12月3日に「M-1グランプリ2017」の決勝戦が開催されます。

今年も例年通り、予選からの決勝進出9組と、敗者復活戦からの1組の合計10組で頂点を争います。

ベテランからダークホースまで様々なコンビが名を連ねる中、今年で3回目の出場となるジャルジャルに注目が集まっています。

今回は、シュールなネタで面白い、面白くないの意見が真っ二つに分かれるジャルジャルについてまとめてみました!

スポンサードリンク

ジャルジャルがM-1決勝進出!

12月3日、年に一度の漫才の祭典「M-1グランプリ2017」が開催されます。

お笑いの賞レースの中でも、最も世間からの認知度も注目度も高い大会です。

今年も決勝進出者にはベテランからダークホースまで、様々なタイプのコンビが集まりました。

決勝進出者は以下の通りです。順番は発表順であり、ネタ順ではありません。

・ジャルジャル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・かまいたち(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・カミナリ(グレープカンパニー)

・マヂカルラブリー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・ミキ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・さや香(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・とろサーモン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・和牛(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・ゆにばーす(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・敗者復活枠

カミナリ以外はみんなよしもとなんですね~^^;

ジャルジャルは今回3回目という事で、本気で優勝を狙いにきているそうです。

後藤さんは「これまでの芸人人生で一番漫才に打ち込んだ1年だった」と語っているほどです。

レギュラー番組である「めちゃイケ」の放送終了も決定してしまいましたから、ここで優勝をしてもう一度勢いをつけたいところですね。

決勝ではどんなネタを見せてくれるのか、期待したいですね。

ジャルジャルのネタは面白い?

「M-1グランプリ2017」にてジャルジャルが決勝進出となりました。

賞レースの常連となっているジャルジャルのネタについて取り上げたいと思います。

ジャルジャルのネタは独特の世界感で見た人の感想が「面白い」「面白くない」が真っ二つに分かれるのが特徴です。

これは芸人の大御所の方々でも意見が分かれます。

M-1の第10回大会(2010年)では、中田カウスさんが79点という歴代最低得点をつけた事も話題となりました。

この時は会場の空気も独特の空気についていってない感がありました。

ただ、面白いと評価する声ももちろんあります。

内村光良さんは「爆笑レッドシアター」で共演した時にはジャルジャルのネタをかなり評価していました。

「(レッドシアターメンバーで)一番売れると思うのはジャルジャル」と評価していました。

「(ネタの)発想の仕方がすごく独特なんですよ。おそらく彼ら自身もネタにはかなり自信があるんじゃないですかね」

「ひとつのことに執着して延々それだけで押し切る、あのしつこさなんかも新しいパターンの笑い」

「とにかく不思議な今までにあまりいなかった感じのコンビだと思います」

内村さんは元々優しくて褒め上手な所はありますが、ここまで言ってもらえるのはやっぱりネタが面白いからですよね^^

さらに「第19回オールザッツ漫才」に出場した際は、松本亀吉さんがベタ褒めをされていました。

「ジャルジャルがすごいのは(他の出場者)先述の4種の系統のいずれにも当てはまらない点」

「根源的に着眼点が違い、指向性も方法論もスキルも圧倒的で、底知れぬオリジナリティを感じさせる」

「およそ20年ぶりに現れた、ダウンタウン以来の革命家であり、別格」

他の芸人さんとは違うタイプのネタは業界の中でも評価が高いようですね^^

今回のM-1でも、新しい感覚を味わえるジャルジャルのネタがどう進化しているのか楽しみですね!

スポンサードリンク

シュールすぎて面白くない?

「M-1グランプリ2017」にてジャルジャルが決勝進出となりました。

シュールで新しい感覚の世界観が持ち味のネタは、業界内からも評価する声が多く「面白い」と人気のようです。

しかしながら、独特すぎる世界観の為、視聴者からは「面白くない」という意見も多く上がっています。

意見が真っ二つに割れているジャルジャルのネタについて、ネットの声を集めてみました。

「ジャルジャルは初めて見るときめちゃくちゃ面白い」「爆発したときはすごい」

「面白い時と面白くない時の差が激しい」「ネタによって差がある」「シュールすぎて難しい時がある」

「面白くないのにちょいちょい業界人の評価が良いのが意味分からない」

「面白いよりすごいとか発想への驚きに頭がいってしまって笑いまで到達しない」

「ジャルジャルほどネタによって好き嫌い分かれる芸人いない」「たまにネタが難解」

やはり意見がかなり分かれています。

「ネタによって落差が激しい」という意見が多かったです。

ただ、発想は他にはないオリジナルを持っていますので爆発した時はすごく面白いイメージがあります。

M-1の決勝の舞台で爆発を起こす事が出来るのでしょうか?

ジャルジャル,写真

まとめ

「M-1グランプリ2017」の決勝に進出したジャルジャルについてまとめてみました。

ジャルジャルのネタは面白い、面白くないと意見が真っ二つに分かれやすいという事が分かりました。

ハマると優勝もできるくらいの爆発力や勢いが生まれるようなネタも沢山あるので、今年のM-1では会場を沸かせてほしいですね^^

スポンサードリンク