1月5日午前11時2分ごろ、8都県で緊急地震速報のアラームが鳴り響きました。

結果的に震度3ほどで、システムが大きな地震と間違えた「誤報」であることが判明しました。

今回は1月5日の緊急地震速報の誤報理由や各地での影響について調べてみました。

スポンサードリンク

1月5日の緊急地震速報は誤報?

1月5日午前11時2分ごろ、8都県で緊急地震速報のアラームが鳴り響きました。

茨城県、千葉県、福島県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県の8都県で、

緊急地震速報(警報)が出され、テレビやラジオの各放送機関や携帯電話などを通じて通知されました。

実際に揺れが観測されたのは、茨城県南部の神栖市で震度3、水戸市や東海村、千葉県旭市などで震度2でした。

気象庁によると、震源は茨城県沖で深さ約40キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.4で津波の心配はありませんでした。

緊急地震速報は最大震度が5弱以上と予想された場合、震度4以上が予想される地域に発表されるものです。

気象庁はこの地震で、緊急地震速報を出しましたが結局大きな揺れは観測されませんでした。

幸いにも誤報で済んだ緊急地震速報ですが、各地に様々な影響があったようです。

今回は誤報で済みましたが、今の日本、特に関東はいつ大きな地震が来るか分かりません。

緊急地震速報が出たら安全な場所に避難するなど直ちに避難の姿勢をとるように心がけましょう。

理由は富山と茨城の同時発生か

1月5日午前11時2分ごろ、気象庁から8都県に緊急地震速報が出されました。

今回は誤報だったようですが、誤報の理由は何だったのでしょうか?

気象庁によると、茨城県で地震があった11時2分と同時刻にもう一つ別の場所で地震が発生していました。

茨城県で地震が起きた一方で富山県西部を震源として、石川県七尾市と中能登町で震度3を観測しています。

震源の深さは約20キロ、地震の規模はマグニチュード3.9と推定されています。

気象庁の担当者には現在問い合わせが殺到していて電話がつながらないようですので、気象庁の公式サイトを見てみました。

すると、複数の地震が同時期に近い地域で発生した場合、別々の地震と認識できず

誤った緊急地震速報を発表することがあるとして、以下のように書かれていました。

「複数の地震が時間的・距離的に近接して発生した場合に、別々の地震と認識できず、

規模の大きな1つの地震が発生したと認識するなどして、的確な緊急地震速報を発表できないことがあります。」

今回はたまたま同時刻に富山県と茨城県沖で地震が発生したことから、

2つの地震規模が足されて1つの巨大地震が発生したとシステムが間違えて判断されてしまったようですね。

気象庁の担当者によると、緊急地震速報は午前11時2分32秒から37秒にかけて、

富山県を震源地として第1報から3報まで「予報」を出していたそうです。

しかしながら、46秒になって茨城県を震源とする「警報」に切り替わったとのことでした。

今回の誤報の理由は、システムが富山県と茨城県で起きた2つの地震を1つの大きな地震と誤解したという可能性が高いです。

スポンサードリンク

誤報の影響は?

1月5日午前11時2分ごろ、気象庁から8都県に緊急地震速報が出されました。

結果的には富山県と茨城県沖で発生した地震を1つのものとシステムが誤解して起きた誤報だったようです。

では、今回の緊急地震速報の誤報により各地にどんな影響があったのか調べてみましょう。

まず働いている方たちに一番大きく影響する電車です。

電車は、西武池袋線の上下4本が運休し、東京メトロも全9路線で緊急停止しています。

3分程度運転を見合わせ後、通常の運行に復旧しました。

電車が遅延した事を証明する「遅延証明書」はどの鉄道会社のHPを見ても「概ね5分以上」が基本となっています。

3分程度の遅れでは遅延証明書も発行してもらえないでしょうから、人によってはこの遅れが大きな影響となっているかもしれませんね。

続いて観光施設です。

港区にある東京タワーではエレベーターを約10分間停止し、機械に異常がないことを確認してから再開しています。

ちなみに、東京タワーよりも高いスカイツリーは特に停止しなかったようです^^;

今回の誤報で対応が出来なかった施設などは、本当に大地震が起きたときの為に、

緊急地震速報が来たときの対応を見直してもらいたいですね。

電車,写真

まとめ

1月5日に緊急地震速報の誤報が発生しました。

理由は富山県と茨城県沖で同時刻に発生した地震をシステムが1つのものと認識したためのようです。

本当に地震が起きなくてまずは一安心ですが、心臓に悪い誤報は止めてもらいたいですね^^;

スポンサードリンク