3月4日、野党はNHK番組で、森友問題の疑惑について

「事実なら”内閣総辞職”に値する」と安倍内閣の責任を追及しました。

ネットでは内閣総辞職が話題となっています。

今回は、内閣総辞職と解散総選挙との違いや野党へのメリット、

さらにネットで話題になっている内閣総辞職ビームについて調べてみました!

スポンサードリンク

野党が内閣総辞職を求める?

3月4日放送のNHK「日曜討論」で、

学校法人「森友学園」の国有地売却に関する財務省の文書が

書き換えられた疑いがあると一部で報じられたことについて討論が行われました。

野党は「(疑惑が)事実なら内閣総辞職に値する」と安倍内閣の責任を追及しました。

各党の意見を見てみましょう。

・民進党の小川敏夫参院議員会長

「行政が安倍政権によってゆがめられている」

・共産党の井上哲士参院幹事長

「内閣が吹っ飛ぶような話だ」

・立憲民主党の福山哲郎幹事長

「公文書を事後に書き換えることはあり得ない」

「状況によっては有印公文書の変造罪に問われることになる」

・希望の党の古川元久幹事長

「事実なら内閣総辞職に値する極めて重大な問題だ」

疑惑について強く非難・批判した上で、

5日に行われる参院予算委員会理事会に財務省理財局の担当者を呼び、

説明を求めるとの見通しを示しました。

続いて自由党の森裕子参院会長、社民党の福島瑞穂副党首も退陣を求めています。

各党からの批判が集中した自民党の武見敬三参院政審会長は

「(政府が)近々、事実関係を説明することになる。それをしっかり見守る立場だ」

と、政府の説明を見守る考えであることを述べるにとどめました。

政府は一貫して疑惑を否定しています。

「森友問題」「モリカケ問題」について野党が引っ張っているだけのような報道もありましたが、

この公文書改竄が悪意ある事実であるなら、当然責任を取る必要は出てきます。

そもそも犯罪ですから、、

ただ、安倍首相が関わっていたなら内閣総辞職の必要はあるかもしれませんが、

役人の不祥事だったとするとそこまでする必要はないような気もします。

”内閣総辞職”というワードについては

「やるべき」「そこまでやらなくても」と世間でも意見が分かれています。

まずは文書の偽造の疑惑が事実なのかを調べてもらいたいですね。

解散総選挙との違いは?

”内閣総辞職”というワードがニュースで取り上げられ

「解散総選挙と何が違うの?」

という声が多く上がっています。

ここでは内閣総辞職と解散総選挙の違いを説明させていただきます。

まずは内閣総辞職から。

■内閣総辞職

内閣(総理大臣と総理に指名された国務大臣)が

その職を失います。(主に国会議員の職を失います)

では、内閣が総辞職するのはどんな時なのでしょう?

・内閣不信任決議案が成立し、10日以内に衆議院を解散しないとき

・衆議院解散後、特別会が召集されたとき

・内閣総理大臣が総辞職の命令をかけたとき

総辞職の流れは以下の通りです。

衆議院で内閣不信任案の可決or内閣信任案の否決

内閣総辞職

新内閣総理大臣の指名

新内閣発足

続いて解散総選挙です。

■解散総選挙

衆議院解散が発生するのは

以下の時です。

・内閣不信任決議案成立後に内閣が衆議院解散

・天皇の国事行為として解散

解散の流れは以下の通りです。

衆議院で内閣不信任案の可決or内閣信任案の否決

衆議院解散
↓(40日以内)
総選挙実施
↓(30日以内)
特別国会招集

新内閣総理大臣の指名

新内閣発足

一見あまり変わらないようにも見えますが、

内閣への影響はぜんぜん違うものです。

まとめると、

内閣総辞職すれば・・・

・自分の非を認めることになる

・勝負を避ける

・国会議員としての職を失うことになる

衆議院解散すれば・・・

・選挙で国民の世論をで問える

・うまくいけばもう一度内閣に入れる

といった違いがあります。

内閣総辞職は、内閣にとってはデメリットしかないです。

つまり、よっぽどのことがない限りは内閣総辞職なんて選択は

ありえないということです。

安倍首相,写真

内閣総辞職ビームとは?

”内閣総辞職”というワードがニュースなどメディアで取り上げられ、

ネットでも話題となっています。

これによりTwitterで沸騰していたのは”内閣総辞職ビーム”というワードでした。

・内閣総辞職って文字見るとどうしても内閣総辞職ビームを思い出す

・何?内閣総辞職ビーム撃った?

・内閣総辞職ビーム、、

・内閣総辞職…真っ先にシン・ゴジラの内閣総辞職ビームが出てきた

映画「シン・ゴジラ」内でネット民に名付けられた内閣総辞職ビーム。

今回の”内閣総辞職”というワードから連想した人も多いのではないでしょうか^^

ゴジラ,写真

映画を見ていない方のために、簡単に説明させていただきます。

「内閣総辞職ビーム」とは、2016年7月29日公開の映画「シン・ゴジラ」で

劇中に登場する、米空軍の攻撃を受けたゴジラが反撃のために発した対空ビームのことです。

ゴジラの襲撃から逃れるために、大河内首相(大杉漣)達がヘリに乗り込んで、

いざ飛び立った瞬間(18時35分)にゴジラが吐き出した放射線流が

ヘリを直撃し一瞬で爆散しました。

大河内首相を含めた首脳閣僚11人が亡くなってしまい、

これが、内閣総辞職について規定する日本国憲法第70条の

「内閣総理大臣が欠けた時」の条件に合致する事から

この「内閣総辞職ビーム」という呼び名が生まれました。

なかなか秀逸なネーミングセンスですよねw

「シン・ゴジラ」を見たことある人には有名なワードが

今回の内閣総辞職のニュースを見て連想したようです^^

スポンサードリンク

野党にメリットはあるの?

内閣総辞職が実際に行われたら、野党にメリットはあるのでしょうか?

そこまで大きなメリットがあるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、

衆議院解散ですと今までのように再度安倍政権が復活する可能性もあります。

野党は現状のままでは安倍政権に勝てる手立てがありません。

ですので、モリカケ問題などを引っ張って安倍首相を引きずり下ろしたいのです。

解散総選挙ではなく内閣総辞職ならば、相手は職を失うこととなりますので

安倍政権が復活することはなく、野党としたら好都合なんですね。

逆に現在はそれくらいしか勝ち目がないとも言えます。

先ほども説明した通り、内閣総辞職なんてそうそう起こることではありません。

今回たまたま野党側の議員が口にしたことが取り上げられていますが、

実際に内閣総辞職が行われるかといったらそんなことはないと思います^^;

安倍内閣,写真

まとめ

森友問題による内閣総辞職が行われた場合の野党のメリットや、

解散総選挙との違いを説明させていただきました。

現状では実際に内閣総辞職が行われる可能性は低いですが、

今後決定的な証拠が出た場合などはまた話が出てくるかもしれませんね。

スポンサードリンク