5月21日、登山家の栗城史多さん(35歳)がエベレストのキャンプで息を引き取っていたことが分かりました。

現在入っているのは海外ニュースからの報道で、詳しいことは明らかになっていません。

今回は、栗城史多さんが亡くなった原因について調べてみました。

スポンサードリンク

栗城史多が下山失敗で遭難か

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが5月21日朝、

エベレストのキャンプで亡くなっているのが見つかったとの情報が入りました。

報じたのはネパールの「ザ・ヒマラヤンタイムス」で、

シェルパがキャンプで栗城さんが息を引き取っているのを発見したそうです。

死因は明らかになっていません。

現地メディアによると、今回の栗城さんの登頂計画をサポートしている「ボチボチトレック」の

マネージングディレクター、ティカラム・グルング氏の話では栗城さんは、7200メートル付近のキャンプ3で亡くなっていた言います。

栗城さんは、2009年以降から、エベレスト登頂に7度挑み続けて、今回が「8度目の正直」としていました。

2012年には両手、両足、鼻が重度の凍傷になり、右手の親指以外の両手9本の指の先を失う困難に直面。

もう登山はしないと思われていましたが、諦めずエベレストの頂を目指していました。

登山家の中でも知名度が高い栗城さんの突然の訃報に驚きの声が上がっています。

アベマtvではこの挑戦を大きく取り上げ、5月21日16時から登山を中継する予定でした。

栗城さんのFacebookによると、

午前0時頃「今は、このエベレストを苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます」としており、

午前10時頃「栗城中継班」からのメッセージとして、栗城さんの体調悪化を理由に7400m地点から下山することになったと伝えていました。

原因は体調不良で無理してた?

登山家の栗城史多さんがエベレストで遭難し、亡くなっていたことが分かりました。

原因についてはまだ明らかになっていません。

ネットの声などを見て見ると「無理してたのでは」という声が上がっています。

・アベマTVで生中継の予定だったからって無理したのかな?

・中継の為に無理をしたの?今までも無謀なチャレンジや誤報もあったので、正式発表が無いと分からない

・アベマの中継があったから無理をした、という側面はゼロではないだろうが、それも本人が選んだ道

・今回はAbemaの中継があるから無理したんだろうか

・体調不良で無理したんですかね

体調不良だったところを、アベマtvの中継があるために無理してたという見方をする人が多いようです。

いつも下山の判断は早い栗城さんがタイミングを見誤ったのはなぜだったのでしょうか?

アベマtvの中継が影響したのかは不明ですが・・もう少し下山の判断が早ければ助かったかもしれないと思うと残念でなりません。

スポンサードリンク

アベマtvのせい?

登山家の栗城史多さんがエベレストで遭難し、亡くなっていたことが分かりました。

詳しい原因は明らかになっていませんが、

栗城さんが体調不良を訴えていたことから「無理をしたのでは」との声が上がっています。

その一因として考えられているのがアベマtvの中継です。

テレビが登山の中継をするのは日テレの「イッテQ」などで視聴者は見慣れていますが、大変危険なことです。

今回の中継は、これまで登頂に成功したことのない栗城さんですから「下山ありき」だった可能性はあります。

しかし、5月21日の16時から中継開始だったため「そこまでは持ってもらわないと」という指示もあったかもしれません。

少なくとも栗城さんの精神上は、tvの企画があるから無理をした部分はゼロではないでしょう。

最近は「イッテQ」でも厳しい登山の様子に「やりすぎ」「危険」という声が多く寄せられています。

死者を出してしまった以上、こういった厳しい環境下での撮影などは今後見直す必要がありそうです。

栗城,写真

まとめ

登山家の栗城史多さんがエベレストの下山に失敗し、遭難して息を引き取ったことが海外メディアで報道されています。

詳しい原因は明らかになっていませんが、少し前から体調不良があったようです。

アベマtvの企画があったので無理をしたのではないかとの意見が多く上がっています。

地上波も含め、過酷なロケについて挑戦者やスタッフの安全面の確保を大事にしてほしいですね。

スポンサードリンク