14日の衆院予算委員会では、河野太郎外相が答弁席で爆睡していたことが話題となりました。

居眠り疑惑とともに、河野太郎外相の顔色が悪いことにも注目が集まっています。

今回は、河野太郎外相の顔色について調べてみました。

スポンサーリンク

河野太郎の顔色が悪い!

河野太郎外相の顔色が悪いと話題になっているようです。

河野太郎外相は、外務大臣に就任した時も顔色について心配されていました。

画像を探してみると、顔色が土気色の時もあれば真っ赤な時もありますね。

初めて顔色が悪い様子を見た時は「体調が悪いのかな」と思いましたが、

いつ見ても顔色が悪いようなので原因が気になりますね。

ネットでは河野太郎外相の顔色が悪い理由には様々な噂が上がっていましたので、

一つずつ検証していきたいと思います。

肌が赤い理由はアトピー?

河野太郎外相の顔色が悪い原因を調べてました。

日によって肌が赤い色をしているので、皮膚の病気が予想できますね。

調べてみると、ご自身のブログなどでアトピー性皮膚炎であることを公表されていました。

小さい頃からアトピーに悩まされていそうで、

現在も疲れたりストレスが溜まると悪化することがあるようです。

いつもに増して肌がすごく赤い時は、アトピーの症状が悪化している時ということですね。

また、アトピーの治療に長年ステロイドを使用しているようです。

アトピーに詳しい人からは、このステロイド治療のせいではないかという声も出ているようです。

現在はステロイド薬の使用なしでの治療を進める医療機関も多くなってきています。

一番はストレスなく健康的な生活を送ることが大事ですので、

政治家でいるうちはストレスフリーでの生活はまず無理でしょうから、完治させることは難しい道になりますね。

スポンサーリンク

父親への肝臓移植も影響か

河野太郎外相の顔色が悪い原因を調べてみました。

肌が赤いのはアトピー性皮膚炎であることも影響しているようです。

また、ネットでは「肝臓移植」という言葉も出てきたので詳しく調べてみました。

すると2002年に父親である河野洋平氏が肝臓移植を受けた際に、

ドナーとして臓器提供をしていたことが分かりました。

ネットではこの肝臓移植のせいで、顔色が悪い、肌が赤い状態になっているのではないかと言われているようです。

しかしながらご自身では、肝臓移植の影響は術後の腹筋がたまにつることくらいだと話しており

健康に問題はないことをアピールされています。

肝臓移植のドナーの顔色が変わったという例は出てきませんでしたので何とも言えませんね。

ただ、あまりに顔色が悪いので内臓を心配したくなりますよね^^;

河野太郎,写真

まとめ

河野太郎外相が顔色が悪い、肌が赤いと注目されていたため原因を調べてみました。

一番の原因は、ご自身でも公表されているアトピー性皮膚炎のようです。

父親への肝臓移植の影響を危惧する声もありましたが、ご本人は否定されています。

顔色や肌が良くなるのはストレスフリーの生活が一番効果的ですので、

仕事もほどほどに治療に専念してほしいですね。

スポンサーリンク