4月23日、”鉄人”と呼ばれた元プロ野球選手の衣笠祥雄さん(71歳)が亡くなりました。

上行結腸癌(大腸がん)が原因だったそうです。

突然の訃報に驚きと悲しみの声が上がっています。

今回は、ネットで話題となっていた衣笠祥雄さんが亡くなる直前の解説について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

鉄人・衣笠祥雄亡くなる

プロ野球を語る上で欠かせない”鉄人”が旅立ちました。

広島で活躍し、2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄さん。

4月23日、上行結腸がん(大腸がん)のため、亡くなりました。

71歳でした。

衣笠さんは、1965年に広島に入団、1968年から一軍に定着しました。

1987年、40歳の時には、メジャーリーグのルー・ゲーリッグさん(ヤンキース)の持つ、

2130試合連続試合出場の記録を48年ぶりに塗り替え、世界新記録(当時)を達成しました。

保持している記録は、

・連続試合出場記録日本記録

・連続試合出場記録世界2位記録、

・連続フルイニング出場歴代3位

・通算安打数歴代5位

・通算本塁打数歴代7位

などなど、様々なものがありますね。
また、王貞治さんに次いで野球界2人目の国民栄誉賞を受賞しています。

背番号「28」=鉄人28号ということで”鉄人”の愛称で親しまれていました。

そのうち、連続出場を続けられる丈夫な体を持つことという意味での”鉄人”となっていきました^^

1987年に現役引退してからは、野球解説者をして活動されていました。

ちなみに、衣笠さんの引退後、背番号3はカープで永久欠番になっています。

星野仙一さんに続く偉人の旅立ちに、球界内からも悲しみの声が上がっています。

通夜・葬儀は家族のみで執り行うそうで、お別れの会などは未定の状態です。

ご冥福をお祈りいたします。

最後の解説はかすれ声【動画】

衣笠祥雄さんの最後の解説が話題になっています。

なくなる5日前、4月19日にDeNA・巨人戦で、試合中継したBS-TBSで解説を担当したばかりでした。

その解説の時の声はいつもの衣笠さんと違ったものでした。

動画はこちら↓

かすれ声で声が全然出ていません。

声を出すのも辛そうな状態にファンからは「体調悪いのかな」「衣笠さん大丈夫?」という声が多く上がっていました。

それから5日後、突然の訃報に解説を聞いていた方はとても驚いたでしょう。

この時実況を務めたTBSの戸崎貴広アナウンサーは、体調が悪いことを感じ取っていたことを明かしています。

「3時間放送終わった後に、支えられながらゆっくり歩いて行く姿を見たときに、かなり今、きついんだろうなという感じでした」

そして、共に解説した野球解説者の槙原寛己さんも見た目の変化などについて触れ、

「非常に痩せているなという印象がありました。体調がすぐれない感じだったので心配しました」

「解説の日の体調が思わしくなくて、声が出なかったんですよ。いろいろ喋りたいんですけど喋れないというもどかしさを横で感じていた」

「終わった後に『今日はありがとう』と言ってアナウンサーや僕らと握手をして、申し訳なくなるくらいの『ありがとう』を言っていただけました」

と語っています。

関係者から体調を気遣い「代わりましょうか?」と言われることもありましたが、仕事への強い意欲を示し最後まで乗り切りました。

ご本人の強い希望により、26日にも解説の予定がそうです。

最後まで野球に関わる仕事をしたいとお考えだったのでしょう。

26日の解説、聞きたかったですね。

スポンサーリンク

声が出ない原因は大腸がんか?

衣笠祥雄さんの最後の解説が話題になっています。

体調が悪い中、解説をされていたという衣笠さん。

かすれ声で、時々聞き取れないくらいボリュームになることもありました。

ファンからは心配の声が上がっていましたが、それが現実のものとなってしまいショックを受けている方も多いと思います。

亡くなった原因は大腸がんだったということですが、声が出ないのもそのせいだったのでしょうか?

2015年に大腸がんで亡くなった俳優の今井雅之さんも、亡くなる1ヶ月前の会見ではかすれて弱々しい声でしたね。

大腸がんは、早期では自覚症状がほとんどありません。

人によっては、熱いものや酸っぱいものがのどにしみたり、のみ込むときに違和感がある程度です。

進行すると、がんが大きくなって食道の内腔を狭めるなどの変化が出てきます。

大腸がんが他の臓器に転移すると、食道とは関係ない場所に症状が出てきます。

この時に声がかすれたり、咳が出たり、背中や胸に痛みを感じたりすることもあるそうです。

もしかしたら衣笠さんもがんが転移していたのかもしれませんね。
衣笠祥雄,写真

まとめ

衣笠祥雄さんの訃報を受けて、最後の解説について紹介させていただきました。

19日のDeNA・巨人戦で解説をされた衣笠さんの声は、かすれていていつもと違う印象でした。

大腸がんの影響が出ていたようですが、最後まで仕事を全うされている姿はまさに”鉄人”そのものでした。

スポンサーリンク