せられているようです。

スポンサードリンク

言い訳や対応がひどい!

浪商高校ハンドボール部の肘打ちについての

教頭や監督の対応がひどいと話題になっています。

インタビューでは謝罪もなく終始ヘラヘラと言い訳を続ける姿に、

視聴者からは批判の声が殺到しています。

・浪商の監督たちがヘラヘラ笑いながら弁明して問題を認めないのはなぜ?

・浪商高校の生徒も監督もコーチも全く反省していない

・浪商の監督のヘラヘラ笑いながらの弁明。あれはひどいですよね

・教頭も監督も言い訳がひどい

・浪商高校もあの無理ある言い訳どうなの?

やはりあの対応を良しとする人は一人もいませんでした・・

改めて公の場でしっかりと対応する必要がありそうです。

大阪高体連にはぜひ再度調査をしていただきたいです。

浪商高校,写真

まとめ

浪商高校ハンドボール部の肘打ちなどの反則行為についての、

監督や教頭の対応をまとめてみました。

インタビューでは終始ヘラヘラした様子で、

謝罪もなしの言い訳だらけなないように批判が殺到していました。

確かに、誰が見てもひどい対応でしたね・・

自分が被害者選手の親だとしたら許せません。

該当選手や浪商高校には厳しい処分を下してほしいものです。

スポンサードリンク