9月18日(月)24:59よりスタートの「吾輩の部屋である」の主演や主題歌が決定しました!

漫画原作で、登場人物はたった一人の注目作の主演は、SexyZoneの菊池風磨さんに決まりました。

主題歌はSexyZoneの「ぎゅっと」で、菊池風磨が作詞をされたそうです^^

ドラマの詳細や、主題歌の歌詞情報などについて調べてみました!

スポンサードリンク

吾輩の部屋であるとは?

原作は田岡りきさん原作の「吾輩の部屋である」で、月刊少年サンデー(ゲッサン)に連載されています。

登場人物は鍵山哲郎ただ一人で、都内某所の家賃4.8万円1kアパートを舞台にただただ虚空をさまよう鍵山哲郎の思想を描いた異色の作品です。

登場人物は鍵山哲郎だけですが、たまに家具などにもセリフがついていてツッコミ役になることもあります。

大きく物語が動くことももちろんなく、ただただ淡々とほぼ独り言で少しずつ物語がすすんでいきます。

独特の世界観にファンも多く、実写化には注目が集まっています^^

主題歌SexyZone「ぎゅっと」の歌詞は?

「吾輩の部屋である」の主題歌がSexyZone「ぎゅっと」になったと発表されました。

作詞は、本作の主演を務める菊池風磨さんが務めています。

歌詞についても注目が集まっていますが、まだ解禁されていません。

菊池風磨さんは新曲「ぎゅっと」の歌詞については、「人の背中を押す応援歌。いや‥押すっていうよりかは、肩を組んで一緒歩くような感じ」
と語っています。

また、「自分一人だけのドラマにSexyZoneの5人のメンバーが携わる。こんなに嬉しいことはないです」とのことです。

月曜深夜の不思議なドラマの主題歌「ぎゅっと」SexyZoneのファンは必見です♪

スポンサードリンク

鍵山哲郎役に菊池風磨!

「吾輩の部屋である」で菊池風磨さんが演じる鍵山哲郎とはどんな役なのでしょうか?

主人公の鍵山哲郎は、大学院生の23歳です。菊池風磨さんは現在22歳なのでほぼ同じですね^^

彼女なし、好きな人は大学で同じ研究室の植村さんです。仲のいい友人は高校から一緒の吉田で、苦手なのは川崎先輩と教授です。

鍵山哲郎が住むのは都内某所の駅徒歩5分、1k、風呂トイレ別、築41年、木造2階建てのボロアパートです。

一人芝居という難しい役柄を演じる菊池風磨さん。

俳優デビューしたばかりの頃は、演技が酷評されることもありましたが最近は経験も積んで、雰囲気のある演技に評価が集まっています。

今までは、少しチャラチャラしていたり、適当なキャラクターの役が多い印象でしたが今回は真逆の役です。

黒髪に+メガネ+テロテロのTシャツ+ジャージでもかっこよく見えてしまう菊池風磨さんが鍵山哲郎をどう演じるのか楽しみです♪

鍵山哲郎役,菊池風磨,写真

まとめ

9月18日放送開始の「吾輩の部屋である」の鍵山哲郎役に菊池風磨さんが決定したということで、作品内容や役柄、主題歌「ぎゅっと」の歌詞情報について紹介させていただきました!

日常に起こるあるあるがふんだんに散りばめられた新感覚の密室ドラマ「吾輩の部屋である」での菊池風磨さんの新たな魅力に期待です!

スポンサードリンク