1月10日、コロプラはスマートフォン用ゲーム「白猫プロジェクト」を巡り、任天堂より提起されたと発表しました。

ユーザーやネット民からは「何の特許を侵害したのか」という声が上がっています。

今回は、コロプラが任天堂の何の特許権を侵害したのか、訴訟を起こすまでの経緯を調べて見ました。

スポンサードリンク

コロプラが任天堂の特許権を侵害?

1月10日、コロプラはスマートフォン用ゲーム「白猫プロジェクト」を巡り、任天堂より提起されたと発表しました。

「白猫プロジェクト」と言えば、テレビCMでも宣伝がある大人気ゲームです。

コロプラ側の発表によると、2016年9月に任天堂から特許権侵害についての指摘があったそうで、

その後1年以上にもわたり話し合いを続けてきたそうです。

コロプラ側は「任天堂の特許権は侵害していない」と主張していましたが、任天堂側に主張は受け入れられず、

今回の訴訟提起に至ったようです。

現在もコロプラ側は「任天堂の特許権を侵害する事実は一切ない」との考えは変わっていないようです。

任天堂との全面戦争ですね~

これはコロプラ側は負ける予感しかしませんね^^;

聞く所によると、任天堂は基本的にはパクリやオマージュには比較的寛容な会社だそうです。

ただ、起源の主張には厳しいと言われています。

ほとんどのゲーム操作が任天堂の特許と言っても過言ではありませんから、この辺は当然の対応です。

今回はコロプラがもともと任天堂に特許権があるものを特許申請したという事で任天堂も戦闘モードになったようです。

関連記事はこちら→白猫プロジェクト終了で課金はどうなる?返金はある?黒猫への影響は

損害賠償は44億円?

コロプラが「白猫プロジェクト」について任天堂から特許権の侵害を訴えられています。

コロプラは任天堂から44億円の損害賠償とアプリの配信差し止めなどを求める訴訟を提起されたと発表しています。

なぜ損害賠償が44億円という数字なのかは不明ですが‥

さすがにこの44億円が全額通る可能性は低いので、半額以下にはなると思います。

ゲームが配信停止になった場合は、課金分が返金されるのかなどが不安ですね^^;

早ければ年内にサービス終了との噂も流れているため、

「白猫プロジェクト」の課金額は一気に落ち込むことが予想されています。

損害賠償の44億円で任天堂は新ゲームでも作るつもりなのでしょうかw

今後の報道に注目したいと思います。

スポンサードリンク

理由は「白猫プロジェクト」のぷにコン

コロプラが「白猫プロジェクト」について任天堂から特許権の侵害を訴えられています。

ネットでは「一体何の特許権を侵害したのか」という声が多く上がっていたので、詳しく調べてみました。

報道には詳しい内容は出ていませんでしたが、任天堂広報部に問い合わせると‥

任天堂がコロプラ側に訴えている特許侵害は5件もあるそうです。

その中のひとつはコロプラの「白猫プロジェクト」の「ぷにコン」という操作が理由のようです。

任天堂が持っている特許権は「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許技術」です。

主にDSのゲームなどで使われていますね。

「白猫プロジェクト」の「ぷにコン」という操作も、この技術を使用しているようです。

先に任天堂が特許権をとっている技術について、コロプラが「ぷにコン」として特許を申請したものと見られています。

恐らく2016年9月時点では簡単な指摘程度だったのが、コロプラ側もそのまま引かなかったため

任天堂側の堪忍袋の緒が切れたという流れだと思います。

コロプラが「白猫プロジェクト」以降に出しているゲームは、ほとんどぷにコン操作がありますので、

下手したら他のゲームも配信停止になるかもしれません。

コロプラ側が謝って特許使用料を払えば円満解決なのですが‥^^;

「白猫プロジェクト」はファンも多いゲームなので、なんとか円満解決で配信停止は避けてほしいですね。

ぷにコン,写真

まとめ

コロプラが任天堂から特許権侵害を訴えられている理由について紹介させていただきました。

特許権の侵害は「白猫プロジェクト」の「ぷにコン」といった操作が原因のようです。

その他にも4つも特許権侵害があったようなので、解決には時間がかかりそうです。

スポンサードリンク