11月2日にフジテレビ系の看板番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(以下みなおか)が放送終了する事が報じられています。

木曜夜9時の人気番組が、30年の歴史に終止符を打ちます。

人気番組でありながら放送終了には「やっと終わる」の声が多く集まっています。

終了理由については「マンネリ化」「面白くない」という視聴者離れも囁かれています。

今回は「みなおか」放送終了について調べてみました。

スポンサードリンク

「みなおか」放送終了?

11月2日にフジテレビ系のバラエティ番組「みなおか」の放送終了が報じられています。

「みなおか」は毎週木曜よる9時放送され、様々な人気コーナーやキャラクターを作り出しました。

番組から生まれたユニットがNHK紅白歌合戦に出場するなど、局の枠を超えてブームを作りました。

90年代には平均視聴率20%を超え「オバケ番組」と呼ばれるほどの人気を誇りました。

しかしながら近年は視聴率争いで苦戦を強いられ、新企画なども積極的に発信しましたが5%台に落ち込むこともありました。

フジテレビは今年6月に亀山千広前社長に代わり宮内正喜新社長が就任していました。

宮内社長は低迷する視聴率状況を打開するため「番組全取っ替えも辞さない」とタイムテーブルの見直しを指示していました。

そこで対象となったのが「みなおか」と、土曜よる8時の「めちゃイケ」です。

ともにフジテレビの全盛期を支えた番組ですが、近年では視聴者からのクレーム・批判も多く、足を引っ張る存在になっていました。

「めちゃイケ」は11月4日の放送で終了が発表されると噂されています。

「みなおか」はいつ発表されるのか明らかになっていませんが、「閉店セール」でより多くの視聴者を最後に取り込む為、早めの発表が予想されます。

昔から番組を見てきたものとしては寂しいですが、これも時代の移り変わりなんでしょうね^^

ネットでは「やっと終わる」の声

「みなおか」の放送終了の報道に、ネットでは「やっと終わる」という声が集まっています。

昔は国民的人気番組として高視聴率を量産していた「みなおか」ですが、近年では時代錯誤な番組内容だと批判される事も多くなりました。

「男気じゃんけん」「買うシリーズ」などのコーナーは買う気がない芸人などに無理やり物を買わせるという内容に、「イジメのようで不快」という声も上がりました。

今回の放送終了には、どんな意見が寄せられているのか見てみましょう。

「やっと本当に終わるのか」「やっと終わるのかという感想を持つ人が大半を占めそう」「とっくの昔に番組の旬は過ぎていた」

「近年の企画の時代遅れ具合は、直視に耐えなかった」「みなおかはマンネリで面白くないので見なくなった」

「全く面白くない。遅いわ」「面白くないので終わって当たり前」「マンネリだから仕方ないか」

もちろん残念という声もありましたが「やっと終わる」と思う方が多いようです。

個人的には「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」や「2億4千万のものまねメドレー選手権」などは好きだったので残念です^^;

レギュラー放送が終了しても、たまに特番で放送してほしいな、と思います。

スポンサードリンク

終了理由はマンネリ化で面白くないから?

「みなおか」の放送終了の報道に「やっと終わる」という声が多く上がっていました。

終了の理由は、やはり「マンネリ化」「面白くない」といった所だったのでしょうか?

元々過激な内容も多く、抗議や訴訟などのトラブルが多かった「みなおか」は、近年ではだいぶマシにはなったものの未だに抗議されるような内容は続いていました。

暴力的な表現を異常に嫌い、イジメを増長する内容は批判される現代には番組の内容はふさわしくないと言われるようになりました。

昔からのコーナーを続ければ「マンネリ化」と言われ、新しい企画を始めれば昔のファンから「つまらなくなった」と言わる現状でした。

長寿番組が続けていくのが難しい時代になったのか、フジテレビの運営が下手だったのか‥

フジテレビの長寿番組が近年バタバタと放送終了しているのが、局と現代の視聴者の価値観に溝が出来ていることを表しているように思えます。

とんねるず,写真

まとめ

「みなおか」の放送終了の報道について「やっと終わる」との声が寄せられています。

マンネリ化や、企画自体面白くないという現状に近年は放送終了を望む声が多く上がっていましたので妥当な判断なのかなと思います。

長寿番組の放送終了や非常に残念ですが、次の番組が何になるのかは楽しみです^^

スポンサードリンク