11月27日、オリックスの西名弘明オーナー代行兼球団社長(73歳)が、イチロー選手(44歳)について今オフ、初めて口を開きました。

マーリンズからフリーエージェント(FA)となったイチロー選手の去就問題には日本の野球ファンの視線が集まっています。

今回は、イチロー選手のオリックス復帰の可能性や移籍先の決定がいつになるのか、また帰国の予定などについて調べてみました。

スポンサードリンク

イチローのオリックス復帰はいつ?

11月27日、オリックスの西名弘明オーナー代行兼球団社長(73歳)が、イチロー選手(44歳)にラブコールを送りました。

マーリンズからFAとなったイチロー選手が古巣のオリックスへ復帰をするのか、日本の野球ファンの視線が集まっています。

西名社長のラブコールは毎年オフの風物詩と化していますが、今年はイチロー選手はまだ移籍先が発表されていないため現実味が増してきています。

球団関係者によると、宮内義彦オーナーらがイチローと会食した際、日本球界に復帰する場合の事も話をしていたそうです。

宮内オーナーは、選手や監督など役職を問わずオリックスに戻ってほしいと希望を伝えています。

イチロー選手は監督業に興味こそ示さないものの「日本に帰るならオリックスしか考えられない」と返答しているそうです。

イチロー選手の代理人は現在メジャー移籍を最優先に動いているようですが、移籍先の噂も上がっていないので少々難航しているようですね。

メジャーでの移籍先が決まらなかった場合は、オリックスへの復帰も?期待したくなりますね^^

年齢は現在44歳ですが、まだまだパフォーマンスは現役続行できるものを見せています。

とはいえ現役でいられる年数もあと幾ばくもありませんから、次の球団が最後の球団となる可能性もあります。

そうなると、最後は日本で現役を終えるということも考えられます。

早ければ来年にも国内でイチロー選手のプレーが見られるかもしれません!

年内に移籍先決定?

マーリンズからFAとなったイチロー選手の移籍先に注目が集まっています。

11月3日(日本時間4日)にマーリンズはイチロー選手と来季の契約を更新しないと公式ホームページで発表しました。

FA宣言からもうすぐで1か月となりますが、移籍先については未だ発表されていません。

メジャー球団、オリックスなど様々な情報が飛び交っていますが移籍先の決定はいつになるのでしょうか?

現在メジャーリーグの球団は、若返りを掲げるチームが多くなってきています。

左打ちの外野手を補強課題に挙げているタイガースやオリオールズなども同様で、イチロー選手獲得に名乗りを上げる事はなさそうです。

こういったチーム方針により、移籍先の候補は減ってきています。

その一方でマリナーズのディポトGMが「交渉の窓は開いている」と古巣復帰の可能性に言及しています。

たパドレスのプレラーGMはイチローの代理人との接触を明かしています。

3年前のFA時と同様、移籍先決定は長期化することが予想されていますが少しずつ交渉も進んでいる事が分かりました。

もちろんその候補の中にはオリックスも入っているでしょう!

早ければ年内にも移籍先が決定するかもしれません^^

スポンサードリンク

帰国の予定は?

移籍先に注目が集まっているイチロー選手ですが、帰国の予定があるのか調べてみました。

イチロー選手は毎年オフになると、かつてオリックスの本拠地だった「ほっともっとフィールド神戸」(神戸市須磨区)で自主練習をします。

例年、オリックスの新人合同自主トレに姿を現すイチロー選手。

毎年1月の中旬に開催されている自主トレには来年も登場する事が予想されています。

この帰国のときにオリックスと移籍の話を本格的にされる事も考えられます。

年内に移籍先が決まっていなければ、1月の自主トレの際にオリックスへの移籍が決定するかもしれません!

イチロー,写真

まとめ

イチロー選手のオリックス復帰や移籍先決定がいつになるのか調べてみました。

早ければ年内、または1月に自主トレで帰国したときが考えられます。

日本の球団に復帰となれば経済効果も相当なものが見込めますから、日本の野球ファンとしては期待したいですね~!

スポンサードリンク