9月22日19時から放送のフジテレビ系バラエティ番組「芸能界特技王決定戦TEPPEN」に神木龍之介さんが出演されます。

9マス将棋という新たな競技に参戦されるという事で注目が集まっています。

神木さんが将棋を挿す姿はリアル「三月のライオン」だとネットで話題になっています。

今回は将棋が特技という神木龍之介さんについて調べてみました♪

スポンサードリンク

神木隆之介がTEPPENに参戦!

俳優の神木龍之介さんが「芸能界特技王決定戦TEPPEN」に出演されます。

「TEPPEN」とは、共通の趣味や特技を持つ芸能人が集まり、勝ち残り方式(トーナメント方式)で様々な競技の「TEPPEN王」を争う番組です。

過去にはピアノ、書道、100メートル走、UFOキャッチャーなど多種多様な競技を行ってきました。

今回新競技として「9マス将棋」が登場します!現在ブームが起きている将棋が「TEPPEN」にもやってきました。

藤井聡太四段の活躍もあり、今世間では、【将棋】が大ブーム!

9マス将棋とは、3×3の9マスの中で戦うものでルールは将棋と同じです。

普通の将棋よりマスが少ない分、配置のパターンも数が少なく将棋の基礎を学んだり初心者が楽しむのに入りやすいものです。

初心者用のたった9マスとはいえ、極めていけばプロ棋士すら楽しめると言われる奥深さもあります。

そんな記念すべき第一回に、神木隆之介さんが出場されるんですね。

神木さんの他には、森本レオさん、つるの剛士さん、サブングル加藤が参戦されます。

森本レオさんは昔から将棋愛好家として有名で、著名人ではトップクラスとも言われています。

つるの剛士さんは、昔はおバカキャラでしたが将棋三段を持っています。

ザブングルの佐藤さんも歩という下の名前が将棋の駒からつけられ、そのせいで将棋の駒のような顔になったと語っていますw

強敵相手に神木隆之介さんは勝ち進む事ができるのか注目です^^

神木隆之介の将棋の腕前はアマ初段!

「TEPPEN」で9マス将棋に参戦される神木隆之介さんですが、将棋の腕前はどうなのでしょうか?

調べてみると、2016年9月24日に日本将棋連盟の谷川浩司会長から「アマ初段免状」を授与されていました。

人気将棋漫画を実写化した映画「3月のライオン」で主人公の桐山零を演じた際に、撮影のために没頭した将棋の腕前を評価されました。

撮影中神木さんを指導をしてた若手棋士も神木さんの将棋の実力には太鼓判を押していたそうです。

日本将棋連盟の谷川会長は「指導を受けていても集中力が素晴らしい。」と評価されていました。

久保利明9段とは6枚落ちのハンデ付きではありますが、勝利した事もあります!役作りから始めた事がここまでになるとすごいですね^^

将棋の段について説明すると、初心者は15級から始まります。級は強くなるほど数が下がり、段は逆の数字が上っていきます。

将棋のアマチュアは最高段位が8段となっていますで、初段でも相当な実力というのが分かります。上り詰めてほしいですね~

子役からこの仕事をしている神木さんは、集中力も相当なものなんですね!

スポンサードリンク

神木隆之介の将棋する姿がリアル三月のライオン?

「TEPPEN」で将棋を挿す神木隆之介さんの姿がリアルな「三月のライオン」だと話題になっています。

先述にもあるとおり「三月のライオン」で若手棋士を演じた神木龍之介さん。

まさか映画が終わっても神木さんが将棋を挿す姿が見られるとは!と言う事でファンの方は大喜びだそうです^^

スマートなスーツ姿で将棋を挿すのが様になっていて、まるで本当のプロ棋士のようですね。

神木さんのリアル「三月のライオン」の桐山零姿に注目です♪

神木隆之介,写真

まとめ

「TEPPEN」に出演される神木隆之介の姿がリアル三月のライオンの桐山零のようだと話題になっています。

また、将棋の腕前についても調べてみました^^役作りから始めた将棋でアマ初段とはすばらしいですよね!

芸能界の将棋「TEPPEN王」となれるのでしょうか?

スポンサードリンク