9月22日(金)の昼12時頃に、早稲田実業の清宮幸太郎選手が会見を開きました。

一高校球児の会見とは思えないほどの多くの報道陣が集まった中で、プロ志望届を提出したことを報告されました。

兼ねてよりプロ入りか大学進学かと国民の注目が集まっていた清宮幸太郎選手。

活躍を期待する一方で、プロの厳しい世界では無理なのではないかという厳しい声もあります。

今回は、清宮幸太郎選手の能力を分析してみたいと思います!

スポンサードリンク

清宮幸太郎はプロでは無理?

高校1年生の頃から「和製ベーブルース」と呼ばれ、高校通算111本塁打という前人未到の記録を出している清宮幸太郎選手のプロ入りが決まりました。

天性の長打力を持つ怪物の活躍は、全国の野球ファンが期待を寄せています。

そんな記録と知名度を持つ清宮幸太郎選手のプロ入りに、プロ野球ファンはどう考えているのかネットの声を見てみました。

「清宮メジャーは絶対無理」「清宮プロ行っても無理だと思う」「DH制ないとこは厳しい」

「あの守備じゃパリーグじゃないと厳しい」「清宮はバッティングはともかくファースト以外守れるようにならないと」

「ファーストのベテランや助っ人外国人押し退けて使うなら相当打てないと厳しい」「清宮は過大評価しすぎ」

う~ん厳しい声を抜粋したとはいえ、厳しいですね‥

個人的にはあの長打力、パンチ力は才能だと思いますので、育成力のあるチームにいけば上手くいく気もします。

結果重視のチームに入ってしまうと早くに潰れてしまいますので、まだまだ若いですから2~3年かけて育てていってほしいですね^^

肩や走力に不安

プロ入りに当たって、清宮幸太郎選手の能力を分析してみようと思います。

まず打撃ですが、長打力は新人レベルでみれば問題ないですね^^天性のものを持っていますから。

プロの中に入るとなるとまだまだ体作りもこれからという所だと思いますが、打撃が一番のセールスポイントですね。

次に守備面です。清宮幸太郎選手はファーストしか守れない、なんていう噂もあります。

甲子園では送球を後ろにそらしてしまう事もありました。(野手の送球も悪かったのですが‥)

プロ野球のファーストは、外国人選手など4番クラスの選手がゴロゴロいます。長打力も清宮選手の何倍もある選手ばかりです。

その中で打撃だけでファーストを勝ち取るのは厳しいのでは‥という声もあります。

清宮幸太郎選手は肩がボロボロだから外野が守れないという噂もありました。

例えば、DeNAの筒香選手のように外野を守れればレギュラーのチャンスもあると思います。守備力があればサードでも勝ち取れると思います。

守備面を鍛えられるかどうかも課題となってくるでしょう。

最後に走力です。野球は「走・攻・守」という表現をされるくらい走力は大事になってきます。

清宮幸太郎選手は正直プロで通用する走力は持ち合わせていません。

西部のおかわり君こと中村選手は、とても大きい体のTHE4番バッターという選手ですが意外と走力があります。

プロの選手でさえ、長打力だけに頼るわけにはいかず、2つ3つと自分の武器をたくさん持っています。

野球の走塁は、もちろん単純な足の速さも大事ですが、ただ足が速いだけでなくスタートの判断や瞬発力、塁間も走るラインなどの上手さも求められます。

50メートル走はそこまで早くなくても、走塁がめちゃくちゃ早い選手もいます。

走力のなさを技術でカバーできるかが大事ですね。

課題はいろいろありますが、応援する方も「プロ入りは無理」と最初から否定せずに、これからの成長を見守りましょう♪

スポンサードリンク

木製バットには対応できるか?

清宮幸太郎選手のプロ入りで、技術面に加えてもうひとつ課題となるのが木製バットに対応できるかという事です。

野球では、高校野球までが金属バットの使用が可能で、それ以降は木製バットを使用します。

家族ぐるみで野球に取り組んでいる清宮幸太郎さんですから、もちろん木製バットでの対応や練習は早い段階からしているそうです。

木製バットは金属バットに比べて「芯」と呼ばれる箇所が狭く、よりミート力が求められます。

こういった物理的な問題だけではなく、バットが変わると当然スイングも変えていかなければいけません。

清宮幸太郎選手の今のスイングは手首をやわらかく使い、わりとゆったりしたものです。

今までは多少スイングが遅れても金属バットは反発が大きいので長打になる事が多かったのですが、木製バットではこうはいきません。

下半身を上手く使わなければ「手打ち」になってしまい、木製バットでは長打にはなりません。

先日のU–18ベースボールワールドカップでは木製バットを使用し、上記のような弱点が浮き彫りとなりました。

ただ、この木製バットに苦しむというのは高校からプロ入りした選手の多くが悩まされるものです。

先ほども名前が上がった横浜DeNAの筒香選手も長打力のある選手としてプロ入りしましが、木製バットの対応に悩まされました。

二軍へ下がった事もあり、DeNAという当時そこまで強くなかったチームでも一軍に定着したのはプロ入りから5年ほどかかりました。

清宮幸太郎選手も木製バットへの対応には時間がかかると思います。長い目で見てしっかりとフォーム改善をしてほしいですね^^

清宮幸太郎,写真

まとめ

清宮幸太郎選手がついにプロ入りするということで、プロでは無理か?と言われている理由について調べてみました。

主な理由とされる肩や走力に、木製バットに対応できるかなどの課題を上げさせていただきました。

また、どこのチームになるのかも注目が集まります。来月のドラフトが待ちきれませんね^^

スポンサードリンク