9月9日に、日本学生対校選手権にて桐生祥秀選手(東洋大学)がインカレ男子100m日本新記録を出しました!

詳しい情報や、練習で9秒台を出していたという噂について調べてみました!

スポンサードリンク

桐生祥秀がついに9秒台を出した!

日本学生対校選手権で桐生祥秀選手が男子100mでついに日本人初の9秒台を出しました!

決勝で追い風1.8mの中で、9秒98で1着でフィニッシュしました。

1998年に伊東浩司さんが記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新しました。ついに日本人からも9秒台が出ました^^

桐生祥秀選手が注目を集めたのは今から4年前、日本記録まであと一歩まで迫った事がありましたね。

当時高校3年生だった桐生祥秀さんが2013年4月の織田記念陸上予選で10秒01をマークしました。

高校生の快挙に世間から注目の的となり「和製ボルト」と呼ばれて一躍時の人となりました^^

9秒台目前という事で、大会の度に注目されていましたがなかなか自己記録の更新はできずにいました。

世界選手権の100m代表を逃すなど、伸び悩んでいた桐生選手でしたが4年ぶりに自己ベストの更新となりました!

桐生選手は、レース直後「やっとくすぶっていたベストを更新することができました。」と喜びの声を上げていました。

さらに、今後については「9秒台を出せた事で、世界のスタートラインに立てた。」と話していました。

世界の壁の高さが分かる一言ですね。21歳という事で、まだまだ記録更新のチャンスはあると思います!

今後の活躍に期待したいですね♪

桐生祥秀のプロフィール

インカレ男子100m日本新記録を出した桐生祥秀さんのプロフィールを紹介します。

出身地:滋賀県彦根市

出身校:彦根南中(滋賀)→洛南高校(京都)→東洋大学

生年月日:1995年12月15日(21歳)

身長:176cm

体重:70kg

代表歴:オリンピック(2016リオ)世界選手権(2013モスクワ、2017ロンドン)

中学から陸上を始めた桐生選手は、小学生の時はサッカーをやっていたそうです。

ポジションはキーパーという事で、試合中は一番走らなくていいポジションだったんですね^^

桐生選手の父親が。サッカーをしている時の桐生選手を足は速いけど気が弱くてボールを取られてしまうと見抜きさりげなく陸上を進めたそうです。

お父さん、ファインプレーです!そこからはメキメキと力をつけて中学時代には10秒台を出していたそうです。

怪我に悩まされた時期もありましたが、辛い時期を乗り越えて日本のトップクラスの選手となりました。

以上、桐生祥秀選手のプロフィールでした♪

スポンサードリンク

9秒台は練習で出していた!追い風にのってインカレ男子100m日本新記録!

9月9日にインカレ男子100m日本新記録を出した桐生祥秀選手ですが、すでに練習で9秒台を出していたという噂があります。

2016年のインタビューでは、桐生選手はこう発言しています。

」日本の陸上界を盛り上げるためにも9秒台を出さないといけないと思っている。練習では9秒台も出ているし、大会でもそろそろ出るかなと思ってる。」

9秒台は練習で出していたという噂は本当だったみたいです^^

練習では出来ているけど、公式戦で良いパフォーマンスが出せるかどうかというのはアスリートにとって永遠の課題ですね。

メンタル面だけではなく身体や追い風などの天候もありますし、運としか言えません。

ただ、練習では9秒台が出ていたという事で公式戦で記録を出さなければいけないというプレッシャーは相当なものだったと思います。

そんな中で100mの日本新記録を出された桐生祥秀選手、やはり只者ではないですね!

桐生よしひで,写真

まとめ

桐生祥秀選手が、インカレ男子100m日本新記録を樹立したということで詳しい情報やプロフィールを紹介させていただきました。

あのウサイン・ボルト選手が世界記録を出したのは23歳です。現在21歳の桐生祥秀選手はまだまだこれからの選手です!

更なる新記録の更新、世界の舞台での活躍に期待しましょう♪

スポンサードリンク