1月18日発売の週刊誌「週刊文春」が小室哲哉さんの不倫を報じました。

とどまるところを知らない「文春砲」ですが、今回の小室哲哉さんの不倫には同情の声も上がっているようです。

今回は、小室哲哉さんの不倫報道について理由や世間の声を調べてみました。

スポンサードリンク

小室哲哉の不倫理由は介護疲れ?

1月18日発売の週刊誌「週刊文春」が小室哲哉さんの不倫を報じました。

報道によると、小室哲哉さんの不倫相手はシングルマザーの看護師Aさん。

小室哲哉さんとAさんが腕を組んだツーショット写真とホテルでの密会をスクープしました。

文春によると、小室とAさんの出会いは「ニンニク注射」で有名な都内のクリニックでした。

看護師として働いていたAさんと、患者として通っていた小室さんは次第に親密になり、

Aさんがクリニックを辞めた後も、小室さんはAさんを呼んでニンニク注射を打ってもらうようになったそうです。

年末年始は、妻のKEIKOさんが実家に帰っていたのですが、小室さんはAさんと自宅や都内のホテルで逢瀬と続けていたそうです。

小室さんは不倫関係を否定していますが、腕組み写真も出ているだけに説得力が感じられません。

不倫の理由については、介護疲れなどが予想されています。

KEIKOさんの闘病を介護してきた小室さんが、優しい看護師さんにコロっといってしまった構図は考えられますね~

所属事務所は17日夕方にFAXで本人の発言を信用する旨を伝えています。

19日には小室哲哉さんが記者会見を行うという事で発言が注目されています。

関連記事はこちら→小室哲哉引退でラストアイドルやPADORAはどうなる?ビルドOPは大丈夫

KEIKOが可哀想?

小室哲哉さんの不倫が報じられ、妻のKEIKOさんが可哀想という声が上がっています。

2002年に小室哲哉さんは、globeのボーカル・KEIKOさんと結婚されています。

2011年には、KEIKOさんがくも膜下出血を発症し、記憶障害などの後遺症が残り現在もリハビリを続けています。

2016年には、小室さんはKEIKOさんの状態について「小学校高学年か中学1年くらいの女の子のような感じ」と語っています。

KEIKOさんは不倫報道を知っているのか、知らされても理解が出来るのかどうかは不明ですが、

「可哀想」といった声が上がっています。

「文春のせいで離婚とかなったら本当にKEIKOさんが可哀想」

「KEIKOが可哀想」「リハビリ中のKEIKOが可哀想」

「浮気は男として最低、相手の女も最低、KEIKOさん可哀想だな」

「KEIKOも可哀想だけど小室哲哉も可哀想な気がする」

妻が病気という事を抜きにしても、やはり不倫はダメですよね~

特に女性側からは小室さんを強く否定する意見が出ています。

19日の会見も言葉の選び方次第ではさらに批判の声が大きくなる可能性もあります。

一方で男性側からは同情の声も出ていましたので、後半で紹介させていただきます。

スポンサードリンク

浮気はしょうがない?

小室哲哉さんの不倫が報じられ、世間からは同情の声も寄せられています。

女性を中心に「KEIKOが可哀想」という声も多く上がっていますが、

不倫の理由には介護疲れなどが上げられ、男性側からは同情の声も上がっています。

「しょうがない部分もあるよね‥」

「奥さんの事考えたらしょうがないわ」

「しょうがないかもしれないけど、自宅でしないでほしかった」

「しょうがないよ、ケイコ体調悪いし女性を求めるのは仕方無いよ」

妻のKEIKOさんがリハビリ中で自分の心のよりどころを見つけるという意味では

ある意味しょうがないのかもしれませんが、

「介護が大変だから浮気もしょうがないというのは甘い。これが女性なら許されないでしょ」

という意見もあり、確かに男性だからなんとなく許されているような気もしちゃいますね~

会見の内容次第で否定派・肯定派の意見がハッキリと分かれることにもなりそうですね。

小室哲哉,写真

まとめ

小室哲哉さんの不倫報道について、理由や世間の声をまとめてみました。

不倫の理由は介護疲れなどが予想されています。

世間の声は女性からは「KEIKOが可哀想」男性からは「浮気心はしょうがない」といった内容が多かったです。

小室さん自体ブームが去っている方なので、この不倫報道はそこまで大きな問題にはならないような気もしますね^^;

19日の会見に注目したいと思います。

スポンサードリンク