女優の樹木希林さんが亡くなりました。

これまで何度も体調を崩しながらもケロッとした顔で復活されていた樹木さんの突然の訃報に悲しみの声が寄せられています。

今回は、樹木希林さんが入院してた病院や全身がんの治療法について調べてみました。

スポンサーリンク

樹木希林亡くなる

9月15日、女優の樹木希林さん(本名・内田啓子)が都内の自宅で亡くなったことが分かりました。

5年前に全身がんを公表していた樹木さんは、最期は家族に看取られながら息を引き取ったそうです。
75歳でした。
数々の映画やドラマに出演し、作品に深みを持たせていた個性派女優の旅立ちに悲しみの声が寄せられています。

樹木さんといえば、夫はロックミュージシャンの内田裕也さん、長女は内田也哉子さん、その夫は俳優本木雅弘さんという個性派一家であることが知られていますね。

先月13日には左大腿(だいたい)骨を骨折し全治6週間の状態で入院中だったことを娘の夫である俳優の本木雅弘さんが公表していました。

8月15日に手術をし、もともと気管支が弱いため肺のあたりが弱っていること、
危篤状態を回避してゆっくりのペースでリハビリを続けていることが明かされていました。

そして、樹木さんは直筆メッセージを本木さんに託しました。

樹木希林,写真

本木さんは、この絵を「いつ切られてもおかしくないという自虐」と笑いに変えていると意図を説明しました。

また、手術前には内田裕也さんに樹木は自ら電話をして「今まで悪かったわね」と、内田さんも「こっちこそ悪かったな」といった会話があったことも明かされています。

残念ながら内田さんは樹木さんの最期には立ち会えなかったようです。
ですが樹木さんはそんなことは気にせずに「そうでしょうね」なんて言いながら微笑んでいる気がしますね…

ご冥福をお祈りいたします。

入院してた病院は鹿児島のどこ?

樹木希林さんは全身がんを公表していました。

2004年の乳がんから始まり、2008年に腸、副腎、脊髄に転移、その後も多くの部位に転移をし、2013年全身癌と宣告されました。

しかし、樹木さんはがんが全身に転移していた状態にも関わらず2014年には全ての治療を完了したと公表しています。
入院は2年ほどだった言いますが、がんの治療をしてた病院はどこだったのでしょうか?

調べてみると、がんの治療を受けたのは鹿児島にある病院で「UMSオンコロジークリニック」という場所だそうです。
なんか最先端っぽい名前の病院ですね…

全身がんでありながら元気に活動ができていた樹木さん。
UMSオンコロジークリニックではどんな治療法を受けていたのでしょうか?

スポンサーリンク

UMSオンコロジークリニックで受けた治療とは

樹木希林さんが入院してた病院がUMSオンコロジークリニックだと分かりました。

そこ受けていた治療は「四次元ピンポイント照射治療」というものだったようです。

四次元ピンポイント照射治療とは、がんの放射線治療法の一種。
縦横奥行きの“立体的照射”に加えて、呼吸などによる体の動きのタイムラグ、つまり“時間軸”を計算し、がん細胞を追尾しながらピンポイントで放射線を照射する方法です。

樹木さんは2007年からUMSオンコロジークリニックでこの治療を受けてきました。

四次元ピンポイント照射の機械は全国に数台ありますが、このクリニックでは植松稔院長が開発した独自の機械を使っています。
患者をベッドに固定したままベッドをスライドさせて放射線を照射するもので、呼吸などによる“ズレ”がないため、狙ったがん細胞に強力な放射線を当てられると言います。

樹木さん自身も「放射線のピンポイントの治療なんで、非常にこれは楽な治療なんですね」と語っています。
ただ、健康保険のきかない自由診療のため治療費は200万~300万円ほどかかるようです。
樹木さんの場合は都内の自宅から病院に通う交通費もかかりますから、治療にかかるお金はとんでもない額になりますね。

樹木さんは病院に定期的に検診に訪れ、再発が判明するたびに四次元ピンポイント照射治療を受けてきたそうです。

(がんとは)つきあいたくないけど、出てくるものはしょうがないですよね。
私の場合、日々の生活の仕方は、がんを受け入れているという形なんですよ

がんの発見が遅れて、気づいた時には手遅れになっているケースは多いものですが、樹木さんの場合は頻繁に病院で治療・検診をしているためにすぐに他のがんも発見できていました。

そして、自身で”がんと付き合いながら生きる”ことを決めて悲観的にならずに明るく自分の人生を送ってこられました。
そのため、結果的に他のがん患者の方よりも長生きできたわけです。

樹木希林,写真

まとめ

樹木希林さんが入院してた病院やがんの治療法について調べてみました。

入院してた病院は鹿児島県にある「UMSオンコロジークリニック」という場所でした。

ピンポイントでがんを治療できる最先端技術のおかげで、これまで元気に活動ができていたようです。

スポンサーリンク